ニュース

トピックス

2017年07月31日

■以下の研究課題が広島大学疫学研究倫理審査委員会において承認されました.

許可番号: 第E-1172-2号
研究期間: 平成29年5月25日 – 平成30年 6月30日 (変更前承認日平成28年4月21日)
研究課題名: 人工心肺の圧・流量特性を用いた血液粘度推定方法の開発と評価
研究責任者名: 高橋秀暢

許可番号: 第E-840号
研究期間: 平成29年7月13日 – 平成35年12月31日(承認日平成29年7月13日)
研究科題名:筋電義手および筋電義手操作のための訓練・評価装置の開発
研究責任者名: 辻 敏夫

■以下の委員に就任しました.

The 2017 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2017), Macau, China, Dec. 5 – Dec. 8, 2017, Program Committee, member
(2017.7-2017.12)

■以下の国際会議発表を行いました.

Design and development of a PAM-enabled wrist assist glove
Swagata Das, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA) 2017 Workshop on Advances and challenges on the development, testing and assessment of assistive and rehabilitation robots: Experiences from engineering and human science research, Singapore, May 29, 2017.

Evaluation of Unplugged powered suit with pneumatic gel muscles
Chetan Thakur, Yuichi Kurita, Kazunori Ogawa, Tomohiro Ikeda and Toshio Tsuji
Augmented Human, Article# a23, Mountain View, CA, USA, March 16-18, 2017.

2017年07月24日

■以下の論文が採録決定になりました.

A Virtual Myoelectric Prosthesis Training System Capable of Providing Instructions on Hand Operations
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Akito Masuda, Futoshi Mizobe, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
International Journal of Advanced Robotic Systems (IJARS) (Accepted) (SCI, IF=0.987)

■以下の国際会議論文を発表しました.

Variance Distribution Analysis of Surface EMG Signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
Proceedings of 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17), pp.2514-2517, Jeju Island, Korea, July 11-15, 2017.

■以下の特許を取得しました.

47. 日本国特許出願 2013-147781,特開2015-21747,特許第6161157号
印加力推定方法、印加力推定プログラム、およびコンピュータ入力デバイス
栗田 雄一,辻 敏夫,氣比田 晃士
2013年7月16日出願,2015年2月2日公開,2017年6月23日登録

2017年07月17日

■ 以下の委員を退任しました.

Editorial Advisory Board Member, The Open Cybernetics and Systemics Journal, Bentham Science Publishers
(2007-2017)

■ 以下の委員に就任しました.

The 2017 2nd International Conference on Biological Sciences and Technology (BST2017), Zhuhai, China, November 17th-19th, 2017, Technical Program committee, member
(2017.6-2017.12)

2017年07月03日

■以下の論文が掲載されました.

286. An artificial EMG generation model based on signal-dependent noise and related application to motion classification
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Go Nakamura, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
PLOS ONE, 12(6): e0180112, DOI:10.1371/journal.pone.0180112, Jun 2017 (SCI, IF=2.806)
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0180112

■以下の特許を出願しました.

日本国特許出願 2017-122886
咳嗽能力評価装置、咳嗽能力評価システム、咳嗽能力評価方法及びプログラム
馬屋原 康高, 曽 智,大塚 彰,辻 敏夫
22017年6月23日出願

2017年06月26日

■以下の論文が掲載されました.
287. Continuous Blood Viscosity Monitoring System for Cardiopulmonary Bypass Applications
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol.64, No.7, pp. 1503 – 1512, DOI:10.1109/TBME.2016.2610968, JULY 2017 (SCI, IF=3.577)
http://ieeexplore.ieee.org/document/7571181/?arnumber=7571181&source=authoralert

■以下の論文が掲載決定になりました.
A Human Reaching Movement Model for Myoelectric Prosthesis Control
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichiro Honda, Akito Masuda, Futoshi Mizobe, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol. 4, No. 1 (June 2017), pp. 22-27, 2017 (SCI, in press).

Obstacle Avoidance Method for Electric Wheelchairs Based on a Multi-Layered Non-Contact Impedance Model
Haruna Kokubo, Taro Shibaniki,Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol. 4, No. 1 (June 2017), pp. 45?48, 2017 (SCI, in press).

A Voice Signal-Based Manipulation Method for the Bio-Remote Environment Control System Based on Candidate Word Discriminations
Taro Shibanoki, Go Nakamura, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Journal of Robotics, Networking and Artificial Life, Vol. 4, No. 1 (June 2017), pp. 87?90, 2017 (SCI, in press).

■以下の招待講演を行いました.
指尖血管剛性は代用特性となり得るか?
辻 敏夫
精神的価値が成長する感性イノベーション拠点平成29年年度サイトビジット
2017年6月16日 広島大学霞キャンパス広仁会館

2017年06月19日

■以下の論文がacceptになりました.
An Artificial EMG Generation Model Based on Signal-dependent Noise and Related Application to Motion Classification
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Go Nakamura, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
PLOS ONE (Accepted) (SCI, IF=3.057)

■以下の国際会議がacceptになりました.
HUVETS: Hiroshima University Virtual EMG Training System for myoelectric hand control with evaluation of motor skills and fatigue in users
Masanobu Kittaka, Akira Furui, and Toshio Tsuji
Global Student Innovation Challenge for Assistive Technology (gSIC-AT), The 11th International Convention on Rehabilitation Engineering and Assistive Technology (i-CREATe2017), 2017 (Accepted)

2017年06月12日

■以下の国際会議発表論文がacceptになりました.

Virtual Restoration of Down-sampled EMG Signals Using a Stochastic Model
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Takaei Kihara, Takahiro Konishi, Yusuke Yoshida, Yuichi Kurida, and Toshio Tsuji
11th International Convention on Rehabilitation Engineering and Assistive Technology (i-CREATe2017)
Kobe International Conference Center, Kobe, Aug 22-24, 2017 (Accepted)

2017年05月29日

■以下の国内学会発表を行いました.
街歩き体験を可視化するための地面インタラクションセンシング
飯倉 隆寛,北 雄介,中小路 久美代,辻 敏夫,栗田 雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2, 1P2-O05, 2017年5月

透明擬似指を利用した接触面変化計測システム
静野大樹, 荒川剛, 辻敏夫, 栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2,pp.59,2017年5月

改造ラジコンとAR技術を用いた油圧ショベルのバーチャル操縦体験システム
関塚良太,笠原拓也,小岩井一茂,辻敏夫,栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2, 1P2-B06, 2017年5月

空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツのアシストゲイン設計に関する考察
常安孝輔,大野歩,福田克幸,小川和徳,辻敏夫,栗田雄一
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集, No.17-2,2P2-J04,2017年5月

2017年05月22日

■広島大学疫学研究倫理審査委員会において,以下の研究課題が承認されました.

