| 論文誌(英語) | 論文誌(日本語) | 本・解説・速報・その他 | 国際会議 | 国内会議 | 特許 | 講演 |

論文誌

英文誌

  1. Kazunori Ogawa, Chetan Thakur, Tomohiro Ikeda, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Development of a Pneumatic Artificial Muscle Driven by Low Pressure and Its Application to the Unplugged Powered Suit, Advanced Robotics (accpeted on September 2017) [NEW]
  2. Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Akito Masuda, Futoshi Mizobe, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji, A Virtual Myoelectric Prosthesis Training System Capable of Providing Instructions on Hand Operations, International Journal of Advanced Robotic Systems (accepted on July 2017) [NEW]
  3. Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Toshio Tsuji, Unpowered sensorimotor-enhancing suit reduces muscle activation and improves force perception, IEEE Transactions on Human-Machine Systems (accepted on April 2017) DOI: 10.1109/THMS.2017.2700437 [NEW]
    Abstract available on IEEE Xplore
  4. Hideaki Hayashi, Akira Furui, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Variance Distribution Model of Surface EMG Signals Based on Inverse Gamma Distribution, IEEE Transactions on Biomedical Engineering (accepted on Jan 2017) DOI:10.1109/TBME.2017.2657121
    Abstract available on IEEE Xplore
  5. Zu Soh, Shinya Nishikawa, Yuichi Kurita, Noboru Takiguchi, and Toshio Tsuji, A Mathematical Model of the Olfactory Bulb for the Selective Adaptation Mechanism in the Rodent Olfactory System, PLoS ONE, 11(12): e0165230, 2016. DOI:10.1371/journal.pone.0165230
    Available online
  6. Yuichi Kurita, Yamato Sueda, Takaaki Ishikawa, Minoru Hattori, Hiroyuki Sawada, Hiroyuki Egi, HidekiOhdan, Jun Ueda, and Toshio Tsuji, Surgical Grasping Forceps with Enhanced Sensorimotor Capability via the Stochastic Resonance Effect, IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, Vol.21, Issue 6, pp.2624-2634, Dec. 2016. DOI:10.1109/TMECH.2016.2591591
    Abstract available on IEEE Xplore
  7. Hiroyuki Egi, Minoru Hattori, Takahisa Suzuki, Hiroyuki Sawada, Yuichi Kurita, and Hideki Ohdan, The usefulness of 3-dimensional endoscope systems in endoscopic surgery, Surgical Endoscopy, Vol. 30, Issue 10, pp.4562-4568, October 2016. DOI:10.1007/s00464-016-4793-1 Available online
  8. Yuichi Kurita, Takaaki Ishikawa, and Toshio Tsuji, Stiffness display by muscle contraction via electric muscle stimulation, IEEE Robotics and Automation Letters, Vol.1, Issue 2, pp.1014-1019, July 2016. DOI:10.1109/LRA.2016.2529689
    Abstract available on IEEE Xplore
  9. Zu Soh, Ryo Migita, Kayoko Takahashi, Koji Shimatani, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Motor Behavioral Evaluation Method for Children with Developmental Disorders during Music Therapy Sessions: A Pilot Study, Current Pediatrics Research, 20 (1&2), pp. 103-117, July 2016.
    Available online
  10. Hiroyuki Sawada, Hiroyuki Egi, Minoru Hattori, Takahisa Suzuki, Shoichiro Mukai, Yuichi Kurita, Wataru Yasui, Hideki Ohdan, Stochastic resonance enhanced tactile feedback in laparoscopic surgery, Surgical Endoscopy, 29(12):3811-3818, December 2015. DOI:10.1007/s00464-015-4124-y
    Available online
  11. Hideaki Hayashi, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis, IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, Vol.26, No.12, pp.3021-3033, 2015. DOI:10.1109/TNNLS.2015.2400448
    Abstract available on IEEE Xplore
  12. Zu Soh, Maki Saito, Yuichi Kurita, Noboru Takiguchi, Hisao Ohtake, and Toshio Tsuji, A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats, Chemical Senses, Vol.39, No.2, pp. 91-105, 2014. DOI:10.1093/chemse/bjt057
    Available online
  13. Yuichi Kurita, Minoru Shinohara, and Jun Ueda, Wearable Sensorimotor Enhancer for Fingertip using Stochastic Resonance Effect, IEEE Transactions on Human-Machine Systems, Vol. 43, Issue 3, pp. 333-337, May 2013. DOI:10.1109/TSMC.2013.2242886
    Abstract available on IEEE Xplore
  14. Masako Shirane, Yoshiaki Kiuchi, Keiko Otani, Yuichi Kurita, Makoto Kaneko, Joji Takenaka, Influence of ocular stiffness on intraocular pressure estimation using Goldmann Applanation Tonometry, Journal of Medical and Biological Engineering, Vol.33, No.3, pp.293-300, 2013.
    Available online
  15. Yuichi Kurita, Tomohiro Kawahara, Masazumi Okajima, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Toshio Tsuji, Tsukasa Ogasawara, Force-based automatic classification of basic manipulations with grasping forceps, International Journal of Life Science and Medical Research, Vol.3, No.2, pp.76-82, April 2013.
    Available online
  16. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Kazuyuki Nagata and Tsukasa Ogasawara, Haptic Augmented Reality Utilizing the Reaction Force of a Base Object, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.25, No.1, pp.72-79, 2013.
    Available online
  17. Ming Ding, Kotaro Hirasawa, Yuichi Kurita, Hiroshi Takemura, Hiroshi Mizoguchi, Jun Takamatsu and Tsukasa Ogasawara, Pinpointed Muscle Force Control via Optimizing Human Motion and External Force, International Journal of Mechatronics and Automation, Vol.2, No. 3, pp.147-156, 2012.
    Abstract available on INDERSCIENCE
  18. Yuichi Kurita, Fuyuki Sugihara, Jun Ueda, and Tsukasa Ogasawara, Piezoelectric Tweezer-type End-effector with Force- and Displacement-Sensing Capability, IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, Vol.17, No.6, pp.1039-1048, Dec. 2012
    Abstract available on IEEE Xplore
  19. Yuichi Kurita, Yasuhiro Ono, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist, Mechanism and Machine Theory, Vol.46, Issue 1, pp.53-66, Jan. 2011.
    Available online
  20. Shinji Kuriyama, Ming Ding, Yuichi Kurita, Jun Ueda, and Tsukasa Ogasawara, Flexible Sensor for McKibben Pneumatic Artificial Muscle, International Journal of Automation Technology, Vol.3, No.6 pp. 731-740, 2009.
    Available online
  21. Hiroyuki Egi, Masazumi Okajima, Masanori Yoshimitsu, Satoshi Ikeda, Yoshihiro Miyata, Hirokazu Masugami, Tomohiro Kawahara, Yuichi Kurita, Makoto Kaneko, and Toshimasa Asahara, Objective Assessment of Endoscopic Surgical Skills by Analyzing Direction-Dependent Dexterity Using the Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device, Surgery Today, vol.38, pp.705-710, Aug. 2008. Abstract available on PubMed
    Available online
  22. Yuichi Kurita, Roland Kempf, Yoshichika Iida, Jumpei Okude, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Hidetoshi Tsukamoto, Eiichiro Sugimoto, Seiki Katakura, Ken Kobayashi, and Yoshiaki Kiuchi, Contact Based Stiffness Sensing of Human Eye, IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.55, No.2, pp.739-745, Feb. 2008
    Abstract available on IEEE Xplore
  23. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Jun Ueda, and Tsukasa Ogasawara, A Fingerprint Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip during the Incipient Slip, IEEE Transactions on Robotics, Vol.21, No.5, pp.801-811, Oct. 2005.
    Abstract available on IEEE Xplore

和文誌

  1. 芝軒太郎,中村豪,渡橋史典,早志英朗,栗田雄一,高木健,本田雄一郎,溝部二十四,陳隆明,辻敏夫, バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム, 日本ロボット学会誌, Vol.34, No.6, pp.404-410, 2016.
  2. 平野博大,伊藤雅史,遠藤卓行,早志英朗,平野陽豊,栗田雄一,佐古田三郎, 辻敏夫, Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案, 医療機器学,vol. 85,no. 6,pp.569-576, 2015 ( 日本医療機器学会平成27年度論文賞 受賞 )
  3. 松原 裕樹,平野 博大,平野 陽豊,松岡 玄樹,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,辻 敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用, 計測自動制御学会論文集,Vol.51, No.9, pp.627-633, 2015
  4. 島 圭介,今儀 潤一,早志 英朗,芝軒 太郎,栗田 雄一,辻 敏夫, 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用 日本ロボット学会誌,Vol.33, No.4, pp.275-284, 2015, DOI:10.7210/jrsj.33.275
  5. 竹村 和紘, 山田 直樹, 新部 忠幸, 岸 篤秀, 西川 一男, 農沢 隆秀, 栗田 雄一, 辻 敏夫, 主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用, 日本機械学会論文集, Vol.81, No.822, p.14-00463, 2015
  6. 石川 敬明,辻 敏夫,栗田 雄一, 電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.19,No.4, pp.487-494, 2014
  7. 右田 涼, 島谷 康司, 芝軒 太郎, 栗田 雄一, 島 圭介, 辻 敏夫, 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 発育発達研究, Vol.2014, No.65, pp.1-7, 2014
  8. 中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,芝軒 太郎,島 圭介,島谷 康司,中塚 幹也,竹内 章人,中村 信,栗田 雄一,辻 敏夫, 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements 診断支援システム 計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.9, pp.684-692, 2014
  9. 末田 大和, 服部 稔, 澤田 紘幸, 惠木 浩之, 大段 秀樹, 上田 淳,辻 敏夫, 栗田雄一, 確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子, 日本ロボット学会誌,Vol.32, No.6, pp.76-83, 2014
    論文概要 PDF by J-STAGE
  10. 早志 英朗,島 圭介,芝軒 太郎,栗田 雄一,辻 敏夫, 時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット, 計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.4, pp. 356-365, 2014
  11. 竹村 和紘,山田 直樹,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫, 人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール操作系評価, 自動車技術会論文集, Vol. 45, No. 3, pp. 579-584, 2014.
  12. 島圭介,丸元崇弘,芝軒太郎,栗田雄一,辻敏夫,神鳥明彦,佐野佑子,吉栖正生,佐古田三郎, CPGシナジー仮説:非定常リズム信号を生成可能なCPGシナジーモデルの提案と指タップ運動の表現, 計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.7, pp. 688-695, 2013
    論文概要 by CiNii
  13. 佐藤純平, 竹村和紘, 山田直樹, 岸篤秀, 西川一男, 農沢隆秀, 辻敏夫, 栗田雄一, 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚モデル, 日本機械学会論文集C編,Vol. 79 (2013) No. 808 p. 4917-4925, 2013
    論文PDF by J-STAGE
  14. 木原大輔,平野陽豊,平野博大,栗田雄一,鵜川貞二,高柳恒夫,森本陽香,中村隆治,佐伯昇,東幸仁,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 血流依存性血管拡張反応検査中の動脈壁粘弾性特性の推定, 計測自動制御学会論文集,Vol. 49, No. 11, pp. 1029-1036, 2013.
  15. 栗田雄一,羽山裕也,小笠原司,川原知洋,吉満政義,岡島正純,惠木浩之,大段秀樹, 力に基づく内視鏡外科用鉗子操作の自動識別とスキル評価, 生体医工学,Vol.50, No.6, pp.581-590, 2012
    論文PDF by J-STAGE
  16. 辻 敏夫,鵜川 貞二,久保 諒祐,平野 陽豊,栗田 雄一,高柳 恒夫,森本 陽香,出井 尚美,東 幸仁,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生, 積分カフ脈波拡張率に基づく血管内皮機能の非観血評価, 医療機器学, Vol. 82, No. 3, pp.259-266, 2012 ( 日本医療機器学会平成24年度論文賞 受賞 )
    論文概要 by CiNii
  17. 竹村和紘, 山田直樹, 岸篤秀, 農沢隆秀, 田中良幸, 栗田雄一, 辻敏夫, 人間の主観的な力知覚モデルの提案とステアリング操作系への応用, 日本機械学会論文集, Vol. 78, No. 795, spp. 64-73, 2012
    論文PDF by J-STAGE
  18. 平野 博大,堀内 徹也,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,辻 敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性インデックスの提案と交感神経遮断術への応用, 計測自動制御学会論文集, Vol. 48, No. 11, pp. 731-739, 2012
    論文概要 by CiNii
  19. 堀内 徹也,Abdugheni KUTLUK,平野 陽豊,栗田 雄一,辻 敏夫,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,東 幸仁,河本 昌志,吉栖 正生, 対数線形化血管粘弾性インデックスの提案と頸動脈超音波検査への応用, 計測自動制御学会論文集,Vol.48,No.9,pp. 563-570, 2012
    論文概要 by CiNii
  20. 平野 陽豊,福地 智宏,栗田 雄一,神鳥 明彦,佐野 佑子,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生,辻 敏夫, 電磁誘導を利用した触診可能頸動脈波センサの開発, 電気学会論文誌C部門, Vol. 132, No. 12, pp.1934-1942, 2012
    論文概要 by CiNii
  21. 芝軒 太郎,島 圭介,高木 健,栗田 雄一,大塚 彰,陳 隆明,辻 敏夫, 偏KL情報量に基づくクラス選択法の提案とEMG識別のための動作選定問題への応用, 計測自動制御学会論文集, Vol.48, No.9, pp.580-588, 2012
    ( 計測自動制御学会2014年度論文賞 受賞 )
    論文概要 by CiNii
  22. 栗田 雄一,米澤 智,池田 篤俊,小笠原 司, 指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦呈示デバイス, 日本ロボット学会論文誌, Vol.32, No.2, pp.89-96, 2012.4
    論文概要 by CiNii
  23. 栗田 雄一,祖父江 厚志,池田 篤俊,小笠原 司, グラスハープの音響特性に基づくはじき動作による水量推定, 日本ロボット学会論文誌,Vol.29, No.4, pp.361-368, 2011.7
    論文PDF by J-STAGE
  24. 栗田 雄一,小林 純也,末永 剛,小笠原 司, 動線情報に基づく個人識別と人間関係の可視化, 計測自動制御学会論文集,Vol.46, No.5, pp.257-265, 2010.5
    論文概要 by CiNii
  25. 池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, 腱骨格モデルを用いたつまみやすさの生体力学的解析, 日本ロボット学会論文誌, Vol.28, No.2, pp.191-199, 2010.3
    論文概要 by CiNii
  26. 栗田 雄一,杉原 冬樹,上田 淳, 小笠原 司, ピエゾアクチュエータを用いたMRI対応グリッパの開発, 日本機械学会論文集C編, Vol.76, No.761, pp. 132-141, 2010.1
    論文PDF by CiNii
  27. 杉本 栄一郎,三嶋 弘,塚本 秀利,竹中 丈二,望月 英毅,木内 良明, 金子 真,栗田 雄一,ケンフ ローランド,飯田 義親,徳田 寛一,川原 知洋, 非接触型眼圧計を用いた角膜の変形のしやすさの測定, 眼科臨床紀要,no.1, vol.6, pp. 556-560, 2008.6
    論文概要 by CiNii
  28. 栗田 雄一,飯田 義親,Roland Kempf, 石井 抱,金子 真,三嶋 弘,塚本 秀利,杉本 栄一郎,方倉 聖基,小林 賢, コンタクトプローブを用いた眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集,Vol.43, No.4, pp.243-249, 2007.4
    論文概要 by CiNii
  29. 金子 真,Roland Kempf,栗田 雄一, 飯田 義親,奥出 純平,三嶋 弘,塚本 秀利,杉本 栄一郎, 空気噴流方式眼圧計で角膜変形遅れ特性が起こるメカニズムの解明, 計測自動制御学会論文集,Vol.43, No.2,pp. 78-84, 2007.2
    ( 計測自動制御学会2008年度論文賞・蓮沼賞 受賞 )
    論文概要 by CiNii
  30. 金子 真,Roland Kempf, 栗田 雄一,飯田 義親,石井 抱,三嶋 弘,塚本 秀利,杉本 栄一郎, 高速非侵襲計測による生体眼エイジング効果の発見, 計測自動制御学会論文集,Vol.42, No.10, pp. 1093-1099, 2006.10
    論文概要 by CiNii
  31. 金子 真,徳田 寛一,飯田 義親, 栗田 雄一,ケンフ ローランド,川原 知洋,石井 抱, 河野 進,三嶋 弘,塚本 秀利,杉本 栄一郎, 眼剛性センシング, 計測自動制御学会論文集,Vol.42, No.2, pp.103-110, 2006.2
    論文概要 by CiNii
  32. 栗田 雄一,永田 和之,上田 淳, 松本 吉央,小笠原 司, 神経振動子を利用したロボットハンドによるマニピュレーション:関節角フィードバックによる把持指切替え周期の適応的変更, 日本機械学会論文集,Vol.71, No.705, pp.1654-1660, 2005.5
    論文PDF by CiNii
  33. 池田 篤俊 , 栗田 雄一 ,上田 淳 , 松本 吉央 , 小笠原 司, 初期滑り時の接触面偏心度に基づく弾性体の把持力制御, 日本ロボット学会論文誌,Vol.23, No.3, pp.337-343, 2005.2
    論文PDF by J-STAGE
  34. 栗田 雄一, 上田 淳, 松本 吉央, 小笠原 司, 神経振動子を利用したロボットハンドによるマニピュレーション:人間計測に基づく操作パターンの生成, 日本機械学会論文集, Vol.70, No.699, pp. 3220-3226, 2004.11
    論文PDF by CiNii
  35. 池田 篤俊 , 栗田 雄一 ,上田 淳 , 小笠原 司, 初期滑り時の指紋変形を利用した小型ポインティングデバイスの開発, 情報処理学会論文誌, Vol. 45, No. 7, pp.1769-1778, 2004.7
    論文PDF by CiNii

