ニュース

トピックス

2004年08月01日

平成16年度21世紀COEプログラムにプロジェクトメンバーとして選ばれました.
分野:革新的な学術分野

プログラム名称:超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界

機関名(主たる専攻名):広島大学 工学研究科複雑システム工学専攻

拠点リーダー名: 金子 真

以下の研究発表を行いました.

FPGA Implementation of a Probabilistic Neural Network for a Bioelectric Human Interface
Nan Bu, Taiji Hamamoto, Toshio Tsuji and Osamu Fukuda

The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems, Vol. III, pp.29-32,
Hiroshima, July 2004.

LMI Based Neurocontroller for Output-Feedback Guaranteed Cost Control of Discrete-Time Uncertain System
Yasuhisa Ishii, Hiroaki Mukaidani, Yoshiyuki Tanaka, Nan Bu, Toshio Tsuji

The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems, Vol. III, pp.141-144,
Hiroshima, July 2004.

Analog-Circuit-Component Optimization with Genetic Algorithm

Kazuhiro Takemura, Tetsushi Koide, Hans Juergen Mattausch, Toshio Tsuji

The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems, Vol. I, pp.489-492,

Hiroshima, July 2004.

2004年07月13日

以下のプロジェクトが採択されました.

平成16年度,平成17年度次世代ロボット実用化プロジェクト プロトタイプ開発支援事業
「超学習機能を有するバリアフリーロボットインタフェースシステムの研究開発」
研究実施期間:平成16年5月25日 〜平成18年3月20日
研究実施機関:広島大学
研究メンバー:産総研,マクロデータ,追坂電子機器

2004年07月06日

以下の研究発表を行いました.

Motion Simulation with a C. elegans Model for Touch Stimuli

Michiyo Suzuki, Toshio Tsuji, Noboru Takiguchi, and Hisao Ohtake

East Asia C. elegans Meeting Program and Abstracts,

index 144, June-July, 2004, Awaji Island.

2004年06月29日

以下の賞を受賞しました.

辻 敏夫:日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞 (2004)

以下の論文が掲載されました.

EMG信号を利用した食事支援マニピュレータの制御
福田 修,辻村 好司,辻 敏夫,大塚 彰

医科器械学, 第4巻, 第5号, pp.229-237.

Brain Activation during Manipulation of the Myoelectric Prosthetic Hand: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study,

Masaharu Maruishi, Yoshiyuki Takana, Hiroyuki Muranaka, Toshio Tsuji, Yoshiaki Ozawa, Satoshi Imaizumi, Makoto Miyatani, and Junichiro Kawahara

Journal of NeuroImage, Vol.21, No.4, pp. 1604-16011, 2004.

以下の論文の掲載が決定しました.

Modulations of Input Properties of Corticospinal tract neurons by repetitive dynamic index finger abductions,
Susumu Yahagi, Yusaku Takeda, Zhen Ni, Makoto Takahashi, Toshio Tsuji, Tomoyoshi Komiyama, Masaharu Maruishi, Hiroyuki Muranaka, and Tatuya Kasai,
Experimental Brain Research (in press).

EMG信号を利用した代用発声システム
福田 修,藤田 真治,辻 敏夫
電子情報通信学会論文誌 (in press)

On-line Learning of Virtual Impedance Parameters in Non-contact Impedance Control Using Neural Networks,

Toshio Tsuji, Mutsuhiro Terauchi, and Yoshiyuki Takana

IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics-Part B: Cybernetics (Technical correspondance), 2004 (in press).

以下の研究発表を行いました.

Manipulability Analysis of Lower Extremities Based on Human Joint-Torque Characteristics

Yoshiyuki Tanaka, Naoki Yamada, Ichiro Masamori, and Toshio Tsuji

Proceedings of the 2nd International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions,
June, Italy, pp. 261-266, 2004.

DEVELOPMENT OF A DIAGNOSIS SUPPORT SYSTEM ON VASCULAR CONDITIONS USING A PROBABILISTIC NEURAL NETWORK,

Akira Sakane, Toshio Tsuji, Yoshiyuki Tanaka, Noboru Saeki, and Masashi Kawamoto,

Proceedings of the 2nd International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions,

June, Italy, pp. 107-112, 2004.