第E-17-2号
平成29年4月19日-平成32年3月31日
ヒト疼痛度客観評価システムの開発
辻 敏夫
第E疫-725-2号
平成29年4月19日-平成30年3月31日
官能検査によるニオイ感覚データベースの構築
辻 敏夫
第E疫-1150-2号
平成29年4月19日-平成32年3月31日
児の行動データベースの構築
辻 敏夫

■以下の委員に就任しました.
国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業(地域産学バリュープログラム)専門委員
(2017.6.1-2019.3.31)

2017年05月15日

■以下の記事が掲載されました.
常識の先をゆく広大イノベーション
HU-plus (広島大学広報誌), 03, pp. 005-008, April, 2017

■以下の番組が放送されました.
学生応援チャンネルSHANI-MUに! [広島大学 身体の電気で、モノが動く]
RCCテレビ 2017年5月6日

■以下の委員に就任しました.
2017 IEEE International Conference on Information and Automation (IEEE ICIA 2017),
Macau SAR, China, on July 18-20, 2017, Program committee, member
(2017.4-2017.12)

The International Conference on Medicine Sciences and Bioengineering (ICMSB2017),
Chengdu, China, November 17-19, 2017, Technical Program committee, member
(2017.5-2017.12)

2017年05月08日

■RCCテレビ「学生応援チャンネルSHANI-MUに!」に本研究室の筋電グループの活動が取り上げられました.
放送は5月5日(金)27時03分〜(3分間)の予定です.お楽しみに!

■筋電グループの共同研究者をしていただいている陳 隆明先生が,社会福祉法人兵庫県立社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター所長に就任されました.
福祉のまちづくり研究所長,ロボットリハビリテーションセンター長も兼任されます.陳先生,おめでとうございます!
陳 隆明
社会福祉法人兵庫県立社会福祉事業団 兵庫県立総合リハビリテーションセンター所長
福祉のまちづくり研究所長
ロボットリハビリテーションセンター長

■卒業生の島 圭介先生(横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授)が2016年度(平成28年度)日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました.
島先生,おめでとうございます!
島 圭介
2016年度(平成28年度)日本機械学会奨励賞(研究)(2017)
受賞対象:
「人間支援のための生体信号解析技術とヒューマンインタフェースに関する研究」

■以下の国内学会発表を行いました.
血管粘弾性変化率によりオシロメトリック式血管内皮機能評価法ezFMDの識別能力は向上するか?
田中敬士,平野陽豊,曽智,栗田雄一,鵜川貞二,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,東幸仁,吉栖正生,辻敏夫
第2回日本血管不全学会学術集会抄録集,一般演題3血管機能3 pp.36,2017年4月.

2017年05月01日

■広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センターの更新が承認されました.

現在のプロジェクト:
平成29~31年度 広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センター
センター長: 辻 敏夫
研究実施機関
広島大学大学院工学研究科,広島大学大学院医歯薬保健学研究科,広島大学病院
https://www.hiroshima-u.ac.jp/prc/center_list/procen_hyperhumantech

過去のプロジェクト:
平成15~28年度 広島大学ハイパーヒューマンテクノロジープロジェクト研究センター
センター長: 辻 敏夫
研究実施機関
広島大学大学院工学研究院,広島大学大学院医歯薬保健学研究院,広島大学病院
設置期間:2003年04月01日~2017年03月31日
https://www.hiroshima-u.ac.jp/prc/center_list/procen_hyperhumantech

■以下の論文が掲載決定になりました.

Unpowered sensorimotor-enhancing suit reduces muscle activation and improves force perception
Yuichi Kurita, Jumpei Sato, Takayuki Tanaka, Minoru Shinohara, and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Human-Machine Systems (Accepted) (SCI, IF=1.8)

■以下の国際会議論文がアクセプトされました.

Variance Distribution Analysis of Surface EMG Signals Based on Marginal Maximum Likelihood Estimation
Akira Furui, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17), Jeju Island, Korea, July 11-15, 2017 (Accepted)

2017年04月24日

■以下の委員に就任しました.
Toshio Tsuji
International Organizing Committee of International Symposium on Artificial Life and Robotics, member
(2011-2017.3)

Toshio Tsuji
Symposium on Machine Learning and Metaheuristics Techniques and Applications for Dependable Distributed Systems (MADS’17), November 6-10, 2017, Orlando, Florida, USA, Technical program committee, member
(2017.4-2017.12)
http://www.iiitmk.ac.in/mads-symposium/

■以下の委員を退任しました.
Toshio Tsuji
Editorial Board Member, Journal of Robotics, Hindawi Publishing Corporation
(2008.9-2017.3)

2017年04月16日

■以下の論文が掲載されました.
274. A novel blood viscosity estimation method based on pressure-flow characteristics of an oxygenator during cardiopulmonary bypass
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Hideshi Itoh, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
Artificial Organs, Vol.41, No.3, pp.262 – 275 (Thoughts & Progress), 2017 (SCI, IF=1.993).

■以下の特許を出願しました.
日本国特許出願 2017- 30739
脳血流状態判定方法及びその装置
岡本 宜久, 竹村 和紘,吉田 敏宏,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,辻 敏夫, 笹岡 貴史,曽 智,山脇 成人
2017年2月22日出願

 

2017年04月10日

■平成28年度広島大学工学部第二類卒業証書・大学院学位記授与式において,卒業生代表の答辞を水口 翔太君が行いました.

昨年度,卒業生代表をつとめた村田 拓也君に続いて2年連続の答辞担当は,本研究室にとっても初めての栄誉です!水口君,ごくろうさまでした!

■広島大学疫学研究倫理審査委員会において,以下の研究課題が承認されました.

許可番号・許可日: 第E-721号 平成29年3月21日
研究期間: 平成29年3月21日 – 平成36年 3月31日(解析期間等含む)
(研究対象者選定期間:承認後~2022年3月)
研究課題名: 頸動脈プラーク動画像解析に基づくJellyfish sign検出システム研究・その2
研究責任者: 栗栖 薫

■以下の招待講演を行いました.

生体のしくみに学ぶものづくり -生体メカニズムと自動車技術のマッチング-
辻 敏夫
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 進化適応型自動車運転支援システム「ドライバ・イン・ザ・ループ」研究拠点形成
第6回シンポジウム講演予稿集, pp.83-105, 2017.
2017年3月28日 同志社大学 京田辺校地 恵道館

2017年03月20日

■平成28年度広島大学工学部・工学研究科学生表彰にB4の橘高 允伸君(システム工学課程),水口 翔太君(電気電子工学課程)が選ばれました.

同時に2名のB4が受賞するのは,生体システム論研究室にとっても初の快挙です!表彰式は3月15日に工学研究科大会議室で行われる予定です.おめでとうございます.

■以下の論文が掲載されました.

279. Surgical Grasping Forceps with Enhanced Sensorimotor Capability via the Stochastic Resonance Effect
Yuichi Kurita, Yamato Sueda, Takaaki Ishikawa, Minoru Hattori, Hiroyuki Sawada, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Jun Ueda, and Toshio Tsuji
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, Volume: 21, Issue: 6, pp. 2624 – 2634, DOI: 10.1109/TMECH.2016.2591591, Dec. 2016 (SCI, IF=3.851)

■以下の委員に就任しました.

2017 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2017), Takamatsu, Japan, August 6-9, 2017, Program committee member
(2017.2-8)

2017年02月22日

■計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016)で発表した以下の論文がSI2016優秀講演賞を受賞しました.(菅野 亮太君は芝軒先生が指導している茨城大学の学生さんです.)