本・解説・速報・その他

  1. 栗田雄一, 人機一体を実現するためのヒューマンロボットインタラクション技術, 技術総合誌オーム,Vol.104, No.2, pp.25-27, 2017.2, ISSN:0386-5576
  2. 栗田雄一, 人の滑り知覚モデルを利用したヒューマンインタフェース, 機械の研究,第69巻, 第2号, pp102-107, 2017.2, ISSN:0368-5713
  3. Jun Ueda and Yuichi Kurita, Human Modeling for Bio-Inspired Robotics, ISBN:9780128031377, Academic Press, Elsevier, September 2016
  4. 栗田雄一, 骨格筋電気刺激による力覚感提示, 電気学会誌,Vol.136, No.10, pp.674-677, 2016
  5. 栗田雄一,上田淳, 人の運動における確率的挙動の理解とヒューマンロボットインタラクションへの応用, 日本ロボット学会誌,Vol.34, No.6, pp.378-381, 2016
  6. Yuichi Kurita, Understanding Force Perception Characteristics of a Human and Its Applications, In Hiroyuki Kajimoto, Satoshi Saga, Masashi Konyo (ed.), Pervasive Haptics, Springer Japan, pp.39-54, 2016, ISBN:978-4-431-55771-5
    TOC here
  7. Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, In Tareq Ahram and Renliu Jang (ed.), Advances in Physical Ergonomics and Human Factors Part I, Advances in Human Factors and Ergonomics 2014, AHFE International, pp.89-92, 2015, ISBN:978-1-4951-2104-3
    TOC here
  8. Yuichi Kurita, Wearable Haptics, In E. Sazonov and M. Neuman (ed.), Wearable Sensors, Chapter 1.3, ELSEVIER, pp.45-63, Published Date: September, 2014, ISBN: 978-0-12-418662-0
    PURCHASE HERE
  9. 栗田雄一,永田和之,恵木浩之,辻敏夫, 力覚重畳呈示技術を利用した腹腔鏡下手術用トレーニングシミュレータ, 化学工業,Vol.65, No.8, p.48-53, 2014.
  10. Yuichi Kurita, Kazuyuki Nagata, Atsutoshi Ikeda, Masazumi Okajima, and Tsukasa Ogasawara, Biomedical Robotics for Healthcare, In J. Wu (ed.), Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applications, Chapter 17, IGI GLOBAL, Release Date: October, 2012,
    DOI: 10.4018/978-1-4666-2196-1, ISBN13: 9781466621961, ISBN10: 1466621966, EISBN13: 9781466621978
    ABSTRACT provided by IGI GLOBAL
  11. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, Pinching Effort Evaluation Based on Tendon Force Estimation, In J. Mizrahi (ed.), Advances in Applied Electromyography, Chapter 7, INTECH, ISBN 978-953-307-382-8, 2011
    Open access for this article
  12. 松下 光次郎,栗田 雄一,尾形 邦裕, 若手ロボット研究者らの企画運営する日本ロボット学会3研究専門委員会, 日本ロボット学会誌,Vol.28, No.3, pp.288-291, 2010.4
  13. 栗田 雄一,金子 真,三嶋 弘, 非侵襲高速眼剛性センシング, 電子情報通信学会誌,Vol.90, No.10, pp.846-849, 2007.10
  14. 栗田 雄一,金子 真,三嶋 弘, 一瞬を越えるセンシングがもたらす医工連携の新展開, 日本ロボット学会誌,Vol.25, No.3, pp.41-43, 2007.4
  15. 青井 伸也,石井 裕之,高橋 正樹,成川 輝真,山田 浩也, 栗田 雄一,菅原 雄介,大武 美保子, 僕達・私達と21世紀COE, 日本ロボット学会誌,Vol.25, No.3, pp.50-55, 2007.4
  16. 岡島 正純, 惠木 浩之, 吉満 政義, 川原 知洋, 栗田 雄一, 金子 真, 内視鏡外科手術技術の客観的評価への挑戦:Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device, 日本消化器外科学会雑誌,Vol.40, No.3, pp.355, 2007.3
  17. 惠木 浩之, 岡島 正純, 吉満 政義, 川原 知洋, 栗田 雄一, 金子 真,浅原 利正 内視鏡外科手術技術力における客観的評価システムの開発 : HUESAD (Hiroshima University Endoscopic Surgical Assessment Device)の有用性について, 日本外科学会雑誌,Vol.107, No.臨時増刊号_2, pp.110, 2006.3

国際会議

2017

  1. Akira Furui, Hideaki Hayashi, Takaei Kihara, Takahiro Konishi, Yusuke Yoshida, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, Virtual Restoration of Down-sampled EMG Signals Using a Stochastic Model, 11th International Convention on Rehabilitation Engineering and Assistive Technology (i-CREATe2017), Kobe International Conference Center, Kobe, Aug 22-24, 2017 (accepted)
  2. Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, Variance Distribution Analysis of Surface EMG signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC) 2017, Jeju Island, Korea, July 11-15, 2017 (accepted)
  3. Swagata Das, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, Design and development of a PAM-enabled wrist assist glove, IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) 2017 Workshop on Advances and challenges on the development, testing and assessment of assistive and rehabilitation robots: Experiences from engineering and human science research, Singapore, May 29, 2017
  4. Swagata Das and Yuichi Kurita, Surface EMG-based evaluation of a PAM-enabled wrist assist glove, IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) 2017, Late Breaking Results, Singapore, May 29-June 3, 2017
  5. Chetan Thakur, Yuichi Kurita, Kazunori Ogawa, Tomohiro Ikeda and Toshio Tsuji, Evaluation of Unplugged powered suit with pneumatic gel muscles, Augmented Human, Article# a23, Mountain View, CA, USA, March 16-18, 2017.

2016

  1. Chetan Thakur, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuj, and Yuichi Kurita, Unplugged powered suit with pneumatic gel muscles, AsiaHaptics2016: Haptic Interaction, pp. 247-251, 2016.11.28-12.1
  2. Cassie Lowell, Swagata Das, and Yuichi Kurita, Force your Hand - PAM enabled Wrist Support, AsiaHaptics 2016: Haptic Interaction, pp. 239-245, 2016.11.28-12.1
  3. M. Yamamoto, M. Tsubakino, Y. Fujimoto, M. Shimada, T. Murata, M. Hasegawa, K. Shimatani, and Y. Kurita, Effect of changing planter flexion resistive moment of ankle foot orthosis on the gait: a pilot study, The Asian Confederation for Physical Therapy (ACPT) 2016, Kuala Lumpur, Malaysia, October 7-8, 2016.
  4. Takuya Murata, Kouhei Sakurada, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Prediction of posture-dependent tremor by the calculation of the endpoint compliance, The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2016), pp.2169-2172, Orlando, FL, USA, August 16-20, 2016
  5. Yusuke Kishishita, Toshio Tsuji, Yuich Kurita, Computational Prediction of Subjective Sense of Force based on Muscle Activity Estimation, The 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2016, Florida, USA, July 27-31, 2016 R. Goonetilleke and W. Karwowski (eds.), Advances in Physical Ergonomics and Human Factors, Advances in Intelligent Systems and Computing 489, pp.687-694, 2016. DOI 10.1007/978-3-319-41694-6_66
  6. Kazunori Ogawa, Keita Takahashi, Akihito Kadowaki, Kouji Shimatani, Masaya Hasegawa, and Tosho Tsuji, Evaluation of supporting effects on muscles of a motion assistive wear depending on the fixture position, The 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics 2016, Florida, USA, July 27-31, 2016
  7. Tsuyoshi Arakawa, Akira Nakahara, Kiyotaka Yarimizu, Masato Takahashi, Michiko Ohkura, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Investigation of human subjective feelings for surface textures of slipping objects based on the analysis of contact conditions, F. Bello, H. Kajimoto, and Y. Visell (Eds.), Haptics: Perception, Devices, Control, and Applications , Proceedings of Eurohaptics 2016, pp.131-138, London, UK, July 4-7, 2016
  8. Yusuke Kishishita, Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Atsuhide Kishi, Kazuo Nishikawa, Takahide Nouzawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Computational prediction method of subjective sense of force during steering operation based on muscle activation, The 4th International Digital Human Modeling Symposium (DHM2016), #18, Montreal, Quebec, Canada, June 15-17, 2016