Impedance simulator: Analysis of Human Hand Impedance Characteristics

Y.Takeda, Y.Tanaka, T.Tsuji

Proceeding of the 2nd International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions,
June, Italy, pp. 237-247, 2004.

筋電位信号を利用したウェアラブルポインティングデバイス

荻野裕貴, 有田潤, 福田修, 辻敏夫

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演論文集,1A1-H-69. pp1-2. 2004.

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演概要集,p.12

機械インピーダンスを用いたネックインジャリー解析ツールの開発

武田雄策, 田中良幸, 辻敏夫, 竹島透, 楠原哲郎, 川島義仁

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演論文集,1A1-H-14. pp1-2. 2004.

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演概要集,p.18

ゾウリムシの走化性メカニズムに基づいた移動ロボットの制御

平野旭,鈴木芳代,辻敏夫,滝口昇,大竹久夫

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演論文集,1A1-L1-23. pp1-2. 2004.

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演概要集,p.36

C. elegansの神経回路モデルに基づく運動シミュレーション

鈴木芳代,辻敏夫,滝口昇,大竹久夫

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演論文集,1A1-L1-24. pp1-2. 2004.

ロボティクス・メカトロニクス講演会’04講演概要集,p.37

以下の論文が採択されました.

FPGA Implementation of a Probabilistic Neural Network for a Bioelectric Human Interface
Nan Bu, Taiji Hamamoto, Toshio Tsuji and Osamu Fukuda

The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems,
Hiroshima, July 2004.

LMI Based Neurocontroller for Output-Feedback Guaranteed Cost Control of Discrete-Time Uncertain System
Yasuhisa Ishii, Hiroaki Mukaidani, Yoshiyuki Tanaka, Nan Bu, Toshio Tsuji

The 2004 IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems,
Hiroshima, July 2004.

A Virtual Prosthetic Hand Using EMG Signals for fMRI Measurements,

Yoshiyuki Tanaka, Satoshi Noda, Toshio Tsuji, Masaharu Maruishi, Osamu Fukuda

The 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems,

Sendai, October 2004

Realtime Monitoring of Vascular Conditions Using a Probabilistic Neural Network,

Akira Sakane, Toshio Tsuji, Yoshiyuki Tanaka, Kenji Shiba, Noboru Saeki, and Masashi Kawamoto,

Proceedings of the International Symposium on Neural Networks,

August, China, 2004.

Unsupervised Learning for Hierarchical Clustering Using Statistical Infomation ,

Masaru Okamoto, Nan Bu, Toshio Tsuji,

Proceedings of the International Symposium on Neural Networks,

August, China, 2004.

On-line Learning of Robot Arm Impedance Using Neural Networks,

Yoshiyuki TANAKA, and Toshio TSUJI

Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,

Shenyang, China, August 2004.

Multivariate Pattern Classification based on Local Discriminant Component

Analysis,

Nan BU and Toshio TSUJI

Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,

Shenyang, China, August 2004.

A Motor Control Model of the Nematode C. elegans,

Michiyo Suzuki, Takeshi Goto, Toshio Tsuji, and Hisao Ohtake

Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,

Shenyang, China, August 2004.

A Neck Injury Analyzer Tool Based on Mechanical Impedance,

Y.Takeda, Y.Tanaka, T.Tsuji, T.Takeshima, T.Kusuhara, Y.Kawashima

Proceedings of the 2004 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,

Shenyang, China, August 2004.

2004年05月31日

金子真教授との共同研究で以下の賞を受賞しました.

Finalist for Best Conference Paper Award
in 2003 IEEE International Conference on Roboitcs and
Automation(2004)

Bio-Remoteの記事が以下の新聞に掲載されました.
デーリー東北
愛媛新聞
河北新報
岐阜新聞
京都新聞
山形新聞
山口新聞
鹿児島新聞
新潟日報
徳島新聞
八重山毎日新聞
北日本新聞

2004年05月21日

平野,竹村,濱本の3名が以下の学会賞を受賞しま した.