誤認識を利用した代用発声システム
菅野 亮太,芝軒 太郎,中村 豪,陳 隆明,辻 敏夫
第17回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016),pp. 2105-2106,2016年12月

■2015年度卒業生の松原 祐樹君(現 富士通)が計測自動制御学会学術奨励賞に内定しました.

松原 祐樹
計測自動制御学会学術奨励賞 (2017)

■以下の委員に就任しました.

Fifth International Symposium on Intelligent Informatics (ISI’17) co-located with the sixth IEEE International Conference on Advances in Computing,
Communications and Informatics (ICACCI’17), Manipal, India, September 13-16, 2017, Technical program committee, member
(2017.2-10)

2017年02月13日

■以下の見学会を開催しました.

尾道北高校訪問研修見学会
広島大学生体システム論研究室 2017年2月3日

2017年02月06日

■以下の国際会議論文を発表しました.

281. A Human Reaching Movement Model for Myoelectric Prosthesis Control
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichiro Honda, Akito Masuda, Futoshi Mizobe, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017), pp.90-95, Miyazaki, January 19-22, 2016.

■以下の研究課題が広島大学疫学研究倫理審査委員会によって承認されました.

研究課題名:脳神経疾患の病変部位と高次脳機能・神経心理学的・運動学的検査所見との関連性に関する研究
許可番号・許可日:第E-466号 平成28年8月22日
研究期間:平成28年8月22日〜平成35年3月31日
研究責任者:栗栖 薫

■以下の委員に就任しました.

曽 智
計測自動制御学会2017-18年度代議員
(平成29年1月-平成31年1月)
計測自動制御学会中国支部平成29年度支部奨励賞・技術賞選考小委員会,委員
(平成29年1月-平成30年1月)
計測自動制御学会中国支部運営委員会,運営委員
(平成29年1年-平成31年1月)

2017年01月30日

■以下の論文が掲載決定になりました.

Ischemic Stroke after Carotid Artery Stenting can be predicted by Proximal Calcification and Jellyfish Sign
Nobuhiko Ichinose, Seiji Hama, Toshio Tsuji, Zu Soh, Hideaki Hayashi, Yoshihiro Kiura, Shigeyuki Sakamoto, Takahito Okazaki, Daizo Ishii, Katsuhiro Shinagawa, and Kaoru Kurisu
Journal of Neurosurgery (Accepted) (SCI, IF=3.443)

■以下の国際会議論文を発表しました.

Obstacle Avoidance Method for Electric Wheelchairs Based on a Multi-Layered Non-Contact Impedance Model
Haruna Kokubo, Taro Shibaniki,Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017), pp.460-463, Segaia Convention Center, Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017.

A Voice Signal-Based Manipulation Method for the Bio-Remote Environment Control System Based on Candidate Word Discriminations
Taro Shibanoki, Go Nakamura, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017), pp.464-467, Segaia Convention Center, Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017.

Force and Motion Analysis of larval zebrafish (Danio rerio) using a body dynamics model
Naohisa Mukaidani, Zu Soh, Shinichi Higashijima and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017), pp.494-501, Segaia Convention Center, Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017.

An Estimation Method for Environmental Friction Based on Body Dynamic Model of Caenorhabditis elegans
Zu Soh, Michiyo Suzuki and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017), pp.511-519, Segaia Convention Center, Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017.

■以下の国内学会発表を行いました.

誤認識を利用した代用発声システム
菅野亮太,芝軒太郎,中村豪,陳隆明,辻敏夫
第17回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016),pp. 2105-2106,2016

2017年01月22日

■以下の論文が掲載されました.

A Variance Distribution Model of Surface EMG Signals Based on Inverse Gamma Distribution
Hideaki Hayashi, Akira Furui, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Biomedical Engineering (Accepted) (SCI, IF=2.468)

■以下の委員に就任しました.

2017 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2017), July 3-7, 2017 in Munich, Germany, Technical program committee, an Associate Editor (Contributed Papers)
(2017.1-2017.12)

2017年01月16日

■D3の岡原 重幸さん,中村 豪君が平成28年度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」 成績優秀学生に選ばれました.平成29年1月20日に表彰状授与式が行われる予定です.おめでとうございます!

岡原 重幸,中村 豪
広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ 平成28年度成績優秀学生(2017)

■以下の論文が掲載されました.

282. A Mathematical Model of the Olfactory Bulb for the Selective Adaptation Mechanism in the Rodent Olfactory Systema
Zu Soh, Shinya Nishikawa, Yuichi Kurita, Noboru Takiguchi, and Toshio Tsuji
PLoS ONE, 11(12): e0165230. doi:10.1371/journal.pone.0165230, 2016 (SCI, IF=3.54).

283. Endothelial Function Assessed by Automatic Measurement of Enclosed Zone Flow-mediated Vasodilation Using an Oscillometric Method Is an Independent Predictor of Cardiovascular Events
Haruka Morimoto, Masato Kajikawa, Nozomu Oda, Naomi Idei, Harutoyo Hirano, Eisuke Hida, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Yoshiki Aibara, Takayuki Hidaka,
Yasuki Kihara, Kazuaki Chayama, Chikara Goto, Kensuke Noma, Ayumu Nakashima, Teiji Ukawa, Toshio Tsuji, and Yukihito Higashi
Journal of the American Heart Association (JAHA), 5(12). pii: e004385. doi: 10.1161/JAHA.116.004385., 2016 Dec 21 (SCI, IF=5.117).

■以下の招待講演を行いました.

脳活動及び血管剛性を指標とした痛覚の可視化の研究進捗
辻 敏夫
平成28年度感性COI拠点三拠点合同成果報告会
2016年12月27日 ホテルグランヴィア広島

2016年12月28日

■以下の論文がacceptされました.

Endothelial Function Assessed by Automatic Measurement of Enclosed Zone Flow-mediated Vasodilation Using an Oscillometric Method Is an Independent Predictor of Cardiovascular Events
Haruka Morimoto, Masato Kajikawa, Nozomu Oda, Naomi Idei, Harutoyo Hirano, Eisuke Hida, Tatsuya Maruhashi, Yumiko Iwamoto, Shinji Kishimoto, Shogo Matsui, Yoshiki Aibara,
Takayuki Hidaka, Yasuki Kihara, Kazuaki Chayama, Chikara Goto, Kensuke Noma, Ayumu Nakashima, Teiji Ukawa, Toshio Tsuji, and Yukihito Higashi
Journal of the American Heart Association (JAHA) (accepted) (SCI, IF=5.117).

■以下の国際会議発表を行いました.

Unplugged powered suit with pneumatic gel muscles
Chetan Thakur, Kazunori Ogawa, Toshio Tsuj, and Yuichi Kurita
AsiaHaptics2016, 22A-3, 2016.11.28-12.1

■以下の国際会議論文がacceptされました.