2015

  1. Yoshihide Otsuru, Yuichi Kurita, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Kazuyuki Nagata and Toshio Tsuji, Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.191-192, Waseda, Tokyo, 5-8 December, 2015 ( Honorable Mention 受賞 )
  2. Takaaki Ishikawa, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji, Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation, International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), pp.19-20, Waseda, Tokyo, 5-8 December, 2015
  3. Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements, SAI Intelligent Systems Conference (InteliSys2015), pp.651-656, London, UK, 10-11 November, 2015
  4. Kazuma Sakamoto, Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A neural network model of Caenorhabditis Elegans and simulation of Chemotaxis-related Information Processing SAI Intelligent Systems Conference (InteliSys2015), pp.668-673 London, UK, November 10-11, 2015
  5. Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System, IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA2015), pp.115-120, Hiroshima, Japan, November 6-7, 2015
  6. Yuichi Kurita, Masaya Kondo, Yusuke Kishishita, and Toshio Tsuji, Human interface design method based on the estimation of muscle effort by a musculoskeletal model, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), pp.480-485, HongKong, China, October 10-12, 2015
    DOI 10.1109/SMC.2015.95
  7. Yuya Ogura, Hideaki Hayashi, Shota Nakashima, Zu Soh, Taro Shibanoki, Koji Shimatani, Akihito Takeuchi, Makoto Nakamura, Akihisa Okumura, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Neural Network Based Infant Monitoring System to Facilitate Diagnosis of Epileptic Seizures, Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC 2015), pp. 5614-5617, Milano, Italy, August 25-29, 2015.
  8. Go Nakamura, Akitoshi Sugie, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji, Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation, 9th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015), p.2.2_110, Singapore, August 11-14, 2015
  9. Yusuke Kishishita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Effort Cube: a real-time muscle effort visualization system, Advances in Robotics, Goa, India, July 2-4, 2015
  10. Yuichi Kurita, Yoshihide Otsuru, Masahiro Kiyooka, Toshio Tsuji, Kazuyuki Nagata, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Haptic force augmentation on a 3D printed surgical training phantom, 50th Golden Anniversary Congress of the European Society for Surgical Research, OP-167, 10-13 June 2015.
    European Surgical Research, Vol.55, suppl. 1, p. 79, 2015.
    DOI:10.1159/000381839
    Open access for this article
  11. Hiroyuki Sawada, Hiroyuki Egi, Minoru Hattori, Takashi Suzuki, Syouichiro Mukai, Yuichi Kurita and Hideki Ohdan, Vibrating forceps enhances laparoscopic urgical skills, 50th Golden Anniversary Congress of the European Society for Surgical Research, PP-129, 10-13 June 2015.
    European Surgical Research, Vol.55, suppl. 1, p. 157, 2015.
    DOI:10.1159/000381839
    Open access for this article
  12. Koji Shimatani, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Akira Otsuka, Maura Casadio, Psiche Giannoni, Paolo Moretti, Pietro Morasso, and Toshio Tsuji, Change over time of infants' movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway, World Confederation for Physical Therapy Congress 2015. PO-17-14, Singapore, May 1-4, 2015.

2014

  1. Akihito Kibita, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, AsiaHaptics2014, A-11, Tsukuba, November 18-20, 2014.
    H. Kajimoto et al. (eds.), Haptic Interaction, Lecture Notes in Electrical Engineering 277, DOI 10.1007/978-4-431-55690-9_25
  2. Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Wearable pseudo-haptic interaction by using electrical muscle stimulation, AsiaHaptics2014, A-14, Tsukuba, November 18-20, 2014.
    H. Kajimoto et al. (eds.), Haptic Interaction, Lecture Notes in Electrical Engineering 277, DOI 10.1007/978-4-431-55690-9_25
  3. Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji, Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity, International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, pp.1187-1189, Krakow, Poland, July 19-23, 2014.
  4. Shinya Nishikawa, Zu Soh, Yuichi Kurita, Toshio Tsuji, Chemotaxis Simulation of Caenorhabditis Elegans Using an Active cord Mechanism in an Actual Environment, C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting in association with The 6th Asia-Pasific C. elegans Meeting, No.198,Nara, Japan, July 15-19, 2014.
  5. Yoshihide Otsuru, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method, In Proc. of Haptics: Neuroscience, Devices, Modeling, and Applications: 9th International Conference EuroHaptics 2014, Springer, Versailles, France, June 24-26, 2014, M. Auvray and C. Duriez (Eds.): EuroHaptics 2014, Part II, LNCS 8619, pp. 320-325, 2014.
    Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2014, DOI: 10.1007/978-3-662-44196-1
  6. Akihito Kibita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip, International Digital Human Modeling Symposium (DHM2014), Paper#5, Tokyo, Japan, May 20-22, 2014.
  7. Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Tosho Tsuji, Unloading muscle activation enhances force perception, Augmented Human 2014, March 7-9, 2014. DOI:10.1145/2582051.2582055
  8. Yuichi Kurita, Hiroyuki Ohtsuka, Kazuyuki Nagata, and Tosho Tsuji, Haptic rendering of needle penetration by enhancing the real force response of a base object, Haptics Symposium, pp.357-360, Houston, Texas, USA, Feb. 23-26, 2014.

2013

  1. Jumpei Sato, Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Atsuhide Kishi, Kazuo Nishikawa, Takahide Nouzawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita, Investigation of subjective force perception based on estimation of muscle activities during steering operation, 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2013), pp. 76-81, Kobe, Japan, Dec.14 - 17, 2013.
  2. Go Nakamura, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Masaki Hasegawa, Akira Otsuka, Yuichiro Honda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji, A Training System for the MyoBock hand in a Virtual Reality Environment, 2013 IEEE Biomedical Circuits and Systems Conference (BioCAS2013), pp.61-64, Rotterdam, the Netherlands, Oct. 31 - Nov. 2, 2013.
  3. Harutoyo Hirano, Hiroki Hirano, Yuichi Kurita, Teiji Ukawa, Tsuneo Takayanagi, Haruka Morimoto, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Yukihito Higashi, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi, and Toshio Tsuji, Estimation of Arterial Stiffness During the Flow-Mediated Dilation Test, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp. 3756-3759, Manchester, UK, 13-16 October 2013.
  4. Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Atsuhide Kishi, Kazuo Nishikawa, Takahide Nouzawa, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji, A Subjective Force Perception Model of Humans and its Application to a Steering Operation System of a Vehicle, Proceedings of 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2013), pp. 3675-3680, Manchester, UK, 13-16 October 2013.
  5. Yamato Sueda, Minoru Hattori, Hideki Ohdan, Hiroyuki Egi, Hiroyuki Sawada, Jun Ueda, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita, Improvement of tactile sensitivity by stochastic resonance effect - Applications to surgical grasping forceps -, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp.4601-4604, Osaka, Japan, July 3-7, 2013
  6. Harutoyo Hirano, Tetsuya Horiuchi, Abdugheni Kutluk, Yuichi Kurita, Teiji Ukawa, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Yukihito Higashi, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi and Toshio Tsuji, A Log-Linearized Arterial Viscoelastic Model for Evaluation of the Carotid Artery, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 2591-2594, Osaka, Japan, July 3-7, 2013
  7. Hiroki Hirano, Tetsuya Horiuchi, Harutoyo Hirano, Yuichi Kurita, Teiji Ukawa, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masao Yoshizumi, Masashi Kawamoto and Toshio Tsuji, Monitoring of Peripheral Vascular Condition Using a Log-Linearized Arterial Viscoelastic index During Endoscopic Thoracic Sympathectomy, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 2587-2590, Osaka, Japan, July 3-7, 2013
  8. Hideaki Hayashi, Keisuke Shima, Taro Shibanoki, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji, Bioelectric Signal Classification Using a Recurrent Probabilistic Neural Network with Time-series Discriminant Component Analysis, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'13), pp. 5394-5397, Osaka, Japan, July 3-7, 2013
  9. Miroru Hattori, Hiroyuki Egi, Hiroyuki Sawada, K Kawaguchi, T. Suzuki, Yuichi Kurita, and Hideki Ohdan, Big five personality traits can predict improved endoscopic surgical performance and medical student, 21st International Congress of the EAES (European Association for Endoscopic Surgery), Vienna, Austria, June 19-22, 2013
  10. Keisuke Shima, Koji Shimatani, Akitoshi Sugie, Yuichi Kurita, Ryuji Kohno and Toshio Tsuji, Virtual Light Touch Contact: a Novel Concept for Mitigation of Body Sway, Proceedings of 7th International Symposium on Medical Information and Communication Technology (ISMICT), pp. 108-111, Tokyo, Japan, 2013.

2012

  1. Yuichi Kurita, Yamato Sueda, Toshio Tsuji, Minoru Hattori, Masakazu Tokunaga, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Hiroshi Takemura, Jun Ueda, Improvement of tactile sensitivity by stochastic resonance: application to vibrating forceps, 2012 ASME Dynamic Systems and Control Conference (ASME DSCC2012), pp.465-469, Ft. Lauderdale, FL, Oct. 17-19, 2012.
    DOI: 10.1115/DSCC2012-MOVIC2012-8811
  2. Harutoyo Hirano, Yusuke Komatsu, Abdugheni Kutluk, Yuichi Kurita, Shigeyuki Kojima, Yumi Ogura, Etsunori Fujita, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi, and Toshio Tsuji, Development of a Condition Monitoring System Using an Air-pack Type Pressure Sensor for Bedridden Patients in a Supine Position, 2012 IEEE International Conference on Condition Monitoring and Diagnosis (IEEE CMD2012), pp.1201-1204, Bali, Indonesia, 23-27 September 2012
  3. Yuichi Kurita, Yuya Hayama, Tsukasa Ogasawara, Tomohiro Kawahara, Masazumi Okajima, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Skill Assessment Based on Automatic Classification of Forceps Manipulations, 2012 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2012), pp. 56-59, Kobe, Japan, July 1-4 2012
  4. Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Takeshi Takaki, Yuichi Kurita, Akira Otsuka, Takaaki Chin and Toshio Tsuji, Multi-channel Surface EMG Classification Based on a Quasi-optimal Selection of Motions and Channels, 2012 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2012), pp. 276-279, Kobe, Japan, July 1-4, 2012
  5. Harutoyo Hirano, Tomohiro Fukuchi, Yuichi Kurita, Akihiko Kandori, Yuko Sano, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masashi Kawamoto, Masao Yoshizumi, Toshio Tsuji, Development of a Palpable Carotid Pulse Pressure Sensor Using Electromagnetic Induction, 2012 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2012), pp.441-444, Kobe, Japan, July 1-4, 2012 ( Best Student Paper Finalist 受賞 )

2011

  1. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Tadashi Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, Evaluation of Grasp Efficiency based on Muscle Activity Estimation by Anthropomorphic Robot Fingers, 2011 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2011) pp.466-468, Nagoya, Japan, Nov 6-9, 2011
  2. Yuichi Kurita, Satoshi Yonezawa, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, Weight and Friction Display Device by Controlling the Slip Condition of a Fingertip, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IEEE IROS 2011) pp.2127-2132, San Francisco, CA, USA, Sep 25-30, 2011
  3. Yuichi Kurita, Minoru Shinohara, Jun Ueda, Wearable Sensorimotor Enhancer for a Fingertip based on Stochastic Resonance IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2011), pp.3790-3795, Shanghai, China, May 9-13, 2011

2010

  1. Ming Ding, Kotaro Hirasawa, Yuichi Kurita, Hiroshi Takemura, Jun Takamatsu, Hiroshi Mizoguchi, and Tsukasa Ogasawar Pinpointed Muscle Force Control in Consideration of Human Motion And External Force 2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE ROBIO 2010), pp.739--744, Tianjin, China, 2010.12.14-18 ( Best Paper in Biomimetics Finalist 受賞 )
  2. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, Product Usability Estimation using Musculoskeletal Model, IEEE RAS / EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (IEEE/EMBS BIOROB 2010), pp.307--312, Tokyo, Japan, 2010.9.26-29
  3. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, Grasp effort evaluation based on muscle activity , 2010 ASME Dynamic Systems and ControlConference (ASME DSCC 2010), DSCC2010-4120, Cambridge, Massachusetts, USA, 2010.9.13-15
  4. Ming, Ding, Yuichi Kurita, Jun Ueda, and Tsukasa Ogasawara, Pinpointed Muscle Force Control Taking Into Account the Control DOF of Power-assisting Device, 2010 ASME Dynamic Systems and ControlConference (ASME DSCC 2010), DSCC2010-4102, Cambridge, Massachusetts, USA, 2010.9.13-15
  5. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, Takeshi Tamaki, Kazuyuki Nagata, and Tsukasa Ogasawara, Creating Virtual Stiffness by Modifying Force Profile of Base Object , EuroHaptics 2010, Amsterdam, Netherlands, pp.111-116, 2010.7.8-10