平野旭
平成15年度電子情報通信学会中国支部奨励賞 (2004)
平成15年度情報処理学会中国支部奨励賞 (2004)

竹村和浩
平成15年度電子情報通信学会中国支部奨励賞 (2004)

濱本泰治
平成15年度電子情報通信学会中国支部奨励賞 (2004)

2004年05月13日

IEEE 2003 King-Sun Fu Memorial Best
Transactions Paper Award を受賞しました.

以下の論文が掲載されました.
Discrimination of Vascular Conditions Using a Probabilistic
Neural Network,
Akira Sakane, Toshio Tsuji, Noboru Saeki, and Masashi
Kawamoto,
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 16, No. 2,
pp.138-145, 2004.

2004年05月06日

研究生の黎原が研究室に配属されました.

2004年04月24日

新4年生13名が研究室に配属されました.

以下の論文の掲載が決定されました.

A Design of Neural-Net Based PID Controllers
with Evolutionary Computation
Michiyo SUZUKI,Toru YAMAMOTO, Toshio TSUJI
the IEICE Trans. Fundamentals, 2004

2004年04月06日

坂根彰が広島大学学生表彰を受け,4/3(土)の入学式で表彰されました.

2004年04月01日

本研究室に助教授として柴建次先生が着任されました.

韓国からの留学生Park Jonghin(バク・ジョンイン)さん(学部1年生)が研究室のメンバーに加わりました.

坂根彰が広島大学学生表彰を受けることになりました.
4/3(土)の入学式で表彰される予定です.

以下の論文の掲載が決定されました.

生体関節トルク特性を考慮した下肢操作特性の解析
田中 良幸, 山田 直樹,正守 一郎,辻 敏夫
計測自動制御学会誌, Vol. 40, No. 6, 2004.

EMG信号を利用した全方位型ポインティングデバイス
福田 修,有田 潤,辻 敏夫
電子情報通信学会論文誌

非接触インピーダンスのオンライン学習と接触作業への応用
寺内 睦博, 石井 靖久, 卜 楠, 辻 敏夫
日本機械学会論文集

2004年03月18日

以下の論文が掲載されました.

振動数識別型複数触覚センサ
金子真,佐嶋俊彦,辻敏夫
日本機械学会論文集 C, 69巻, 678号, pp. 120-126, 2003.

以下の発表を行いました.

Touching Stomach by Air
Makoto Kanako, Tomohiro Kawahara, Satoshi Matsunaga,
Toshio Tsuji and Shinji Tanaka
IEEE Proceeding of International Conference on Robotics
and Automation, pp. 644-669, 2003

以下の特許を出願,公開しました.

・生体信号を利用したリモートコントローラ
・ドア操作性評価のためのシミュレーション装置、シミュレーション方法及び制御プログラム

2004年03月03日

論文の掲載が決定しました.

EMG信号を利用した食事支援マニピュレータの制御
福田 修,辻村 好司,辻 敏夫,大塚 彰
医科器械学

2004年02月25日

卒業制作を追加しました.

2004年02月16日

社会福祉法人 障害者自立情報センターのホームページでBIO-REMOTEが紹介されました.
記事へのリンク

2004年02月12日

共同研究者の梅津大輔君(筑波大学)が卒業制作発表会で最優秀卒業研究賞を受賞しました.
筑波大学芸術専門学群デザイン専攻の卒展は、2月17日(火)から22日(日)まで,茨城県つくば市のつくば美術館で行なわれます.
卒業制作へのリンク
筑波大学芸術専門学群卒業制作展へのリンク

また,韓国のデザイン系大学3校、日本6校の学生が合同で卒業制作を展示する日韓デザイン系学生合同卒業制作展 -円展-が,2月21日(土)~23日(月)カッシ-ナ(渋谷区恵比寿2-20-7 CIXビル)で行われます.

2004年01月27日

船曳晶彦が第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会で計測自動制御学会中国支部奨励賞を受賞しました.

2003年12月22日

以下の発表を行いました.
EMG信号を利用した双腕マニピュレータシステム
辻村好司, 福田修, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1D2-1, pp.99-100.
2003.

Bio-Remoteを利用した食事支援システム
下森智, 三戸田直志, 福田修, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1D2-2, pp.101-102.
2003.