A Human Reaching Movement Model for Myoelectric Prosthesis Control
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Yuichiro Honda, Futoshi Mizobe, Akito Masuda, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB 2017), Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017 (Accepted)

A Voice Signal-Based Manipulation Method for the Bio-Remote Environment Control System Based on Candidate Word Discriminations
Taro Shibanoki, Go Nakamura, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB 2017), Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017 (Accepted)

Obstacle Avoidance Method for Electric Wheelchairs Based on a Multi-Layered Non-Contact Impedance Model
Haruna Kokubo, Taro Shibanoki, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB 2017), Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017 (Accepted)

An Estimation Method for Environmental Friction Based on Body Dynamic Model of Caenorhabditis elegans
Zu Soh, Michiyo Suzuki and Toshio Tsuji
The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB 2017), Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017 (Accepted)

Force and Motion Analysis of larval zebrafish (Danio rerio) using a body dynamics model
Naohisa Mukaidani, Zu Soh, Shinichi Higashijima and Toshio Tsuji
The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB 2017), Miyazaki, Japan, January 19-22, 2017 (Accepted)

■以下の米国特許を取得しました.

41. U. S. Patent Application No. 13/712,104, Publication No. US-2013-0158419-A1. Patent No.9,445,727 B2
Apparatus for Evaluating Vascular Endothelial Function
Toshio Tsuji, Masao Yoshizumi, Yukihito Higashi, Masashi Kawamoto, Hideo Ozawa, Teiji Ukawa, Tsuneo Takayanagi, Haruka Morimoto, Ryosuke Kubo
Application Date: Dec. 12, 2012, Publication Date:Jun. 20, 2013, Issue Date: Sep. 20, 2016

■以下の学会発表を行いました.

体表脈波を用いた自覚なき疲労の簡易推定法
堀川正博, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 金子成彦, 吉栖正生
第49回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.16-17, 2016.

運転技能と運転中の疲労の進行度合に関する研究
内川竜一, 松岡玄樹, 小倉由美, 藤田悦則, 上村晴美, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦
第49回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.18-19, 2016.

土工機械向けの薄型サスペンション機構の開発
小島重行, 増野将大, 小倉由美, 藤田悦則, 辻 敏夫, 金子成彦
第49回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.24-25, 2016.

面談による職業運転手の事故低減効果
−体表脈波を用いた検証−
落合直輝, 富田章代, 小倉由美, 藤田悦則, 村田幸治, 亀井勉, 辻敏夫, 吉栖正生, 金子成彦
第49回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.22-23, 2016.

指先接触面の変化による感性評価への影響の考察
荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一
第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016), pp.64-67, 2016.

ステアリング操舵における筋活動度推定に基づいた力知覚量設計手法の提案
岸下優介,竹村和紘,山田直樹,原利宏,岸篤秀,西川一男,農沢隆秀,辻敏夫,栗田雄一
第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016), pp.69-71, 2016.

■広島大学疫学研究倫理審査委員会において,以下の研究課題が承認されました.

【許可番号・許可日】
第E-1172-1号 平成28年4月21日
【研究課題名】
人工心肺の圧・流量特性を用いた血液粘度推定方法の開発と評価
【研究責任者】
高橋秀暢
【研究期間】
平成27年3月31日 – 平成29年 6月30日
(変更前承認日平成27年3月31日)

【許可番号・許可日】
第E-585号 平成28年11月14日
【研究課題名】
頸動脈プラーク動画像解析に基づくJellyfish sign検出システム研究
【研究責任者】
栗栖 薫
【研究期間】
平成28年11月14日 – 平成35年 3月31日(解析期間等含む)
(研究対象者選定期間:2000年4月〜2021年7月)

2016年12月27日

■以下の記事が掲載されました.

障がい者支援アクセシビリティ:工学からのアプローチ
第46回中国四国大学保健管理研究集会報告書,pp.19-23, 公益社団法人全国大学保健管理協会中国四国地方部会, 2016.

■以下の委員に就任しました.

Toshio Tsuji:
International Conference on Computer Vision Systems 2017 (ICVS 2017), late August 2017, Shenzhen, China, Program committee, member
(2016.11-2017.9)

2017 International Conference on Mechanical Design and Control Engineering (MDCE2017), December 15 – 17, 2017, Shanghai, China, Technical program committee, member
(2016.11-2017.12)

■以下の特許が登録されました.

39. 日本国特許出願 2012-262762,特開2014-109818,特許第6032669号
力覚提示システム
栗田 雄一,辻 敏夫,大塚 紘之,清岡 雅弘,惠木 浩之,大段 秀樹,永田 和之
2012年11月30日出願,2014年6月12日公開,2016年11月4日登録

■以下の招待講演を行いました.

確率モデルに基づくニューラルネットワークの設計と生体信号識別への応用
早志 英朗
電子情報通信学会九州支部 一般講演会「最適化および機械学習によるバイオメディカル・インフォマティクス」
2016年11月28日 九州大学 伊都キャンパス

2016年12月08日

■以下の国内講演会に参加しました.

動画像解析に基づく乳幼児ハイハイ動作の経時的発達評価
川嶋 克明, 船曳 康子, 小川 詩乃, 尾倉 侑也, 早志 英朗, 曽 智, 栗田 雄一, 志波 泰子, 森 裕紀, 島谷 康司, 最上 晴太, 小西 行郎, 辻 敏夫
日本発達神経科学学会第5回学術集会, p.28, 2016年11月.

新生児General Movements評価支援システムの精度検証
木下 直樹, 川嶋 克明, 尾倉 侑也, 早志 英朗, 曽 智, 芝軒 太郎, 森 裕紀, 島谷 康司, 栗田 雄一, 辻 敏夫
日本発達神経科学学会第5回学術集会, p.57, 2016年11月.

確率ニューラルネットを用いた体調急変予測法の提案
延川 智範,有國 文也,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊,藤田 悦則,金子 成彦,吉栖 正生,辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1C-2 pp.32-33,2016年11月.

加圧測定方式自動血圧計を利用した非駆血収縮期血圧推定法
稲葉 知彦, 田中 敬士, 有國 文也, 曽 智, 栗田 雄一 , 平野 陽豊, 鵜川 貞二, 中村 隆治, 佐伯 昇, 河本 昌志, 吉栖 正生, 辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1C-4 pp.36-37,2016年11月.

オシロメトリック法を利用した非侵襲血管粘性計測に基づく動脈硬化ハイリスク群のスクリーニング
田中 敬士,三戸 景永,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1C-3 pp.34-35,2016年11月.

脈拍触診が可能な電磁誘導型簡易連続血圧計の開発
萩山 直紀 , 三戸 景永, 栗田 雄一, 平野 陽豊, 神鳥 明彦, 佐野 佑子, 張 裕華, 中村 隆治, 佐伯 昇, 河本 昌志, 吉栖 正生, 辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1C-5 pp.38-39,2016年11月.

3Dプリンタを利用した5指駆動型筋電義手の開発とバイオミメティック制御の導入
江藤 慎太郎,早志 英朗,中村 豪,栗田 雄一,陳 隆明,辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,2C-4 pp.130-131,2016年11月.

信号強度依存ノイズを利用したリアルタイム人工筋電位信号生成法の提案と無線通信への応用
古居 彬, 江藤 慎太郎, 早志 英朗, 木原 高栄, 小西 隆寛, 吉田 友祐, 栗田 雄一, 辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,2D-6 pp.148-149,2016年11月.