2009

  1. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Takeshi Tamaki, Kazuyuki Nagata, and Tsukasa Ogasawara, Haptic Augmented Reality Interface using the Real Force Response of an Object, The 16th ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST 2009), pp.83--86, 18--20 November, Kyoto, Japan, 2009
  2. Shinji Kuriyama, Ming Ding, Yuichi Kurita, Jun Ueda, and Tsukasa Ogasawara, Flexible Sensor for McKibben Pneumatic Actuator, The 8th Annual IEEE Conference on Sensors (IEEE SENSORS 2009), pp.520--525, 25--28 October, Christchurch, New Zealand, 2009
  3. Yuichi Kurita, Yasuhiro Ono, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, Human-sized Anthropomorphic Robot Hand with Detachable Mechanism at the Wrist, 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IEEE IROS 2009), pp.2271-2276, 11--15 October, St. Louis, MO, USA, 2009
  4. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, A Tendon Skeletal Finger Model for Evaluation of Pinching Effort, 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IEEE IROS 2009), pp. 3691-3696, 11--15 October, St. Louis, MO, USA, 2009
  5. Yuichi Kurita, Takehiro Onoue, Atsutoshi Ikeda, and Tsukasa Ogasawara, Biomechanical Analysis of Subjective Pinching Effort Based on Tendon-Skeletal Model, The 31st Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (IEEE EMBC 2009), pp.5231-5234, Minnesota, USA, 2--6 September, 2009
  6. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, Pinching Facility Evaluation by a Tendon-Driven Robot Hand, 2009 IEEE International Conference on Robotics and Automation (IEEE ICRA 2009), pp.3437-3442, Kobe, Japan, 12-17 May, 2009
  7. Yuichi Kurita, Junya Kobayashi, Tsuyoshi Suenaga, Kentaro Takemura, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, Personal Identification and Visualization of Relationships by using Human Trajectories, 2008 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE ROBIO 2008), pp.548--553, Bangkok, Thailand, Feb. 2009

2008

  1. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, and Tsukasa Ogasawara, Pinching motion evaluation using human like sensing device, the Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2008), pp.1135-1138, Nagoya, Japan, Sep. 2008 ( Young Researcher Award 受賞 : Atsutoshi Ikedaに対して)
  2. Yuichi Kurita, Daisuke Kuraki, Etsuko Ueda, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, Estimation of Physical Constraint Condition by Analyzing Walking Motions, 30th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (IEEE EMBC 2008), pp.5196-5199, Vancouver, British Columbia, Canada, Aug. 2008
  3. Albert Causo, Etsuko Ueda, Yuichi Kurita, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, Model-Based Hand Pose Estimation Using Multiple Viewpoint Silhouette Images and Unscented Kalman Filter, 17th IEEE International Symposium on Robots and Human Interactive Communication (IEEE ROMAN 2008), Munich, Germany, Aug. 2008
  4. Tsuyoshi Suenaga, Yasuyuki Tamai, Yuichi Kurita, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, Image-Based 3D Display with Motion Parallax using Face Tracking, IEEE Symposium on 3D User Interface (3DUI 2008), pp.161-162, Reno, Nevada, USA, Mar. 2008

2007

  1. Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Seiki Katakura, and Yoshiaki Kiuchi, Simultaneous Measurement of Eye Stiffness and Contact Area for Living Human Eyes, 2007 IEEE Engineering In Medicine and Biology Annual Conference (IEEE EMBC 2007), pp.2779-2782, Lyon, France, Aug. 2007
  2. Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Roland Kempf, Makoto Kaneko, Hidetoshi Tsukamoto, Eiichiro Sugimoto, Seiki Katakura, and Hiromu K Mishima, Contact Probe Based Stiffness Sensing of Human Eye by Considring Contact Area, In Proceedings of the IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2007), pp.1906-1911, Roma, Italy, Apr. 2007

2006

  1. Seiki Katakura, Hidetoshi Tsukamoto, Eiichiro Sugimoto, Ken Kobayashi, Yuichi Kurita,Yoshichika Iida, Roland Kempf, Junpei Okude, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Ocular Stiffness Measurement using Goldmann Applanation Tonometer, XVII International Congress of Eye Research (ICER 2006), MO24, Buenos Aires, Argentina, Oct. 2006
  2. Makoto Kaneko, Roland Kempf, Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Hiromu K Mishima, Hidetoshi Tsukamoto, and Eiichiro Sugimoto, Measurement and Analysis of Human Eye Excited by an Air Pulse, IEEE International Conference on Multisensor Fusion and Integration for Intelligent Systems (MFI 2006), TuB02.5, Heidelberg, Germany, Sep. 2006
  3. Yuichi Kurita, Roland Kempf, Yoshichika Iida, Makoto Kaneko, Eiichiro Sugimoto, Hidetoshi Tsukamoto, and Hiromu K Mishima, Eye Stiffness Measurement by Probe Contact Method, 2006 IEEE Engineering In Medicine and Biology Annual Conference (EMBC 2006), pp.2312-2315, New York, USA, Sep. 2006
  4. Roland Kempf, Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Hidetoshi Tsukamoto, and Eiichiro Sugimoto, Understanding eye deformation in non-contact tonometry, 2006 IEEE Engineering In Medicine and Biology Annual Conference (IEEE EMBC 2006), pp.5428-5431, New York, USA, Sep. 2006
  5. Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Roland Kempf, Makoto Kaneko, Eiichiro Sugimoto, Hidetoshi Tsukamoto, and Hiromu K Mishima, Contact Probe Based Stiffness Sensing of Human Eye, IEEE International Conference on Robotics and Automation (IEEE ICRA 2006), pp.2972-2977, Orlando, USA, May 2006

2005

  1. Eiichiro Sugimoto, Hidetoshi Tsukamoto, Jouji Takenaka, Hiromu K Mishima, Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Tomohiro Kawahara, Roland Kempf, Kannichi Tokuda, and Makoto Kaneko, Differences in the Corneal Displacement by Non-Contact Tonometer Between Young and Elder Subjects, American Academy of Ophthalmology Annual Meeting, PO081, Chicago, USA, October 2005
  2. Roland Kempf, Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Hidetoshi Tsukamoto, and Eiichiro Sugimoto, Dynamic Properties of Human Eyes, IEEE Engineering In Medicine and Biology 27th Annual Conference (IEEE EMBC 2005), 1657, Shanghai, China, September 2005
  3. Eiichiro Sugimoto, Hidetoshi Tsukamoto, Jouji Takenaka, Kannichi Tokuda, Tomohiro Kawahara, Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Roland Kempf, Makoto Kaneko, and Hiromu K Mishima, New Technique for Measurement of Ocular Stiffness by Dynamic Analysis in Human, The Association of International Glaucoma Society World Glaucoma Congress, PO49, Vienna, Austria, July 2005 ( Poster Recognition 受賞)
  4. Yuichi Kurita, Yoshichika Iida, Roland Kempf, Makoto Kaneko, Hiromu K Mishima, Hidetoshi Tsukamoto, and Eiichiro Sugimoto, Dynamic Sensing of Human Eye using a High Speed Camera, IEEE International Conference on Information Acquisition (IEEE ICIA 2005), pp.338-343, Hong Kong and Macau, China, June 2005 ( Finalist for Best Conference Paper Award 受賞 )
  5. Yuichi Kurita, Kazuyuki Nagata, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, and Tsukasa Ogasawara, CPG-Based Manipulation: Adaptive Switchings of Grasping Fingers by Joint Angle Feedback, IEEE International Conference on Robotics and Automation (IEEE ICRA 2005), pp.2528-2533, Barcelona, Spain, April 2005

2002-2004

  1. Atsutoshi Ikeda, Yuichi Kurita, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, Grip Force Control for an Elastic Finger using Vision-based Incipient Slip Feedback, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IEEE IROS 2004), pp.810-815, Sendai, Japan, September 2004
  2. Yuichi Kurita, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, CPG-Based Manipulation: Generation of Rhythmic Finger Gaits from Human Observation, IEEE International Conference on Robotics and Automation (IEEE ICRA 2004), pp.1209-1214, New Orleans, USA, April 2004
  3. Yuichi Kurita, Atsutoshi Ikeda, Jun Ueda, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, A Novel Pointing Device Utilizing the Deformation of the Fingertip, IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IEEE IROS 2003), pp.13-18, Las Vegas, USA, October 2003
  4. Yuichi Kurita, Mitsunori Tada, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, Simultaneous Measurement of the Grip/Load Force and the Finger EMG: Effects of the Object Weight, IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (IEEE SMC 2002), TP1B6, Hammamet, Tunisia, October 2002
  5. Yuichi Kurita, Mitsunori Tada, Yoshio Matsumoto, Tsukasa Ogasawara, Simultaneous Measurement of the Grip/Load Force and the Finger EMG: Effects of the Grasping Condition, IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication (IEEE ROMAN 2002), pp.217-222, Berlin, Germany, September 2002

国内会議

2017

  1. 栗田雄一,岸下優介,川嶋龍彦,松下欣也,吉川将史, 把持部の一部を平面にしたペンの操作感に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 1A1-N04, 郡山,2017.5.11-12
  2. 飯倉隆寛,北雄介,中小路久美代,辻敏夫,栗田雄一, 街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 1P2-O05, 郡山,2017.5.11-12
  3. 静野大樹, 荒川剛, 辻敏夫, 栗田雄一, 透明擬似指を利用した接触面変化計測システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 1P1-M03, 郡山,2017.5.11-12
  4. 関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一, 改造ラジコンとAR技術を用いた油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 1P2-B06, 郡山,2017.5.11-12
  5. 常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一, 空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設計に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, 2P2-J04, 郡山,2017.5.11-12
  6. 田中 敬士,平野 陽豊,曽 智,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫, 血管粘弾性変化率によりオシロメトリック式血管内皮機能評価法ezFMDの識別能力は向上するか?, 第2回日本血管不全学会学術集会抄録集,一般演題3血管機能3 pp.36, 東京,2017.4.16