EMG信号を利用した代用発声システム
有田潤, 福田修, 大塚彰, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1D2-3, pp.103-104.
2003.

生体信号を用いたアミューズメントインタフェースの開発 アミューズメントバリアフリープロジェクト
追坂則弘, 内田康弘, 小田誠記, 合田武弘, 甲山員司, 福田修, 大塚彰, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1D2-4, pp.105-106.
2003.

ウェアラブルコンピュータを指向したEMG制御型ポインティングデバイス
荻野裕貴, 有田潤, 福田修, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1D2-5, pp.107-108.
2003.

トイレ便座を利用する心電図・脈波計測システム
大賀誠, 倉本丈久, 辻敏夫
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1G2-2, pp.209-210.
2003.

動脈壁インピーダンスのセンシング
坂根彰, 辻敏夫, 佐伯昇, 河本昌志
第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会概要集, 1G4-4, pp.237-238.
2003.

2003年12月2日

11月19日の広島大学リエゾンフェア2003 in 呉に出展しました.

以下の論文が掲載されました.
Excitability Changes of Motor Evoked Potentials Dependent on Muscle Properties and Contraction Modes
Susumu Yahagi, Zen Ni, Makoto Takahashi, Yusaku Takeda, Toshio Tsuji, and Tatsuya Kasai
Motor Control, Vol.7, No.4, pp.323-345, 2003.

以下の発表を行いました.
DSP装置を用いた仮想スポーツシステムの開発
山下裕之,坪田広明,田中良幸,辻敏夫
第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.210-211. 2003.

非接触インピーダンス制御によるロボットマニピュレータの接触作業
坂口誠史郎,石井靖久,卜楠,辻敏夫,寺内睦博
第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.130-131. 2003.

筋電位信号を利用したマニピュレータのテレオペレーション
斉藤佑司,辻村好司,辻敏夫,福田修
第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.54-55. 2003.

fMRI環境下における生体運動計測システムの開発
今岡宣普,田中良幸,辻敏夫,福田修
第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.48-49. 2003.

シェイプセンサを利用したバリアインタフェースの開発
船曳晶彦,下森智,辻敏夫,福田修
第 12 回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,pp.46-47. 2003.

2003年11月19日

坂根彰がVirginiaで開催されたThe 29th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON2003)でBest Presentation Awardを受賞しました.

以下の発表を行いました.

Development of Universal Interface: BIO-REMOTE
Daisuke UMETSU, Toshio TSUJI, Osamu FUKUDA,Naoshi MITODA, Yasuhiro UCHIDA
第6回アジアデザイン国際会議, 2003.

Task Readiness Impedance in Human Arm Movements for Virtual Ball-Catching Task
Yoshiyuki Tanaka, Toshio Tsuji, and Makoto Kaneko
Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics
Society, pp. 478-483, 2003, November, USA.

Estimating Arterial Wall Impedance using a Plethysmogram
Akira Sakane, Toshio Tsuji, Yoshiyuki Tanaka, Noboru Saeki, and Masashi Kawamoto
Proceedings of the 29th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society,pp. 580-585, 2003, November, USA.

An Objective Function for Pattern Classification using Mutual Information Maximization
Nan Bu, Masaru Okamoto, Toshio Tsuji and Osamu Fukuda
第 6 回情報論的学習理論ワークショップ予稿集,pp.253-258. 2003.

統計情報に基づく階層クラスタリング
岡本勝, ト楠, 辻敏夫
第 6 回情報論的学習理論ワークショップ予稿集,pp.259-264. 2003.

2003年10月28日

コンピュ-タ&ネットワ-クEXPO’03広島」に出展しました(三戸田さん&生体信号解析グループ).
EXPO’03広島へのリンクはこちらです.

生体信号解析グループの義手ロボット等がNNKローカルの「お好みワイド広島」で取り上げられました.

2003年10月07日

大塚先生が日本義肢装具学会の最高の賞である飯田賞を受賞されました.
中国新聞に記事が掲載されています.

以下の発表を行いました.

ニューラルネットを利用した血管壁インピーダンスのパターン識別
坂根彰,辻敏夫,佐伯昇,川本昌志
第 24 回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2003 講演予稿集, pp.151-154. 2A2-3. 2003.