筋電義手トレーニングへの応用を目的とした没入型VR環境下における人間のリーチング運動の解析
橘高 允伸, 古居 彬, 江藤 慎太郎, 中村 豪, 早志 英朗, 栗田 雄一, 陳 隆明, 辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,2C-3 pp.128-129, 2016年11月.

腹腔鏡手術における全天球画像の有効性の検証
笠原 拓也,服部 稔,向井 正一朗,惠木 浩之,大段 秀樹,辻 敏夫,栗田 雄一
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1D-3 pp.48-49,2016年11月.

透明疑似指を利用した触感テクスチャ評価装置の開発
静野 大樹, 荒川 剛, 辻 敏夫, 栗田 雄一
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,2D-1 pp.138-139,2016年11月.

バーチャルリアリティを用いた油圧ショベルの操作トレーニングシステム
関塚 良太,笠原 拓也,小岩井 一茂,辻 敏夫,栗田 雄一
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1D-2, 2016年11月.

空気圧ゴム人工筋を利用した建設作業支援スーツ
常安 孝輔, 大野 歩, 福田 克幸, 小川 和徳, 佐々木 大輔, 辻 敏夫, 栗田 雄一
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,1D-1 pp.44-45,2016年11月.

小型魚類の呼吸波を用いたオンラインカメラレス遊泳運動計測システムの開発
松野 一輝, 曽 智, 吉田 将之, 平野 旭, 栗田 雄一, 辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,2D-2 pp.140-141,2016年11月.

2016年11月16日

■以下の展示会に参加しました.

国際フロンティア産業メッセ2016 健康・医療特別展示
健康・医療特別展示(G7保健大臣会合展示会)
(兵庫県リハビリテーションセンターとの共同出展)
神戸国際展示場 2016年9月8-11日

■以下の記事が掲載されました.

「G7神戸保健相会合を前にフェア iPSなど紹介」
(義手の訓練システムを体験する女性参加者)
神戸新聞 2016年9月8日
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201609/0009468209.shtml

■以下の招待講演を行いました.

放射線応答解析に向けた線虫の数理モデル構築の試み
曽 智,坂本 一馬,鈴木 芳代,辻 敏夫
日本放射線影響学会第59回大会
2016年10月27日 JMSアステールプラザ

2016年10月31日

■以下の特許が登録されました.

37. 日本国特許出願 2011-276925, 特許公開 2013-126487, 特許第5960981号
血管内皮機能評価装置
辻 敏夫,吉栖 正生,東 幸仁,河本 昌志,小澤 秀夫,鵜川 貞二,高柳 恒夫,森本 陽香,久保 諒祐
2011年12月19日出願, 2013年6月27日公開, 2016年7月1日登録

■以下の委員に就任しました(辻 敏夫).

3rd Annual International Conference on Mechanics and Mechanical Engineering (MME 2016), December 16 – December 18, 2016 in Sichuan, Chengdu, China, Technical program committee, member
(2016.7-12)

International Conference on Biological, Pharmacy and Pharmaceutical Engineering (BPPE2016), Wuhan, China, December 17th-18th, 2016, Technical program committee, member
(2016.8-12)

2017 International Conference on Medical science and human health (MSHH2017), May 19th-21th, 2017 in Suzhou, China, Technical program committee, member
(2016.9-2017.6)

第22回ロボティクス・シンポジア プログラム委員会委員
(平成28年9月-29年3月)

2016年10月19日

■日本学術振興会特別研究員等審査会における第一次選考の結果,博士研究員の早志英朗君が平成29年度特別研究員(PD)に,
M2の岸下優介君が特別研究員(DC1)に内定しました.二人とも成績上位につき面接を免除して採用されることになり,素晴らしいと思います.おめでとう!!

■以下の論文が掲載決定になりました.

A Mathematical Model of the Olfactory Bulb for the Selective Adaptation Mechanism in the Rodent Olfactory System
Zu Soh, Shinya Nishikawa, Yuichi Kurita, Noboru Takiguchi, and Toshio Tsuji
PLOS ONE (in press)

■以下の特許が公開されました.

49. 日本国特許出願 2014-181813,特許公開 2016-54814
脈波測定装置、自律神経活動評価装置、コンピュータプログラム及び記録媒体
辻 敏夫, 吉栖 正生, 平野 陽豊, 平野 博大, 松岡 玄樹, 藤田 悦則, 小倉 由美, 小島 重行
2014年9月7日出願, 2016年4月21日公開

■以下の招待講演を行いました.

障がい者支援アクセシビリティ:工学からのアプローチ
辻 敏夫
第46回中国四国大学保健管理研究集会
2016年8月26日 ホテル広島ガーデンパレス

2016年10月17日

■以下の国際会議論文を発表しました.

272. Blood Viscosity Monitoring During Cardiopulmonary Bypass Based on
Pressure-Flow Characteristics of a Newtonian fluid
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
Proceedings of 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’16), pp. 2331-2334, Orlando, FL, USA, August 16th-20th, 2016.

273. Prediction of posture-dependent tremor by the calculation of the endpoint compliance
Takuya Murata, Kouhei Sakurada, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita
Proceedings of 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’16), pp.2169-pp.2172, Orlando, Florida, U.S.A., August 16th?20th, 2016.

274. A High-fidelity Virtual Training System for Myoelectric Prostheses Using an Immersive HMD
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Futoshi Mizobe, Akito Masuda, Yuichiro Honda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Proceedings of 10th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2016), PP5.2, Thailand, July 25-28, 2016.

275. Computational prediction of subjective sense of force based on muscle activation estimation
Yusuke Kishishita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
The 7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, Orlando, Florida, U.S.A., July 27?31, Advances in Physical Ergonomics and Human Factors, Advances in Intelligent Systems and Computing 489, pp.687-694, 2016.

276. Evaluation of unloading effect of muscle activation depending on the attachment positions of a muscle assistive cloth
Kazunori Ogawa, Keita Takahashi, Akihito Kadowaki, Kouji Shimatani, Masaya Hasegawa, Tosho Tsuji, and Yuichi Kurita
7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics Orlando, Florida, U.S.A., July 27?31, Advances in Physical Ergonomics and Human Factors, Applied Human Factors and Ergonomics, Abstract pp.1631, 2016.

Development of an Earlobe Crease Identification System to Support Diagnosis of Arteriosclerosis
Harutoyo Hirano, Ryosuke Katsumata, Masato Futagawa, Toshio Tsuji, Shinji Kishimoto, Nozomu Oda, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, Yukihito Higashi
The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, pp. 2374-2377, Orlando, FL, USA, 2016.