2016

  1. 小川和徳,池田智浩,栗田雄一, 低圧駆動型人工筋を用いたテニス用アンプラグド・パワード・スーツの開発, 超人スポーツ学術研究会, 札幌,2016.12.18
  2. 岸下優介,辻敏夫,栗田雄一, 観戦者へのアスリートの筋負担度提示, 超人スポーツ学術研究会, 札幌,2016.12.18
  3. 荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一, 指先接触面の変化による感性評価への影響の考察, 第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016), pp.64-67, 札幌,2016.15-17
  4. 岸下優介,竹村和紘,山田直樹,原利宏,岸篤秀,西川一男,農沢隆秀,辻敏夫,栗田雄一, ステアリング操舵における筋活動度推定に基づいた力知覚量設計手法の提案, 第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016), pp.69-71, 札幌,2016.15-17
  5. 笠原拓也,服部稔,恵木浩,大段秀樹,辻敏夫,栗田雄一, HMDへのリアルタイム全天球画像提示による腹腔鏡手術支援システム, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1D-3 pp.48-49, 東広島,2016.11.26
  6. 関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一, バーチャルリアリティを用いた油圧ショベルの操作トレーニングシステム, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1D-2, pp,46-47, 東広島,2016.11.26
  7. 常安孝輔,大野歩 ,福田克幸,小川和徳,佐々木大輔,辻敏夫,栗田雄一, 空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツ, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1D-1, pp.44-45, 東広島,2016.11.26
  8. 静野大樹, 荒川剛,辻敏夫,栗田雄一, 透明疑似指を利用した触感テクスチャ評価装置の開発, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 2D-1 pp.138-139, 東広島,2016.11.26
  9. 田中敬士,三戸景永,曽智,栗田雄一,平野陽豊,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖正生,辻敏夫, オシロメトリック法を利用した非侵襲血管粘性計測に基づく動脈硬化ハイリスク群のスクリーニング, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1C-3 pp.34-35, 東広島,2016.11.26
  10. 延川智範,有國文也,曽智,栗田雄一,平野陽豊,藤田悦則,金子成彦,吉栖正生, 辻敏夫, 確率ニューラルネットを用いた体調急変予測法の提案, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1C-2 pp.32-33, 東広島,2016.11.26
  11. 萩山直紀,三戸景永,平野陽豊,栗田雄一,張裕華,佐野佑子,神鳥明彦,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 脈拍触診が可能な電磁誘導型簡易連続血圧計の開発, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1C-5 pp.38-39, 東広島,2016.11.26
  12. 稲葉知彦, 田中敬士,有國文也,曽智,栗田雄一,平野陽豊,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇, 河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 加圧測定方式自動血圧計を利用した非駆血収縮期血圧推定法, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 1C-4 pp.36-37, 東広島,2016.11.26
  13. 江藤慎太郎,早志英朗,中村豪,栗田雄一,陳隆明,辻敏夫, 3Dプリンタを利用した5指駆動型筋電義手の開発とバイオミメティック制御の導入, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 2C-4 pp.130-131, 東広島,2016.11.26
  14. 古居彬,江藤慎太郎,早志英朗,栗田雄一,辻敏夫, 信号強度依存ノイズを利用したリアルタイム人工筋電位信号生成法の提案と無線通信への応用, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 2D-6 pp.148-149, 東広島,2016.11.26
  15. 橘高允伸,古居彬,江藤慎太郎,早志英朗,中村豪,栗田雄一,陳隆明,辻敏夫, 筋電義手トレーニングへの応用を目的とした没入型VR環境下における人間のリーチング運動の解析, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 2C-3 pp.128-129, 東広島,2016.11.26
  16. 松野一輝,曽智,吉田将之, 平野旭,栗田雄一,辻敏夫, 小型魚類の呼吸波を用いたオンラインカメラレス遊泳運動計測システムの開発, 第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会, 2D-2 pp.140-141, 東広島,2016.11.26
  17. 川嶋克明,船曳康子,小川詩乃,尾倉侑也,早志英朗,曽智,栗田雄一, 志波泰子,森裕紀,島谷康司,最上晴太,小西行郎,辻敏夫, 動画像解析に基づく乳幼児ハイハイ動作の経時的発達評価, 発達神経科学学会第5回大会, p.28, 2016.11.26-27
  18. 木下直樹,川嶋克明,尾倉侑也,早志英朗,曽智,芝軒太郎,森裕紀,島谷康司,栗田雄一,辻敏夫, 新生児General Movements評価支援システムの精度検証, 発達神経科学学会第5回大会, p.57, 2016.11.26-27
  19. 栗田雄一,タクール チェタン,小川和徳,池田智浩, 低圧駆動人工筋を利用した歩行アシスト, 情報処理学会研究報告, Vol.2016-ASD-6, No.6 2016.11.12
  20. 栗田雄一,小川 和徳, 筋肉を着るスーツの開発 −着脱可能なサポートパーツによる運動アシスト−, 日本機械学会 シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2016, B-14, 2016.11.10
  21. 大野歩,福田克幸,小川和徳,小川貴文,佐々木大輔,栗田雄一, 空気圧ゴム人工筋を利用したウェアラブル建設作業支援装置の開発, 第34回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2016AC2D2-04, 2016.9.8
  22. 栗田雄一,小池祐輝,田中孝之,辻敏夫, 感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS −第五報:腹腔鏡外科手術を支援するスーツの評価−, 第34回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2016AC1A3-03, 2016.9.7
  23. 栗田雄一, 興奮性神経ネットワークモデルを用いた確率共鳴現象による触覚知覚感度向上効果の考察, LIFE2016(第32回ライフサポート学会大会,第16回日本生活支援工学会大会,日本機械学会福祉工学シンポジウム2016), pp.219-220, 2016.9.5
  24. 関塚良太,辻敏夫,栗田雄一, 油圧ショベルの次世代インターフェース開発, The 1st Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2016), p15, 2016.9.2
  25. 常安孝輔,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一, 人工筋式職人DARWINGのアシスト力評価, The 1st Robotics Ongoing Breakthroughs (ROOB2016), p19, 2016.9.2
  26. 栗田雄一, 感覚・運動機能を拡張するウェアラブルアシストデバイス, 第8回テレイグジスタンス研究会, 2016.6.29
  27. 荒川 剛, 中原 昭, 鑓水 清隆, 高橋 雅人, 大倉典子, 辻 敏夫, 栗田雄一, 指先接触面変化が触感性に与える影響の考察, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1A2-20a7(1)-(3), 2016.6.8-11
  28. 笠原 拓也, 辻 敏夫, 栗田 雄一, 全天球カメラを利用した腹腔鏡下手術支援システム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1A1-02a5(1)-(3), 2016.6.8-11
  29. 岸下 優介, 辻 敏夫, 栗田 雄一, 筋活動度推定に基づく主観的な力知覚量推定手法, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 2P2-11b6(1)-(3), 2016.6.8-11
  30. 飯倉 隆寛,辻 敏夫,栗田 雄一, 靴底に対する振動付与による路面歩行感の修飾提示, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1P1-20a5(1)-(2), 2016.6.8-11
  31. 村田 拓也, 辻 敏夫, 栗田 雄一, 筋活動度,筋力,ならびに外力に応答する人の手先コンプライアンス楕円体の特性比較, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 2P2-12a5, 2016.6.8-11
  32. 栗田 雄一,小池 祐輝, 田中 孝之, 辻 敏夫, 感覚運動機能を向上させるアシストスーツ:SEnS −第四報:腹腔鏡外科医師向けスーツの試作−, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集, 1P1-02b4(1)-(2), 2016.6.8-11
  33. 有國 文也,宝田 真依,平野 博大,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,辻 敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の提案:機械的侵害刺激に 対する疼痛と血管剛性変化の関係, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,2016.6.8-11
  34. 田中 敬士,三戸 景永,松本 遼,平野 博大,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊, 鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫, オシロメトリック法に基づく血管粘性推定法の提案と血管内皮機能評価への応用, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,2016.6.8-11
  35. 川嶋 克明, 船曳 康子, 小川 詩乃, 尾倉 侑也, 早志 英朗, 曽 智, 栗田 雄一, 佐藤 鮎美, 志波 泰子, 森 裕紀, 島谷 康司, 最上 晴太, 小西 行郎, 辻 敏夫, 動画像解析に基づく乳幼児ハイハイ動作の定量的発達評価, 日本赤ちゃん学会第16回学術集会プログラム採録集, p.89, 2016. ( 優秀ポスター賞 受賞 )

2015

  1. 川嶋 克明,小川 詩乃,佐藤 鮎美,尾倉 侑也,中島 翔太, 早志 英朗,曽 智,栗田 雄一,森 裕紀,最上 晴太,志波 泰子,島谷 康司,小西 行郎,船曳 康子,辻 敏夫, 乳幼児のハイハイ動作解析に基づく発育評価支援システムの開発, 第48回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.80-81, 2015.12.13@広島 ( 優秀論文賞 受賞 )
  2. 村田 拓也,辻 敏夫,栗田 雄一, 筋骨格モデルと筋力推定に基づく手先スティフネスの算出, 第48回日本人間工学会中国四国支部大会講演論文集, pp.34-35, 2015.12.13@広島
  3. 松原裕樹,平野博大,平野陽豊,曽智,吉野敦雄,松本知也,鵜川貞二,中村隆 治,佐伯昇,吉栖正生,河本昌志,栗田雄一,辻 敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の開発:皮膚電気刺激に対する痛み感覚の刺激周波数依存性に関する検討, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-15,pp.1157-1160, 2015.12.14-16@名古屋 ( 優秀講演賞 受賞 )
  4. 荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,大倉典子,辻 敏夫,栗田雄一, 指先力ならびに接触面変化が表面質感の感性評価へ与える影響, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.940-941, 2015.12.14-16@名古屋
  5. 岸下優介,小池祐輝,竹村和紘,山田直樹,新部忠幸,原利宏,岸篤秀,西川一 男,農沢隆秀,辻 敏夫,栗田雄一, 筋力推定に基づくステアリング操舵における力知覚量設計手法の提案, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.938-939, 2015.12.14-16@名古屋
  6. 三戸景永,平野陽豊,平野博大,栗田雄一,神鳥明彦,佐野佑子,張裕華,中村 隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻 敏夫, 電磁誘導を利用した触診可能非侵襲連続血圧センサの開発:連続血圧較正法の検討, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-15,pp.1152-1154, 2015.12.14-16@名古屋
  7. 古居彬,江藤慎太郎,渡橋史典,早志英朗,栗田雄一,辻 敏夫, 信号強度依存ノイズに基づく人工筋電位信号生成モデルの提案と動作識別への応用, 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015), SY0011/15,2015-12-14,pp.80-85, 2015. ( 優秀講演賞 受賞 )
  8. 栗田雄一,小川和徳, 低圧駆動型空気圧人工筋を利用したアンプラグド・パワード・スーツの開発, 第一回超人スポーツ学術研究会,pp.7-8, 2015.12.10@つくば
  9. 栗田雄一,佐藤純平,辻敏夫,田中孝之,篠原稔, 感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS −第三報:関節位置覚に対する影響−, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015,p.961,2015.11.18@函館
  10. 平野陽豊,辻敏夫,栗田雄一, 神鳥明彦,佐野佑子,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生, 電磁誘導型血圧脈波センサを用いた末梢血管力学特性の計測, 脈管学(第56回日本脈管学会総会抄録),Vol. 55 Supplement,p. S191,2015.10.29-31@東京・虎ノ門
  11. 中島翔太,森裕紀,早志英朗,曽智,島谷康司,栗田雄一,浅田稔,辻敏夫, CHLACに基づく新生児General Movementsの動画像識別, 日本発達神経科学学会第4回学術集会,p.9,ポスター2,2015.9.6-7@大阪
  12. 栗田雄一,小池祐輝,田中孝之,辻敏夫, 感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS −第二報:両腕の補助が可能なスーツの開発−, 第33回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2015AC2A2-04, 2015.9.4@東京・北千住
  13. 小川和徳,池田智浩,栗田雄一, 低圧駆動型空気圧人工筋の開発とそれを利用した無外部動力歩行支援装置, 第33回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2015AC2C1-06, 2015.9.4@東京・北千住
  14. 石川敬明,辻敏夫,栗田雄一, 骨格筋電気刺激による仮想力覚提示 −押し込み量による刺激量の変化−, 情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG), 2015-CG-159(3), 1-5(2015-06-23), 2188-8949, 2015.6.30@東広島
  15. 大鶴佳秀,川口孝二,服部稔,惠木浩之,大段秀樹,永田和之,辻敏夫,栗田雄一, 力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム −心拍の再現−, 情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(2),1-3 (2015-06-23) , 2188-8949, 2015.6.30@東広島
  16. 荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一, 物体の表面特性の違いによる弾性体接触面の変化に関する考察, 情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(9),1-3 (2015-06-23) , 2188-8949, 2015.6.30@東広島
  17. 岸下優介,辻敏夫,栗田雄一, 筋負担度可視化システムの構築, 情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(11),1-2 (2015-06-23), 2188-8949, 2015.6.30@東広島
  18. 小川和徳, 高橋啓太, 門脇章人, 島谷康司, 長谷川正哉, 辻敏夫, 栗田 雄一, 機能性アンダーウェアの動作補助パーツ取り付け位置が運動補助効果に与える影響, 人間工学,Vol.51, p.S278-S279, 2015.6.14
  19. 平野陽豊,三戸景永,栗田雄一, 神鳥明彦,佐野佑子,張裕華,中村隆治,佐 伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 電磁誘導を利用した触診可能連続血圧計測センサの開発, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15)講演論文集,345-6,2015.5.20-22@大阪
  20. 平野博大,松岡玄樹,平野陽豊,栗田雄一,小島重行,小倉由美,藤田悦則,中 村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 体表脈波センサを利用した脈波間隔抽出法, 第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15)講演論文集,355-1,2015.5.20-22@大阪
  21. 石川敬明,辻敏夫,栗田雄一, 骨格筋電気刺激による仮想力覚提示, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P1- W06(1)-(3),2015.5.17-19@京都
  22. 大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一, 力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム−三次元補助物体 への力覚重畳−, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1A1- D02(1)-(2),2015.5.17-19@京都
  23. 荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一, 物体の表面特性の違いによる弾性体接触面の変化に関する考察, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,2A1- B06(1)-(3),2015.5.17-19@京都
  24. 岸下優介,辻敏夫,栗田雄一, 筋負担度可視化システムの構築, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P1- W01(1)-(2),2015.5.17-19@京都
  25. 近藤雅也,多田充徳,栗田雄一,小笠原司, 個人差を考慮した手の筋骨格モデル, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P1- X07(1)-(2),2015.5.17-19@京都
  26. 有國文也,松原裕樹,平野博大,平野陽豊,栗田雄一,江崎佳奈子,佐野佑子, 殷穎,水口寛彦,近藤和泉,辻敏夫, 認知情報処理モデルに基づくタブレット用高次脳機能簡易検査アプリケーション の開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,2P1- S07(1)-(4),2015.5.17-19@京都
  27. 江藤慎太郎,渡橋史典,早志英朗,中村豪,芝軒太郎,高木健,栗田雄一,本田 雄一郎,陳隆明,辻敏夫, バーチャルリアリティを利用した5指駆動型筋電義手のためのトレーニングシステム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P2- K05(1)-(2),2015.5.17-19@京都
  28. 岸下優介,辻敏夫,栗田雄一, 筋負担度のリアルタイム可視化システムの構築, 情報処理学会インタラクション2015,pp.726-728, 2015.3.7@東京