上肢関節トルク特性を考慮した手先力操作法の解析
田中良幸,高野大作,辻敏夫,山田直樹,正守一郎
第 24 回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2003 講演予稿集, pp.41-44. 1A2-3. 2003.

人間の上肢インピーダンス解析ツールの開発
武田雄策,田中良幸,辻敏夫
第 24 回バイオメカニズム学術講演会 SOBIM2003 講演予稿集, pp.37-40. 1A2-2. 2003.

10月22日
コンピュ-タ&ネットワ-クEXPO’03広島」に出展予定です(三戸田さん&生体信号解析グループ).
EXPO’03広島へのリンクはこちらです.

以下の発表を行いました.

遺伝的プログラミングを高速実行する専用コンピュータシステム
竹村和浩,濱本泰治,藤原一成,若林真一,小出哲士,辻敏夫
平成 15 年度電気・情報関連学会中国支部第 54 回連合大会 講演論文集, pp.433-434. 2003.

自己組織化マップを用いたヒューリスティックパターン識別法
岡本勝,卜楠,辻敏夫,保坂幸男
平成 15 年度電気・情報関連学会中国支部第 54 回連合大会 講演論文集, pp.492-493. 2003.

膜電位変化に着目したゾウリムシの走化性シミュレーション
平野旭,辻敏夫,大竹久夫,滝口昇
平成 15 年度電気・情報関連学会中国支部第 54 回連合大会 講演論文集, pp.523-524. 2003.

FPGAによる確率ニューラルネットの実現
濱本泰治,卜楠,辻敏夫,福田修
平成 15 年度電気・情報関連学会中国支部第 54 回連合大会 講演論文集, pp.540-541. 2003.

2003年10月03日

以下の解説記事が掲載されました.
バーチャルバクテリアの運動制御
辻敏夫
計測と制御 ,第42巻, 第9号, pp.729-734, 2003.

NTTドコモのFOMAカード発売に関連して,バイオリモートに関する記事が
電波新聞に掲載されました.

2003年09月12日

以下の論文が掲載されました.
・Nan Bu, Osamu Fukuda, and Toshio Tsuji,
"EMG-Based Motion Discrimination Using a Novel
Recurrent Neural Network,"
Journal of Intelligent Information Systems, Vol.21,
No.2, pp.113-126, 2003.

2003年07月08日

公募情報です.
教官公募(助教授1名)
詳しい情報はこちらをご覧ください.
http://mandala.msl.sys.hiroshima-u.ac.jp/acs/seitai.html

学会賞を受賞しました.
日本医科器械学会平成15年度論文賞(大塚彰,辻敏夫,福田修)

プロジェクトが採択されました.
平成15年度 広島県立大学重点研究事業(先端的学術研究事業)
「起立性低血圧(いわゆる「立ちくらみ」)に対する自律神経機能失調の関与につい ての研究」
研究代表者:福場良之(広島女子大)
メンバー:三浦 朗,遠藤雅子(広島女子大),辻 敏夫,小林敏生(広島大)

7月15日
特許を出願しました.
日本国特許出願 2003-173965
ポインティングデバイス
福田修,辻敏夫
2003年6月18日出願

7月23日
次の活動を予定しています

8/1(金)
バーベキューパーティ
9/6(土),7(日)
ゼミ旅行(蒜山高原)

7月31日
以下の論文を国際学会で発表しました.

An EMG-controlled omnidirectional pointing device using a HMM-based neural network
Osamu Fukuda, Jun Arita, and Toshio Tsuji
Proceedings of the IEEE International Joint Conference on Neural Networks,
pp. 3195-3200, 2003, July, Portland.

MMI-based training for a probabilistic neural network
Nan Bu, Toshio Tsuji, and Osamu Fukuda
Proceedings of the IEEE International
Joint Conference on Neural Networks, pp. 2661-2666, 2003, July, Portland.

A Virtual Training Sports System for Measuring Human Hand Impedance
Proceedings of the 2003 IEEE/ASME International
Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2003), Vol.2, 914-919, 2003.
Yusaku Takeda, Yoshiyuki Tanaka, Toshio Tsuji

2003年06月11日

論文が掲載されました.