Abstract PR620: New Arterial Mechanical Property Indicator Can Reflect Differences in Invasive Stimulus Intensity Induced By Alteration of Remifentanil Concentration During Laryngoscopy
Kensuke Yanabe, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Sukhdorj Elbegzaya, Abdugheni Kutluk, Hiroki Hirano, Harutoyo Hirano, Masao Yoshizumi, Toshio Tsuji, and Masashi Kawamoto
Anesthesia & Analgesia, Volume 123 – Issue 3S_Suppl – p 793?794, doi: 10.1213/01.ane.0000492999.99405.4e, September 2016.
http://journals.lww.com/anesthesia-analgesia/Fulltext/2016/09002/Abstract_PR620___New_Arterial_Mechanical_Property.592.aspx

Abstract PR618: Response of Arterial Mechanical Impedance to Change in Remifentanil Plasma Concentration During Abdominal Laparoscopic Surgery
Elbegzaya Sukhdorj, Ryuji Nakamura, Noboro Saeki, Kensuke Yanabe, Abdugheni Kutluk, Hiroki Hirano, Harutoyo Hirano, Masao Yoshizumi, Toshio Tsuji, and Masashi Kawamoto
Anesthesia & Analgesia, Volume 123 – Issue 3S_Suppl – p 789?790, doi: 10.1213/01.ane.0000492997.53664.ab, September 2016.
http://journals.lww.com/anesthesia-analgesia/Fulltext/2016/09002/Abstract_PR618___Response_of_Arterial_Mechanical.590.aspx

■以下のbook chapterが出版されました.

EMG-Controlled Human-Robot Interfaces: A Hybrid Motion and Task Modeling Approach
Nan Bu, Toshio Tsuji, and Osamu Fukuda
Human Modelling for Bio-Inspired Robotics, Mechanical Engineering in Assistive Technologies (Edited by Jun Ueda and Yuichi Kurita), pp. 75-109, Academic Press, 2015.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/B9780128031377000045

■以下の特許が登録されました.

40. 日本国特許出願 2012-267838,特許公開 2014-113225,特許第5991532号
人体運動評価装置、方法、およびプログラム
栗田 雄一,辻 敏夫,櫻田 浩平
2012年12月7日出願, 2014年6月26日公開,2016年8月26日登録

2016年10月12日

■以下の論文が掲載されました.

272. A simple accurate chest-compression depth gauge using magnetic coils during cardiopulmonary resuscitation
Akihiko Kandori, Yuko Sano, Yuhua Zhang, and Toshio Tsuji
Review of Scientific Instruments, Vol. 86, pp.124-301; doi: 10.1063/1.4938158, 2015.

275. Acute effect of oral sensation of sweetness on celiac artery blood flow and gastric myoelectrical activity in humans
Kohei Eguchi, Hideaki Kashima, Akiko Yokota, Kohei Miura, Masako Yamaoka (Endo), Harutoyo Hirano, Toshio Tsuji and Yoshiyuki Fukuba
Autonomic Neuroscience, Volume 197, pp. 41?45, May 2016.
HTML

276. Quantifying Parkinson’s disease finger-tapping severity by extracting and synthesizing finger motion properties
Yuko Sano, Akihiko Kandori, Keisuke Shima, Yuki Yamaguchi, Toshio Tsuji, Masafumi Noda, Fumiko Higashikawa, Masaru Yokoe and Saburo Sakoda
Medical & Biological Engineering & Computing, DOI:10.1007/s11517-016-1467-z, 54(6), pp.953-65. doi: 10.1007/s11517-016-1467-z., Epub 2016 Mar 31.
HTML

277. A Motor Behavioral Evaluation Method for Children with Developmental Disorders during Music Therapy Sessions: A Pilot Study
Zu Soh, Ryo Migita, Kayoko Takahashi, Koji Shimatani, Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
Current Pediatrics Research, 20 (1&2), pp. 103-117, 2016.
PDF

■以下の論文が掲載決定になりました.

Continuous Blood Viscosity Monitoring System for Cardiopulmonary Bypass Applications
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Biomedical Engineering (accepted)

Alteration of Arterial Mechanical Impedance Greater than that of Photoplethysmogram and Laser Doppler Flowmetry during Endoscopic Thoracic Sympathectomy
Elbegzaya Sukhdorj, Ryuji Nakamura, Noboro Saeki, Kensuke Yanabe, Abdugheni Kutluk, Hiroki Hirano, Harutoyo Hirano, Toshio Tsuji, and Masashi Kawamoto
Journal of Medical and Biological Engineering (accepted)

■以下の解説記事が掲載されました.

動脈壁インピーダンスと手術侵襲
佐伯 昇, 中村 隆治, 柳部 憲佑, Sukhdorj ELBEGZAYA, 鵜川 禎二, 吉栖 正生, 辻 敏夫, 河本 昌志
麻酔と蘇生, Vol. 52, No. 3, pp. 79-83, September 2016.

2016年08月03日

■以下の論文が掲載されました.

Stiffness display by muscle contraction via electric muscle stimulation
Yuichi Kurita, Takaaki Ishikawa, and Toshio Tsuji
IEEE Robotics and Automation Letters, Vol.1, Issue 2, pp.1014-1019, DOI: 10.1109/LRA.2016.2529689, July 2016.

277.バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム
芝軒 太郎,中村 豪,渡橋 史典,早志 英朗,栗田 雄一,高木 健,本田 雄一 郎,溝部 二十四,陳 隆明,辻 敏夫
日本ロボット学会誌, Vol. 34, No. 6, pp. 404-410, 2016.

■以下の国際会議論文を発表しました.

Investigation of Human Subjective Feelings for Different Surface Textures of Slipping Objects Based on the Analysis of Contact Conditions
Tsuyoshi Arakawa, Akira Nakahara, Kiyotaka Yarimizu, Masato Takahashi, Michiko Ohkura, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
10th International Conference, EuroHaptics 2016, Proceedings Part II, pp.131-138, London, UK, July 4-7, 2016.

■以下の特許を出願しました.

日本国特許出願 2016-135730
触覚評価方法ならびに触覚評価システム
栗田 雄一, 辻 敏夫, 荒川 剛
2016年7月8日出願

2016年07月12日

■以下のプロジェクトが採択されました.

国土交通省 交通運輸技術開発推進制度 平成28年度研究課題
採択課題名:「医学的知見に裏付けられた体調急変に関するメカニズムの解明によるドライバーの体調スクリーニングに資する基礎研究」
研究実施者:東京大学,広島大学,デルタ工業(株)
プロジェクトリーダー: 
金子成彦(東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授)
メンバー: 
辻 敏夫(広島大学大学院工学研究院 教授)
吉栖正生(広島大学大学院医歯薬保健学研究院 教授)
藤田悦則(デルタ工業(株)取締役,開発本部長補佐兼技術開発部部長)
http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo17_hh_000066.html

■以下の委員に就任しました.

平成28年度(第67回)電気・情報関連学会中国支部連合大会, 実行委員
(2016.4-11)

Fifth International Conference on Advances in Computing, Communications and Informatics (ICACCI’16), Jaipur, India, September 21-24, 2016, Technical program committee, member
(2016.6-10)

Symposium on Signal Processing for Wireless and Multimedia Communications (SPWMC’16), Jaipur, India, September 21-14, 2016, Technical program committee, member
(2016.6-10)

2016年07月04日

■以下の論文が掲載決定になりました.

Surgical Grasping Forceps with Enhanced Sensorimotor Capability via the Stochastic Resonance Effect
Yuichi Kurita, Yamato Sueda, Takaaki Ishikawa, Minoru Hattori, Hiroyuki Sawada, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Jun Ueda, and Toshio Tsuji
IEEE/ASME Transactions on Mechatronics (in press)

■以下の賞を受賞しました.