2014

  1. 氣比田 晃士,辻 敏夫,栗田 雄一, 示指に対する内外転変位時の指先変形と内外転変位の関係, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.0817-0818,2014.12.15
  2. 竹村 和紘,山田 直樹,新部 忠幸,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫, 人間の力知覚空間を考慮したステアリングホイール操作感性評価法, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.0844-0847,2014.12.15
  3. 荒川 剛,中原 招,鑓水 清隆,高橋 雅人,辻 敏夫,栗田 雄一, 物体の表面特性の違いによる指先接触面の変化に関する考察, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.116-117,2014.12.13
  4. 尾倉 侑也,中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,曽 智,芝軒 太郎,島谷 康司,竹内 章人,中村 信,奥村 彰久,栗田 雄一,辻 敏夫, てんかん発作診断支援のための乳幼児モニタリングシステム, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.170-171,2014.12.13
  5. 岸下 優介,辻 敏夫,栗田 雄一, 筋負担度のリアルタイム可視化システムの構築, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.102-103,2014.12.13
  6. 高橋 啓太,小川 和徳,門脇 章人,島谷 康司,長谷川 正哉,辻 敏夫,栗田 雄一, 機能性アンダーウェアの補助効果が歩行運動に与える影響の考察, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.150-151,2014.12.13
  7. 藤澤 昂征,曽 智,平野 旭,栗田 雄一,辻 敏夫, 小型魚類の呼吸波を用いたオンラインカメラレス行動解析システムの開発, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.166-167,2014.12.13
  8. 山田 直樹,竹村 和紘,新部 忠幸,岸 篤秀,西川 一男,農澤 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫, 反力知覚特性に基づく自動車操作機器特性に関する考察, 平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp.96-97,2014.12.13
  9. 栗田雄一,氣比田晃士,辻敏夫, 弾性体変形モデルに基づく指先からの多点・多軸印加力推定, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp.277,ポスターSS1-3,2014.11.23
  10. 高橋 啓太, 小川 和徳, 門脇 章人, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 辻 敏夫, 栗田 雄一, 機能性アンダーウェアのサポートパーツ取付位置変化が運動補助効果に与える影響の考察, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp.278-279,ポスターSS1-4,2014.11.23
  11. 櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一, 手先筋活性度コンプライアンスの提案, 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp.280-282,ポスターSS1-5,2014.11.23
  12. 平野陽豊,松本遼,平野博大,栗田雄一,辻敏夫,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖正生, オシロメトリック式自動血圧計を用いた非侵襲血管内皮機能評価法, 日本脈管学会総会,Vol.54, S211,2014.10.30
  13. 中島翔太,右田涼,早志英朗,曽智,芝軒太郎,島圭介,島谷康司,中塚幹也,竹内章人,中村信,栗田雄一,辻敏夫, 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements診断支援システム, 日本発達神経科学会第3回大会, p.15, 2014.10.18
  14. 右田涼,島谷康司,曽智,芝軒太郎,栗田雄一,島圭介,辻敏夫, 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 日本発達神経科学会第3回大会, p.16, 2014.10.18
  15. 佐藤純平,田中孝之,篠原稔,辻敏夫,栗田雄一, 感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツSEnSの評価, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,pp.130-131,2014.9.17
  16. 石川敬明,辻敏夫,栗田雄一, 骨格筋電気刺激による重量感呈示 -視覚と振動刺激の影響-, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,pp.436-437,2014.9.19
  17. 大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一, 力覚重畳呈示を用いた腹腔鏡下手術用トレーニングシステム -モックアップ臓器の利用-, 第19回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,pp.513-514,2014.9.19
  18. 栗田雄一,佐藤純平,田中孝之,篠原稔,辻敏夫, 感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS, 第32回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2014AC2Q2-04,2014.9.5
  19. 松原 裕樹,松岡 玄樹,平野 博大,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生,辻 敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性を用いた電流パルス刺激に対する交感神経活動評価, 第53回日本生体医工学会大会プログラム抄録集,p.120,2014
  20. 松本 遼,高間 蓮成,伊藤 雅史,平野 博大,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫, オシロメトリック法に基づく血管内皮機能評価, 第53回日本生体医工学会大会プログラム抄録集,p.180,2014
  21. 栗田雄一,近藤雅也,辻敏夫, 筋負担度を考慮したインタフェースデザイン法の提案, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P1-H07(1)-(2),2014.5.28
  22. 氣比田晃士,辻敏夫,栗田雄一, 赤外線分光法を用いた複数指の指先印加力の推定, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-A07(1)-(3),2014.5.28
  23. 佐藤純平,田中孝之,篠原稔,辻敏夫,栗田雄一, 力知覚機能を向上させるウェアラブルスーツ, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P1-H05(1)-(3),2014.5.28
  24. 石川敬明,辻敏夫,栗田雄一, 電気刺激による重量感に対する視覚および振動刺激の影響, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-B05(1)-(2),2014.5.28
  25. 大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一, 力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-B07(1)-(2),2014.5.28
  26. 渡橋史典,芝軒太郎,栗田雄一,島谷康司,長谷川正哉,大塚彰,中村豪,本田雄一郎,陳隆明,辻敏夫, バーチャルリアリティを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-G01(1)-(2),2014.5.28
  27. 西川愼也,曽智,栗田雄一,辻敏夫, 連結型ロボットを用いた線虫(Caenorhabditis elegans)の化学走性実環境シミュレーション, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3A1-X08(1)-(4),2014.5.28
  28. 櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一, 手先筋活性度コンプライアンスの提案, 第58回システム制御情報学会講演論文集, pp.121-127, 2014.5.21
  29. 栗田雄一,櫻田浩平,辻敏夫, 筋活性度計算に基づく手先コンプライアンスの評価, 第19回ロボティクスシンポジア, pp.147-152, 2014.3.13-14

2013

  1. 清岡 雅弘,辻 敏夫,栗田 雄一, 力覚拡張呈示を用いたなぞり感呈示, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.684-685,2013.12.18-20
  2. 櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一, 筋骨格モデルを利用した手先筋活性度コンプライアンスの評価, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.1602-1603,2013.12.18-20
  3. 竹村和紘,山田直樹,新部忠幸,岸篤秀,西川一男,農沢隆秀,栗田雄一,辻敏夫, 人間の主観的な反力知覚モデルを用いた感性評価 −ステアリングホイール操作系への適用−, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp.105-106,2013.12.8
  4. 松原裕樹,松岡玄樹,福地智宏,平野博大,平野陽豊,栗田雄一,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, 対数線形化末梢血管粘弾性モデルを用いた電気刺激に対する自律神経活動評価, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp.74-75, 2013.12.8
  5. 松本遼,高間蓮成,伊藤雅史,平野博大,平野陽豊,栗田雄一,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, オシロメトリック法に基づく血管粘弾性の推定, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp.76-77, 2013.12.8 ( 優秀論文賞 受賞 )
  6. 中島翔太,右田涼,早志英朗,芝軒太郎,島圭介,島谷康司,栗田雄一,辻敏夫, General Movements評価のためのマーカレス新生児運動モニタリングシステム, 第46回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp.84-85, 2013.12.8
  7. 栗田雄一,末田大和,上田淳,辻敏夫, 確率共鳴現象を利用した触覚知覚感度の向上効果に関する考察, 電子情報通信学会技術報告, Vol.113, No.272, WIT2013-45, pp.13-16, 2013.10.26-27
  8. 平野陽豊,高間蓮成,栗田雄一,辻敏夫,鵜川貞二,高柳恒夫,森本陽香,中村隆治, 佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖 正生, ezFMDを利用した下肢血管内皮機能評価, 第36回日本高血圧学会総会プログラム抄録集,p.336,2013.10.24-26
  9. 氣比田晃士,辻敏夫,栗田雄一 接触面変化に基づく指先印加力推定とインタフェース応用, 日本バーチャルリアリティ学会大会2013講演論文集,pp.533-536,2013.9.18-20
  10. 栗田雄一,佐藤純平,辻敏夫,竹村和紘,山田直樹,岸篤秀,西川一男,農沢隆秀, 筋力推定に基づく力知覚の感覚量評価の試み, 日本人間工学会誌, Vol.49, pp.154-155, 2013.6.1-2
  11. 栗田雄一, 末田大和, 辻敏夫, 服部稔, 澤田紘幸, 惠木浩之, 大段秀樹, 竹村裕, 上田淳, 確率共鳴現象を利用した触覚知覚感度向上に関する研究−加算ネットワークモデルに基づく知覚向上効果の考察− 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 講演論文集,2A1-A14(1)-(4),2013.5.23-25
  12. 清岡雅弘, 永田和之, 辻敏夫, 栗田雄一, 補助物体の反力に力覚デバイスの仮想力を重畳する力覚拡張呈示に関する研究, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 講演論文集,1A1-E02(1)-(2),2013.5.23-25
  13. 氣比田晃士, 辻敏夫, 栗田雄一, ヘルツ接触理論に基づく画像情報のみを用いた指先印加力の推定, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 講演論文集,1A1-E01(1)-(2),2013.5.23-25
  14. 佐藤純平, 竹村和紘, 山田直樹, 岸篤秀, 西川一男, 農沢隆秀, 辻敏夫, 栗田雄一, 筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚特性に関する考察, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 講演論文集,1P1-N02(1)-(3),2013.5.23-25
  15. 栗田雄一,大塚絋之, 永田和之,辻敏夫, 補助物体の反力に力覚デバイスの仮想力を重畳する力覚拡張呈示に関する研究 −ゴムシートを利用した穿刺力覚の呈示−, 電子情報通信学会技術報告, HIP2012-74, pp.7-12, 2013.3.13-14

2012

  1. 末田 大和,服部 稔,澤田 紘幸,惠木浩之,大段 秀樹,竹村 裕,上田 淳,辻敏夫,栗田 雄一, 確率共鳴現象による知覚感度向上に関する考察, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.0325-0326,2012.
  2. 大塚 絋之,服部 稔,恵木 浩之,大段 秀樹,永田 和之,辻 敏夫,栗田 雄一, ゴムシートを利用した力覚の拡張現実感提示, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.1315-1317,2012.
  3. 右田 涼,菊池 亮太,芝軒 太郎,島 圭介,島谷 康司,栗田 雄一,辻 敏夫, 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.1695-1696,2012.
  4. 山田直樹,竹村和紘,岸篤秀,西川一男,農沢隆秀,田中良幸,栗田雄一,辻敏夫, 人間の反力知覚特性に関する実験的考察〜ステアリング操作への適用, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 102-103,2012.
  5. 松岡玄樹,伊藤雅史,平野博大,平野陽豊,栗田雄一,小島重行,小倉由美, 藤田悦則,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫, エアパック型体表脈波センサを利用した脈波変動解析, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 106-107,2012. ( 優秀論文賞 受賞 )
  6. 今儀潤一,山口裕希,芝軒太郎,島圭介,栗田雄一,辻敏夫, 未学習クラス推定ニューラルネットによる筋電義手制御, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 150-151,2012.
  7. 森本将斗,杉江研勇,芝軒太郎,島圭介,栗田雄一,辻敏夫, 音声信号を利用した環境制御装置Bio-Remoteの操作方式, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 152-153,2012.
  8. 櫻田浩平,佐藤純平,辻敏夫,栗田雄一, 筋骨格モデルと終点誤差を考慮した運動評価, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 154-155,2012.
  9. 間蓮成,木原大輔,平野陽豊,栗田雄一,森本陽香,高柳恒夫,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖正生,辻敏夫, enclosed zone Flow-Mediated Dilation(ezFMD)法を利用した下肢血管内皮機能の計測, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 160-161,2012.
  10. 成末充宏,田中良幸,栗田雄一,大坪智範,沖山浩,田中松広,西川一男,農沢隆秀,辻敏夫, 車両挙動に対する操縦負担の生体力学的評価, 第45回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 164-165,2012.
  11. 栗田雄一,佐々木桂一,辻敏夫, 筋骨格モデルを用いた筋力推定に基づくドア開閉の効率性評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 2A2-D02, 2012
  12. 栗田雄一,伊藤隆洋,池田篤俊,上田淳,高松淳,小笠原司, 筋骨格モデルと筋電計測に基づく上肢運動の運動評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 講演論文集,2A2-D03,2012
  13. 末田大和,栗田雄一,服部稔,徳永真和,惠木浩之,竹村裕,上田淳,辻敏夫, 確率共鳴現象を利用した指先知覚感度の向上, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1P1-C02, 2012 ( 若手優秀講演フェロー賞 受賞 )
  14. 田中良幸,中原裕貴,栗田雄一,辻敏夫,山田直樹,西川一男,農沢隆秀, 緊急回避支援機能を組み入れた上肢運動インピーダンス特性に基づくステアリング制御系, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1P1-D06, 2012
  15. 平野陽豊,小松雄亮,Abdugheni Kutluk,栗田雄一,小島重行,小倉由美,藤田悦則,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生 ,辻敏夫, 頚椎損傷患者用睡眠時バイタルサインモニタリングシステム―体表脈波センサを用いたAI値計測―, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1P1-M02, 2012
  16. 福地智宏,平野陽豊,栗田雄一,神鳥明彦,佐野佑子,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生 ,辻敏夫, 電磁誘導を利用した頸動脈波センサの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012講演論文集, 1P1-N03, 2012
  17. 中原 裕貴, 田中 良幸, 栗田 雄一, 辻 敏夫, 山田 直樹, 西川 一男, 農沢 隆秀, 上肢運動インピーダンス特性を考慮したステアリングアシストシステムの構築 日本機械学会中国四国支部第50期総会・講演会講演論文集, 818, 2012
  18. 大塚絋之,栗田雄一,永田和之,服部稔,徳永真和,惠木浩之,辻敏夫, 力覚重畳技術を利用した生体臓器の硬さ呈示, 第24回日本機械学会バイオエンジニアリング講演会講演論文集, 7D13,2012