A Human-Assisting Manipulator Teleoperated by EMG Signals and Arm Motions
Osamu Fukuda, Toshio Tsuji, Makoto Kaneko and Akira Otsuka
IEEE Transactions on Robotics and Automation, Vol.19, No.2, pp.210-222, April 2003.

6月17日
国際会議情報です.
” The 2nd International Symposium on Measurement, Analysis and Modeling of Human Functions”
日程:2004 年 6 月 14-16 日
場所:イタリア共和国,ジェノバ
国際会議ホームページへのリンク
CFP(PDF)

2003年05月29日

特許を出願しました.
日本国特許出願 2003-133024
生体信号を利用した人工発声装置及び方法
福田修,辻敏夫
2003年5月12日出願

Robomech2003で以下の賞を受賞しました.
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 Robomech2003
ベストプレゼンテーション表彰
表彰対象「人間のインピーダンス知覚能力の解析」

2003年05月14日

特許を出願しました.
日本国特許出願 2003-115686
生体信号を利用したfMRI環境用仮想運動装置及び方法並びにプログラム
福田修,辻敏夫,田中良幸,丸石正治
2003年4月21日出願

2003年05月01日

卒業生のXuさんが舞鶴高専の教授として赴任 されました.
舞鶴工業高等専門学校電子制御工学科・天野 耀鴻(Amano Yoko)
(日本に帰化されました)f

2003年04月15日

論文が掲載されました.
A Recurrent Log-linearized Gaussian Mixture Network
Toshio Tsuji, Nan Bu, Makoto Kaneko, Osamu Fukuda
IEEE Transactions on Neural Networks, Vol.14, No.2,
pp.304-316, March 2003.

2003年04月08日

論文が掲載されました.
(1) Bio-Mimetic Trajectory Generation of Robots via
Artificial Potential Field with Time Base Generator
T. Tsuji, Y. Tanaka, P.G.Morasso, V.Sanguineti, and
M. Kaneko
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics-Part
C: Applications and Reviews, Vol.32, No.4, pp.426-439,
November 2002.
(2) Modeling Heart Rate Variability with a HMM-based
Neural Network
O.Fukuda, Y.Nagata, K.Homma, and T. Tsuji
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.14, No.6,
pp.625-632, 2002.

バイオリモートが日本医学会総会「すこやかメッセ2003」(4/2-8,福岡ドーム)
に出展
すこやかメッセ2003ホームページ

2003年03月25日

論文が掲載されました.
(1) Biomimetic Trajectory Generation
Based on Human Movements with a nonholonomic constraint
T. Tsuji, Y. Tanaka and M. Kaneko
IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics-Part
A: Systems and Humans, Vol.32, No.6, pp.773-779, November
2002 (Technical correspondence).

(2) Development of A Five-Finger Prosthetic
Hand Using Ultrasonic Motors Controlled by Two EMG Signals
M. Ohga, M. Takeda, A. Matsuba, A. Koike, and T. Tsuji
Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.14, No.6,
pp.565-572, 2002.

大塚先生の論文が医科器械学会平成14年度論文賞を受賞することになりました.
「ヒトの運動解析に基づく義手に関する研究 -能動・装飾義手ハンドの開発-
大塚彰, 辻 敏夫, 坂和正敏, 福田修
医科器械学, Vol. 72, No. 5, pp.220-227, 2002. 」

加藤先生が博士号(博士(学術))を取得されました.

バイオリモートを日本医学会総会「すこやかメッセ2003」(4/2-8,福岡ドーム)
に出展しました.
すこやかメッセ2003ホームページ
当日の写真です.
福岡ドーム会場入り口バイオリモートブース

2003年02月19日

バイオリモートをスプラウト2003 in 中国 に出展しました.
スプラウト2003
in 中国

2003年01月29日

論文が掲載されました.
Further Insights into Post-exercise Effects on H-Reflexes
and Motor Evoked Potentials of the Flexor Carpi Radialis
Muscles
Takashi Kato, Yusaku Takeda, Toshio Tsuji, and Tatsuya
Kasai
Motor Control, Vol.7, No.1, pp.82-99, 2003.