受賞名:日本医療機器学会平成27年度論文賞 (2016)
対象論文:
Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案
平野 博大,伊藤 雅史,遠藤 卓行,早志 英朗,平野 陽豊,栗田 雄一,佐古田 三郎, 辻 敏夫
医療機器学,vol. 85,no. 6, pp. 569-576, 2015.
受賞日:2016年6月24日

■以下の招待講演を行いました.

Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案
辻 敏夫
第91回日本医療機器学会大会論文賞受賞講演
2016年6月24日 大阪国際会議場

2016年06月28日

■以下の国際会議で研究発表を行いました.

Computational prediction method of subjective sense of force during steering operation based on muscle activation
Yusuke Kishishita, Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Atsuhide Kishi, Kazuo Nishikawa, Takahide Nouzawa, Toshio Tsuji, Yuichi Kurita
The 4th International Digital Human Modeling Symposium (DHM2016), Abstracts #18,17th, June, Montreal, Quebec, Canada, 2016.

■以下の学会発表を行いました.

ASD者の姿勢制御の認知メカニズム
槇 奈央, 佐藤 鮎美, 曽 智, 小川 詩乃, 中西 祐斗, 島谷 康司, 船曳 和雄, 辻 敏夫, 船曳 康子
日本発達心理学会第27回大会.PE-51, 2016年4月.

対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の提案
:機械的侵害刺激に対する疼痛と血管剛性変化の関係
有國 文也,宝田 真依,平野 博大,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,辻 敏夫
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1P1-13a2(1)-(4),2016年6月.

オシロメトリック法に基づく血管粘性推定法の提案と血管内皮機能評価への応用
田中 敬士,三戸 景永,松本 遼,平野 博大,曽 智,栗田 雄一,平野 陽豊,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1A2-02b6(1)-(4),2016年6月

指先接触面変化が触感性に与える影響の考察
荒川 剛,中原 昭,鑓水 清隆,高橋 雅人,大倉 典子,辻 敏夫,栗田 雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1A2-20a7(1)-(3),2016年6月.

歩行における地面インタラクション情報の計測と再生
飯倉 隆寛,辻 敏夫,栗田 雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1P1-20a5(1)-(2),2016年6月.

全天球カメラを用いた腹腔鏡手術支援システムの開発
笠原 拓也,恵木 浩之,服部 稔,大段 秀樹,辻 敏夫,栗田 雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1A1-02a5(1)-(3),2016年6月.

感覚運動機能を向上させるアシストスーツ:SEnS 第四報:腹腔鏡外科医師向けスーツの試作
栗田 雄一,小池 祐輝,田中 孝之,辻 敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,1P1-02b4(1)-(2),2016年6月.

筋活動度推定に基づく主観的な力知覚量推定手法
岸下 優介,辻 敏夫,栗田 雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,2P2-11b6(1)-(3),2016年6月.

筋活動度,筋力,並びに外力に応答するヒトの手先コンプライアンス楕円体の特性比較
村田 拓也, 辻 敏夫, 栗田 雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,2P2-12a5,2016年6月.

クラス偏KL情報量を利用した相互学習型筋電義手訓練システム
富澤 太,芝軒 太郎,陳 隆明, 辻 敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2016講演論文集,2P1-02a4,2016年6月.

■以下の委員に就任しました.

The 2016 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2016), Qingdao, China, Dec. 3 ? Dec. 7, 2016, Program Committee, member
(2016)

2016年06月20日

■以下の賞を受賞しました.

受賞名: 日本設計工学会平成27年度論文賞 (2016)
対象論文:
体幹生体信号簡易センシングシステムの開発
小島重行,前田慎一郎,内川竜一,延廣良香,青井幸佑,小倉由美,藤田悦則,村田幸治,亀井勉,辻敏夫,吉栖正生,金子成彦
設計工学,Vol.50,No.2,2015,78-88.
受賞日:2016年5月27日

■以下の招待講演を行いました.

ラット嗅覚系の神経活動で人間の匂い感覚を予測する
曽 智,辻 敏夫
第60回システム制御情報学会研究発表講演論文集,144-1, 2016.
2016年5月25日 京都テルサ

■以下の国際会議論文がアクセプトされました.

A High-fidelity Virtual Training System for Myoelectric Prostheses Using an Immersive HMD
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Futoshi Mizobe, Akito Masuda, Yuichiro Honda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
10th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe 2016) (Accepted)

2016年06月01日

■以下の国内学会発表を行いました.

動画像解析に基づく乳幼児ハイハイ動作の定量的発達評価
川嶋 克明, 船曳 康子, 小川 詩乃, 尾倉 侑也, 早志 英朗, 曽 智, 栗田 雄一, 佐藤 鮎美, 志波 泰子, 森 裕紀, 島谷 康司, 最上 晴太, 小西 行郎, 辻 敏夫
日本赤ちゃん学会第16回学術集会プログラム採録集, p.89, 2016.

■M1の川嶋 克明君が,6月21日に同志社大学今出川校地 寒梅館で行った以下の研究発表で優秀ポスター賞を受賞しました.おめでとう!

[受賞情報]
優秀ポスター賞
[講演会情報]
日本赤ちゃん学会第16回学術集会
2016年6月21日 同志社大学今出川校地 寒梅館

2016年05月24日

■以下の委員に就任しました.

辻 敏夫
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会実行委員会,委員長 (平成28 年.1-28年.12)

栗田 雄一,曽 智
第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会実行委員会,委員 (平成28年.1-28 年.12)

2016年05月17日

■以下の国際会議論文がアクセプトされました.

Development of an Earlobe Crease Identification System to Support Diagnosis of Arteriosclerosis
Harutoyo Hirano, Ryosuke Katsumata, Masato Futagawa, Toshio Tsuji, Shinji Kishimoto, Nozomu Oda, Masato Kajikawa, Tatsuya Maruhashi, and Yukihito Higashi
The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’16), 2016. (accepted)

Blood Viscosity Monitoring During Cardiopulmonary Bypass Based on Pressure-Flow Characteristics of a Newtonian fluid
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’16), 2016. (accepted)

Prediction of posture-dependent tremor by the calculation of the endpoint compliance
Takuya Murata, Kouhei Sakurada, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita
The 38th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’16), 2016. (accepted)

2016年05月05日

■以下の著書(分担執筆)が出版されました.

基本運転タスクに関わる人間特性:3-1-2 運動機能(第3章 基本運転タスク)
松原 弘明, 水谷 彰吾, 辻 敏夫(分担執筆)
自動車技術ハンドブック 人間工学編 , pp.106-110, 公益社団法人自動車技術会, 2016.

■以下の報告書(記事)が公開されました.

ものづくり企業の生産現場における検査の自動化促進可能性調査報告書(調査委員会委員長 辻 敏夫)
公益財団法人ちゅうごく産業創造センター, 2016年3月31日
http://ciicz.jp/jigyo/pdf/nen/h27-2.pdf

■以下の委員に就任しました.

計測自動制御学会2016年度功績賞選考委員会,委員
(2016)

2016年04月25日

■以下の解説記事が掲載されました.