2011

  1. 早志英朗,平松侑樹,芝軒太郎,島圭介,卜楠,栗田雄一,辻敏夫, 判別成分分析に基づく新しい次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 559-562, 2011
  2. 伊藤隆洋,栗田 雄一,池田篤俊,高松淳,小笠原司, 筋骨格モデルと表面筋電信号を用いた上肢到達運動における運動評価, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1159-1162, 2011
  3. 佐々木桂一,栗田 雄一,辻敏夫, 筋骨格モデルを利用した上肢到達運動の効率性評価, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1646-1649, 2011
  4. 丸元崇弘,植野岳,芝軒太郎,島圭介,栗田雄一,辻敏夫,神鳥明彦,佐古田三郎, 非定常リズム信号を生成可能なCPGシナジーモデルの提案と指タップ運動機能評価への応用, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 1673-1676, 2011
  5. 宮本 健太郎,来山 茂央,曽 智,平野 旭,栗田 雄一,辻 敏夫,滝口 昇,大竹 久夫, 小型魚類の水質汚染監視用バイオアッセイシステムの開発, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2389-2392, 2011
  6. 曽 智, 斉藤 牧紀, 辻 敏夫, 栗田 雄一, 滝口 昇, 大竹 久夫, ラット嗅球の神経活動パターンとヒトのニオイ感覚の比較, 日本味と匂学会第45回大会予稿集, pp.130-168, 2011 ( 日本味と匂学会論文賞 受賞 )
  7. 中村 隆治, 佐伯 昇, 河本 昌志, 吉栖 正生, 佐古田 三郎, 辻 敏夫, 血管粘弾性インデックスによる指タップ運動中の自律神経活動評価, 日本人間工学会中国・四国支部九州・沖縄支部合同開催支部大会講演論文集, pp. 28-29, 2011
  8. 伊藤 達也, 植野 岳, 芝軒 太郎, 島 圭介, 栗田 雄一, 辻 敏夫, 卜 楠, 次元圧縮型確率ニューラルネットを用いたブレイン・マシン・インタフェース, 日本人間工学会中国・四国支部九州・沖縄支部合同開催支部大会講演論文集, pp. 82-83, 2011
  9. 中村 豪, 村上 隆治, 芝軒 太郎, 島 圭介, 栗田 雄一, 辻 敏夫, 大塚 彰, 陳 隆明, Otto Bock筋電義手操作を目的としたバーチャルトレーニングシステム, 日本人間工学会中国・四国支部九州・沖縄支部合同開催支部大会講演論文集, pp. 84-85, 2011 ( 優秀論文賞 受賞 )
  10. 末田 大和, 栗田 雄一, 服部 稔, 徳永 真和, 惠木 浩之, 竹村 裕, 辻 敏夫, 確率共鳴現象による指先触知覚機能向上性の評価, 日本人間工学会中国・四国支部九州・沖縄支部合同開催支部大会講演論文集, pp. 112-113, 2011
  11. 栗田雄一, 大塚紘之,永田和之,池田篤俊,小笠原司, 生体組織の反力再現を目指した力覚の拡張現実感提示 第21回インテリジェント・システム・シンポジウム, 2B2-1, 2011
  12. 米澤 智, 栗田 雄一,池田篤俊,小笠原司, 指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦提示デバイス 第16 回ロボティクスシンポジア,6B4, March 14-15, 2011
  13. 寺岡 宏敏,池田 篤俊,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司 運動指令依存ノイズに着目した確率的Broadcast Feedback制御の到達運動への適用 情報処理学会第73回全国大会,3Q-8, March 2-4, 2011
  14. 五十嵐 勇太,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司 ハプティックARシステムの周波数応答特性による評価 情報処理学会第73回全国大会,3ZB-2, March 2-4, 2011

2010

  1. 栗田 雄一,米澤 智,池田 篤俊,小笠原 司, 指先接触面の滑り量制御による重量・摩擦提示デバイス 第28回日本ロボット学会学術講演会,AC3O1-2,2010.9.22-24
  2. 栗田 雄一,杉原 冬樹,小笠原 司,Timothy McPherson,Joshua Schultz,上田 淳, ピエゾスタックアクチュエータを利用したセンシング機能を有するロボットグリッパ 第28回日本ロボット学会学術講演会,AC2B1-6,2010.9.22-24
  3. 米澤 智,池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, 指先接触面の滑り制御による重さ錯覚デバイスの開発, ロボティクスメカトロニクス講演会2010(ROBOMEC2010), 1A1-B29, 2010.6.14-16
  4. 平澤 功太郎,丁 明,栗田 雄一,高松 淳,小笠原 司, ピンポイント筋力制御のための外力と動作の導出, ロボティクスメカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 1P1-E22, 2010.6.14-16
  5. 丁 明,栗田 雄一,上田 淳,高松 淳,小笠原 司, 複数のパワーアシスト装置を同時に用いたピンポイント筋力制御実験, ロボティクスメカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 2A1-D16, 2010.6.14-16
  6. 五十嵐 勇太,玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司, 液体に対する力覚重畳による特性変化と水流提示法の提案, ロボティクスメカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 1A1-B28, 2010.6.14-16
  7. 池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, 筋余裕推定に基づく製品の使いやすさ定量評価, 第15回ロボティクスシンポジア, pp.554-559, 2010.3.15-16
  8. 玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司, 実物体の反力応答を利用した力覚の拡張現実感提示, 第15回ロボティクスシンポジア, pp.291-296, 2010.3.15-16
  9. 丁 明,平澤 功太郎,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司, ピンポイント筋力制御:設定筋力を実現するための外力の計算方法の比較, 第15回ロボティクスシンポジア, pp.164-169, 2010.3.15-16

2009

  1. 向井 謙太,池田 篤俊,栗田 雄一,多田 充徳,前野 隆司,小笠原 司, 滑りと力の同時計測に基づく人の把持力制御のシステム同定, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 433-436, 2009.12.24-26
  2. 上田 悦子,竹村 憲太郎,竹内 善之,栗田 雄一,小笠原 司,秋元 加代子, 対話ロボット身振り生成のための古典舞踊動作解析, 第10回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 618-619, 2009.12.24-26
  3. 羽山 裕也,栗田 雄一,川原 知洋,岡島 正純,小笠原 司, 腹腔鏡下手術における鉗子操作の自動分類, 第18回コンピュータ外科学会大会, vol.11, No.3, pp.328--329, 2009.11.21-23
  4. 栗田 雄一,池田 篤俊,祖父江 厚志,小笠原 司, 音情報を用いたロボットハンドによるタスク達成判別および水量推定, 人工知能学会AIチャレンジ研究会, pp.50-55, 2009.11.19
  5. 栗田 雄一,祖父江 厚志,池田 篤俊,小笠原 司, グラスハープの音響特性を利用したはじき動作による水量推定, 第27回ロボット学会学術講演会, 1A3-04, 2009.9.15-17
  6. 平澤 功太郎,丁 明,栗田 雄一,小笠原 司, 姿勢と外力の影響を考慮したピンポイント筋力制御, 第27回ロボット学会学術講演会, 1C3-03, 2009.9.15-17
  7. 丁 明,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司, アシスト装置の自由度を考慮したピンポイント筋力制御, 第27回ロボット学会学術講演会, 1C3-04, 2009.9.15-17
  8. 玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,永田 和之,小笠原 司, 実物体に重畳する力覚の拡張現実感提示, 第14回バーチャルリアリティ学会大会論文集, 1A2-5, 2009.9.9-11
  9. 栗田 雄一,小野 泰寛,池田 篤俊,小笠原 司, 手首での着脱機構を持つ人間サイズの多指ロボットハンドの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2A2-B11, 2009.5.24-26
  10. 池田 篤俊,尾上 豪啓,栗田 雄一,小笠原 司, 主観的なつまみやすさ評価における姿勢の影響, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A1-M02, 2009.5.24-26
  11. 玉置 健,池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, レオロジーを利用した多リンクロボットの姿勢制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-E06, 2009.5.24-26
  12. 池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, 持ちやすさ定量評価のための腱張力センシング, 第14回ロボティクス・シンポジア, pp.405-410, 2009.3.16-17

2008

  1. 小野 泰寛,池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, 手首で着脱可能な多指ロボットハンドの開発, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2008講演論文集, pp.301-302, 2008.12 ( 優秀講演賞 受賞 )
  2. 栗山 真司,丁 明,栗田 雄一,上田 淳,高松 淳,小笠原 司, 柔軟センサを備えたMcKibben 型アクチュエータのオブザーバによる状態量推定, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2008講演論文集, pp.297-298, 2008.12
  3. 杉原 冬樹,栗田 雄一,上田 淳,高松 淳,小笠原 司, 変位拡大機構を備えたピエゾアクチュエータを用いたMRI 対応グリッパ, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2008講演論文集, pp.817-818, 2008.12
  4. 池田 篤俊,栗田 雄一,小笠原 司, つまみやすさの定量化に向けたロボットハンドによるピンチング計測 , 第26回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2008AC1E2-02, 2008.9
  5. 祖父江 厚志,池田 篤俊,栗田 雄一,高松 淳,小笠原 司, 音による作業タスク達成判別のためのマイクロフォングリッパ , 第26回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2008AC1K3-06, 2008.9
  6. 小笠原 司,高松 淳,栗田 雄一,竹村 憲太郎, 奈良先端科学技術大学院大学 小笠原研究室のRT , 第26回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2008AC3M1-07, 2008.9
  7. 末永 剛,玉井 康之,栗田 雄一,松本 吉央,小笠原 司, 実画像に基づく運動視差3次元ディスプレイ - システム概要と画像提示間隔の評価 - , ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, pp.713-718, 2008.9
  8. 末永 剛,玉井 康之,栗田 雄一,松本 吉央,小笠原 司, 実画像に基づく運動視差3次元ディスプレイ - マニピュレータを用いたオンライン映像提示システム -, ヒューマンインタフェースシンポジウム2008, pp.719-722, 2008.9
  9. 栗山 真司,丁 明,栗田 雄一,上田 淳,松本 吉央,小笠原 司, 柔軟センサを用いたMcKibben 型アクチュエータの軸方向変位の推定, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1A1-C04, 2008.6
  10. 杉原 冬樹,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司, ピエゾアクチュエータを用いたMRI 対応グリッパの開発, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1A1-C14, 2008.6
  11. 小林 純也,栗田 雄一,末永 剛,竹村 憲太郎,松本 吉央,小笠原 司, 位置情報を基にした組織内人物間の親密度の視覚化, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1A1-D17, 2008.6
  12. 倉木 大輔,栗田 雄一,上田 悦子,松本 吉央,小笠原 司, 歩行中の運動計測による身体異常状態推定, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1P1-I08, 2008.6
  13. 池田 篤俊,栗田 雄一,上田 淳,小笠原 司, つまみやすさの定量化に向けた人のピンチング計測, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1P1-A11, 2008.6
  14. 山本 和樹,上田 悦子,末永 剛,栗田 雄一,松本 吉央,小笠原 司, ピアノ演奏動作にみる人間らしい手指の動き, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 1P1-G22, 2008.6
  15. 河村 雅人,怡土 順一,栗田 雄一,松本 吉央,小笠原 司, ロボットによる情報提示を目指した関心発生源マップの作成, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 2P1-H03, 2008.6
  16. 荒木 天外,怡土 順一,竹村 憲太郎,栗田 雄一,松本 吉央,小笠原 司, 画像に基づくナビゲーションのための3次元環境地図の構築, ロボティクスメカトロニクス講演会'08講演論文集, 2P2-C15, 2008.6

特許

  1. 印加力推定方法、印加力推定プログラム、およびコンピュータ入力デバイス, 栗田雄一,辻敏夫,氣比田晃士, 特願2013-147781 on September 16 2013, 特許第6161157号 on June 23 2017.
  2. 触覚評価方法ならびに触覚評価システム, 栗田雄一,辻敏夫,荒川剛, 特願2016-135730 on July 8, 2016
  3. 筋電信号処理方法、装置およびプログラム, 辻敏夫, 栗田雄一,早志英朗,古居彬, 特願2015-241474 on December 10, 2015
  4. 補助スーツ, 田中孝之,栗田雄一, 特願2015-218662 on November 6, 2015
  5. 工業製品デザインシステム、方法、およびプログラム, 栗田雄一,辻敏夫,近藤雅也,岸下優介, 特願2014-033795 on Februray 25, 2014,国際特許出願JP201500721 on Feb.17,2015, 国際特許公開WO2015129198A1 on Sep.3,2015 (米国出願番号:15/246,282), 米国特許公開US-2016-0364503-A1 on Dec.15.2016
  6. 水質検査システムおよび魚類監視システム, 辻敏夫, 曽智, 栗田雄一,宮本健太郎, 特願2013-051916 on March 14, 2013
  7. 姿勢安定用の補助装置及び姿勢安定補助方法, 島圭介,島谷康司,杉江研勇,栗田雄一,河野隆二,辻敏夫, 特願2013-042345 on March 4, 2013
  8. 人体運動評価装置、方法、およびプログラム, 栗田雄一,辻敏夫,櫻田浩平, 特願2012-267838 on Dec. 7, 2012, 特開2014-113225 on June 26 2014,特許第5991532号 on August 26 2016
  9. 力覚提示システム, 栗田雄一,辻敏夫,大塚紘之,清岡雅弘,惠木浩之,大段秀樹,永田和之, 特願2012-262762 on 30 Nov. 2012, 特開2014-109818 on June 12 2014
  10. 感性・技能評価方法および評価システム, 栗田 雄一,池田 篤俊,小笠原 司, 特願2010-001597 on Jan. 6, 2010, 特開2011-141706 on Sep. 21 2011
  11. ロボットハンド, 栗田 雄一,池田 篤俊,小野 泰寛,小笠原 司, 特願2008-308303 on Dec. 3, 2008, 国際特許出願 JP200970312 on Dec. 3, 2009, 特許第5482664号 平成26年2月28日(奈良先端科学技術大学院大学)
  12. 非接触式眼圧計, 金子 真, 塚本 秀利,奥出 純平,栗田 雄一,三嶋 弘,小泉 浩, 特願2006-167630, 特開2007-330609 on Dec. 27, 2007
  13. ポインティングデバイス, 上田 淳, 小笠原 司,池田 篤俊,栗田 雄一, 特願2003-051530, 特開2004-259173 on Sep. 16, 2004

招待講演,ワークショップ講演等

  • [アウトリーチ] 2017.8.3 日本科学未来館サイエンティストクエスト「技術をまとって超人になろう! 」@日本科学未来館
  • [招待講義] 2017.6.26 京都大学 デザイン学大学院 デザイン構成論「UNDERSTANDING HUMAN'S PERCEPTION CHARACTERITICS AND APPLICATIONS TO HUMAN MACHINE INTERFACE / 人の知覚特性の理解とマンマシンインタフェースへの応用」(1コマ)@京都大学吉田キャンパス
  • [招待講演] 2017.6.22 広島キワニスクラブ例会講演「持続的な成長を促すための運動アシスト技術」@リーガロイヤルホテル広島
  • [講演] 2017.6.13 広島大学新技術説明会「身体性を考慮して感性的価値を高めるアシスト力設計技術」@JST東京本部別館
  • [招待講演] 2017.5.13 ImPACTプログラム合同ワークショップ ロボットイノベーションのためのヒューマン・インタフェース 「身体性を考慮したヒューマンインタフェースの評価と設計への応用」@ビックパレットふくしま
  • [オーガナイザ講演] 2016.12.17 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2016 超人スポーツフォーラム 「超人を実現するための人間機械インタラクションにおけるチャレンジ」@札幌コンベンションセンター
  • [招待講演] 2016.12.12 第7回 広島大学病院スポーツ医科学センター地域交流講演会「感覚/運動機能をアシストする工学技術」@広島大学病院
  • [招待講演] 2016.12.10 再生医療とリハビリテーション研究会 「低圧駆動人工筋を利用した運動アシスト」@東京工業大学
  • [Workshop organizer and talk] 2016.11.29 Design of Weight: How do we feel force, and how can we apply it to product design? (pre-conference workshop on AsiaHaptics2016) at Kashiwanoha Conference Center, Kashiwanoha, Chiba, Japan
  • [招待講演] 2016.10.5 ちゅうごく産業創造センターオリンピアン講演会「スーパーヒューマンは作れるか?」@ホテルセンチュリー21広島
  • [招待講演] 2016.9.16 第21回バーチャルリアリティ学会大会 OS:超人スポーツ 「超人化のための物理ヒューマンロボットインタラクションにおけるチャレンジ」@つくば国際会議場
  • [招待講演] 2016.9.12 ひろしま感性イノベーション推進協議会 平成28年度感性イノベーション講座「使いやすいを形にする力覚と触覚のインタフェース -人の計測/物性値の設計値への変換と取組事例- 」@広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター 生産技術アカデミー
  • [研究講演] 2016.8.26 デジタルヒューマン技術協議会「筋負担推定に基づくインタフェースレスポンスの設計手法」@産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター
  • [招待講義] 2016.6.27 京都大学 デザイン学大学院 デザイン構成論「Understanding human’s perception characteritics and Applications to motor/sensory asssistive devices / 人の知覚特性の理解と 運動/感覚アシストへの応用」(1コマ)@京都大学吉田キャンパス
  • [基調講演] 2016.6.23 新川電機セミナー展示会2016基調講演:「高齢化社会を楽しく変える運動アシスト技術」@広島県立産業会館
  • [招待講演] 2016.6.18 日本認知心理学会第14回大会 産学連携公開シンポジウム:感性イノベーション創出における認知心理学研究の貢献「主観は制御できるか?- 物理量と感覚量を繋げる工学技術 -」@広島大学東広島キャンパス
  • [招待講義] 2016.5.27 九州工業大学 生命体工学研究科 生命体工学セミナー「Understanding human's perception characteritics and Applications to motor/sensory asssistive devices : 人の知覚特性の理解と運動/感覚アシストへの応用」(2コマ)@九州工業大学若松キャンパス
  • [招待講演] 2016.1.28 (公財)ちゅうごく産業創造センター 2016年度ビジネスマッチング交流会 「筋肉を着るウェア:筋補助力のオーダーメイド設計手法の開発とウェアの試作」@広島グランドインテリジェントホテル
  • [招待講演] 2015.11.27 計測自動制御学会システムインテグレーション部門触覚部会触覚講習会「筋と力覚:人の感覚運動機能の理解と工学応用」@立命館大学びわこ・くさつキャンパス
  • [一般向け講演] 2015.11.21 広島の楽しい100人 「人の特性をデザインに活かすヒューマンモデリング」@広島市まちづくり市民交流プラザ
  • [招待講演] 2015.10.5 (公財)ちゅうごく産業創造センター 平成27年度第2回医療福祉機器技術事業化交流会 「トレーニング,リハビリ支援のための筋負担推定と可視化」@ホテルセンチュリー21広島
  • [Invited workshop talk] 2015.10.2 2nd workshop on The role of human sensorimotor control in surgical robotics (post-conference workshop on IROS2015), 「Wearable assistive devices that enhance sensorimotor capability of surgeons」 at Convention Center Hamburg, Hamburg, Germany
  • [招待講演] 2015.9.28 中国地区品質経営協会 市場創造と技術革新シンポジウム 「電動装置を使わない運動アシストウェアの開発 −高齢化社会を支える運動アシスト技術−」@広島商工会議所
  • [招待講演] 2015.9.5 第33回日本ロボット学会学術講演会 オープンフォーラム このロボットがすごい!2015「人の運動と感覚を拡張するアンプラグド・パワード・スーツ」@東京電機大学東京千住キャンパス
  • [招待講義] 2015.5.25 京都大学 デザイン学大学院 デザイン構成論「Human interface design based on human characteristics」(1コマ)@京都大学吉田キャンパス
  • [オーガナイザ講演] 平成27年3月25日 文部科学省大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業成果報告会 "感性"に訴えるデザインの最前線「知覚物理特性を考慮した触感・力感デザインへのチャレンジ」@ホテルグランヴィア広島
  • [招待講演] 2015.3.14 再生医療とリハビリテーション研究会「人の感覚・運動特性の理解に基づく作業支援機器の開発」@広島大学霞キャンパス
  • [Workshop talk] 2015.2.12 2015 India-HU Workshop for Sensing and Robotics 'HiSENS2015'「Human Interface for Embodied Reality」at Indian Institute of Technology (IIT) in Delhi, Delhi, India
  • [Invited workshop talk] 2014.12.14 2014 International Workshop on Human Assistive Systems Based on Human Modeling in Tokyo「Human Assistive System for Improving Sensorimotor Performance 」 at Korakuen Campus, Chuo University, Tokyo, Japan
  • [オーガナイザ講演] 2014.11.26 第1回イノベカフェ〜アイデアを形に〜「"使いやすい"を形にする」@広島市中区ポートインク
  • [Seminar talk] 2014.10.1 Seminar on human sensorimotor control in Applied Physiology Department「Toward the next-generation of human interface: understanding human perception characteristics and their applications」 at Department of Applied Physiology, Georgia Institute of Technology, USA
  • [招待講演] 2014.9.16 精密工学会秋季大会関連事業 元気の出る新技術講演会「ヒューマンモデリング技術に基づく使いやすさの定量化」@鳥取大学鳥取キャンパス
  • [招待講演] 2014.8.29 デジタルヒューマン技術協議会「主観的な感覚はデザインできるか 〜運動・知覚のヒューマンモデリングと工学的応用〜」@産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター
  • [招待講演] 2014.8.27 信州大学 人を支える知能ロボティクス・メカトロニクス技術講演会「心地よいアシストを実現するための人の感覚運動特性モデリング」@信州大学上田キャンパス
  • [招待講演] 2014.7.4 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門東北地区特別講演会:ロボティクスによる人間支援最新技術「人を賢くサポートするためのコンピュテーショナルヒューマンモデリング」@東北大学青葉山キャンパス
  • [招待講義] 2014.7.1 京都大学デザイン学大学院連携プログラム内講義(デザインと認知)「人の主観的感覚の設計可能性」@京都大学吉田キャンパス
  • [Invited workshop talk] 2014.6.1 IEEE ICRA 2014 Workshop on Human Modeling and Control for Assistive Technologies 「Computational Modeling of Subjective Force Sensation for Assisting Human Activity」@Hong Kong Convention and Exhibition Centre, HongKong
  • [招待講演] 2014.3.31 文部科学省大学等シーズ・ニーズ創出強化支援事業(イノベーション対話促進プログラム)感性×ひろしま環境に調和した感性社会の実現プロジェクト事業報告会「工学研究者から見た対話イノベーションの可能性」@グランヴィア広島
  • [オーガナイザ講演] 2014.3.20 2014 International Workshop on Human Modeling in Hiroshima「Human Modeling for Enhancing QoL」@メルパルク広島 (ワークショップメインオーガナイザ,パネルディスカッションファシリテータ)
  • [招待講演] 2014.2.12 ひろしま産業振興機構研究室訪問事業「人の触覚・力覚機能を考慮したインタフェースとユーザビリティ可視化」@広島大学東広島キャンパス
  • [招待講義] 2014.1.15 横浜国立大学電気電子情報工学コロキウム I,II「人の運動感覚の可視化と制御〜人を賢くサポートする機械を作るために〜」@横浜国立大学
  • [Invited workshop talk] 2013.11.3 IEEE IROS 2013 Workshop on Healthcare Robotics and Wearable Systems 「Fingertip Haptics: Weight and Friction Display and Sensorimotor Enhancer」@東京ビッグサイト
  • [招待講演] 2013.10.17 広島大学新技術説明会2013 in 広島 「確率共鳴現象を利用した人の触感覚をより鋭敏にするデバイス」@ホテル広島ガーデンパレス
  • [オーガナイザ講演] 2013.10.11 広島大学産学官連携推進研究協力会事業講演会 感性がつなぐロボットと人の未来 「人を賢くサポートする機械のためのヒューマンモデリング技術」@ホテル広島ガーデンパレス
  • [招待講演] 2013.9.10 JST−広島大学新技術説明会「医療用シミュレータに低コストで力覚呈示機能を付与する手法」@大阪
  • [招待講演] 2013.7.10 第10回軽労化研究会「運動・知覚特性の観点から人をサポートする機器の設計可能性」@札幌市愛生舘サロン
  • [Invited talk] 2013.6.27 International Workshop on Human Modeling and Enhancement 2013 「Human motion and perception analysis based on a musculoskeletal model」@東京理科大学野田キャンパス
  • [招待講演] 2013.5.10 JST−広島大学新技術説明会「ヒューマンモデリング技術による製品ユーザビリティ評価」@JST東京本部別館ホール
  • [招待講演] 2013.2.15 中国地域国立大学法人5大学イチ押しビジネス交流会 in Osaka 「デジタルヒューマン技術よる製品ユーザビリティ評価」@大阪駅前第三ビル関西本部交流室
  • [招待講演] 2012.7.13 鹿児島大学先端ロボティクス講演会「触力覚モデリングと医療応用」 @鹿児島大学工学部稲盛会館ホール
  • [招待講演] 2012.6.20 「人間とノイズ:運動生成におけるノイズの影響と触覚知覚におけるノイズの活用」 平成24年度日本神経回路学会時限研究会「次世代情報処理における揺らぎと確率2」@理化学研究所脳科学総合研究センター



| 論文誌(英語) | 論文誌(日本語) | 本・解説・速報・その他 | 国際会議 | 国内会議 | 特許 | 講演 |