運転者の運動機能
松原 弘明, 水谷 彰吾, 辻 敏夫
自動車技術, Vol. 70, No. 4, pp. 20-23, 2016.

■以下の報告書(記事)が公開されました.

ものづくり企業の生産現場における検査の自動化促進可能性調査報告書(調査委員会委員長 辻 敏夫)
公益財団法人ちゅうごく産業創造センター, 2016年3月31日
http://ciicz.jp/jigyo/pdf/nen/h27-2.pdf

■以下の委員に就任しました.

2016 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2016), Harbin, China, August 7-10, 2016, Program committee member
(2016)

2016 IEEE International Conference on Information and Automation (IEEE ICIA 2016), July 31 – August 4, 2016, Ningbo, China, Program committee, member
(2016)

2016年04月06日

■共同研究者の島谷康司先生が,県立広島大学保健福祉学部理学療法学科の教授に就任されました.おめでとうございます!

共同研究者:
島谷 康司
県立広島大学保健福祉学部理学療法学科 教授

■博士課程修了生で共同研究者の芝軒太郎先生が,茨城大学工学部情報工学科の講師に就任されました.おめでとうございます!

共同研究者:
芝軒 太郎
茨城大学工学部情報工学科 講師

■博士課程修了生で国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の博士研究員を務めていた服部 佑哉君が,東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム専攻の助教に就任しました.おめでとうございます!

共同研究者:
服部 佑哉  東京工業大学大学院理工学研究科機械制御システム専攻 助教

■学振PDの早志 英朗君が,3月 29日に広島市立大学サテライトキャンパスにて以下の賞を受賞し,受賞講演を行いました.おめでとう!

[受賞情報]
IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Student Presentation Award (2016)
[講演会情報]
Johnson 分布に基づくニューラルネットワークの提案と生体信号識別への応用
早志 英朗
IEEE SMC Hiroshima Chapter 主催Special Lecture & Award 記念講演会
2016年3月29日 広島市立大学サテライトキャンパス

■広島市で開催された日本人間工学会第48回中国・四国支部大会において,M1の川嶋 克明君(当時B4)が発表した以下の論文が優秀論文賞を受賞しました.おめでとう!

日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞(2016)
乳幼児のハイハイ動作解析に基づく発育評価支援システムの開発
川嶋 克明,小川 詩乃,佐藤 鮎美,尾倉 侑也,中島 翔太, 早志 英朗,曽 智,栗田 雄一,森 裕紀,最上 晴太,志波 泰子,島谷 康司,小西 行郎,船曳 康子,辻 敏夫
第48回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.80-81, 2015.
受賞日:2016年3月29日

■以下の論文が掲載決定になりました.

A novel blood viscosity estimation method based on pressure-flow characteristics of an oxygenator during cardiopulmonary bypass
Shigeyuki Okahara, Zu Soh, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Hideshi Itoh, Shinya Takahashi, Taijiro Sueda and Toshio Tsuji
Artificial Organ (Thoughts & Progress) (Accepted)

Acute effect of oral sensation of sweetness on celiac artery blood flow and gastric myoelectrical activity in humans
Kohei Eguchi, Hideaki Kashima, Akiko Yokota, Kohei Miura, Masako Yamaoka (Endo), Harutoyo Hirano, Toshio Tsuji and Yoshiyuki Fukuba
Autonomic Neuroscience (Accepted)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1566070216300315

Quantifying Parkinson’s disease finger-tapping severity by extracting and synthesizing finger motion properties
Yuko Sano, Akihiko Kandori, Keisuke Shima, Yuki Yamaguchi, Toshio Tsuji, Masafumi Noda, Fumiko Higashikawa, Masaru Yokoe and Saburo Sakoda
Medical & Biological Engineering & Computing, DOI:10.1007/s11517-016-1467-z (in press)

バーチャルハンドを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム
芝軒 太郎,中村 豪,渡橋 史典,早志 英朗,栗田 雄一,高木 健,本田  雄一郎,溝部 二十四,陳 隆明,辻 敏夫
日本ロボット学会誌(掲載決定)

■以下の国際会議発表論文がアクセプトされました.

Investigation of human subjective feelings for surface textures of slipping objects based on the analysis of contact conditions
Tsuyoshi Arakawa, Akira Nakahara, Kiyotaka Yarimizu, Masato Takahashi, Michiko Ohkura, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
EuroHaptics2016. (Accepted)

2016年02月29日

■M2の大鶴佳秀君がThe 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015)で発表した以下の論文が「ICAM 2015 Honorable Mention」を受賞しました.
なんと,大鶴君は「日本機械学会若手優秀講演フェ ロー賞」とのダブル受賞です.おめでとうございます!

受賞者:Yoshihide Otsuru, Yuichi Kurita, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Kazuyuki Nagata and Toshio Tsuji
対象論文:Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System
The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), DIGESTBOOK,1A1-102015, 2015.
授与者: Hiroyasu Iwata, ICAM2015 General Chair
http://www.hiroshima-u.ac.jp/news/show/id/25155

■2014年度博士課程後期修了生の竹村和紘さん(マツダ(株)技術研究所) が2015年度日本機械学会奨励賞(技術)に内定しました.
授賞式は4月21日 に明治記念館(東京)で行われる予定です.おめでとうございます!

受賞者:竹村和紘
業績名:「人間の知覚特性解明による感性に合ったステアリングホイールの反力 設計手法の開発」

2016年02月10日

■D2の早志英朗君が IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Student Presentation Award に内定しました.表彰式・受賞講演会は2016年3月29日に行われる予定です.おめでとう!

IEEE SMC Hiroshima Chapter Best Student Presentation Award
対象論文:
A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System
Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications, pp. 115-120, Hiroshima, Japan, November 6-7, 2015.

■B4の村田拓也君が平成27年度工学部学生表彰者(成績優秀者)に内定しました.おめでとう!

平成27年度工学部学生表彰者
第二類・電気電子工学プログラム4年 村田 拓也

2016年02月02日

■以下の論文が掲載決定になりました.

Stiffness display by muscle contraction via electric muscle stimulation
Yuichi Kurita, Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji
IEEE Robotics and Automation Letters (accepted)

■以下の委員に就任しました.

辻 敏夫
計測自動制御学会中国支部支部長 (2016.1-2017.1)

栗田 雄一
計測自動制御学会中国支部運営委員 (2016.1-2018.1)

曽 智
計測自動制御学会中国支部庶務幹事 (2016.1-2017.1)
計測自動制御学会中国支部平成28年度支部奨励賞・技術賞選考小委員会 委員 (2016.1-2017.1)

2016年01月26日

■名古屋国際会議場で開催された第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会において,M2の松原裕樹君,B4の古居 彬君が発表した以下の論文がSI2015優秀講演賞を受賞しました.おめでとう!

SI2015 優秀講演賞 (2015)
対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の開発:皮膚電気刺激に対 する痛み感覚の刺激周波数依存性に関する検討
松原 裕樹,平野 博大,平野 陽豊,曽 智,吉野 敦雄,松本 知也,鵜川 貞 二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,栗田 雄一,辻 敏夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-15,pp.1157-1160, 2015.
受賞日:平成27年12月16日

SI2015 優秀講演賞 (2015)
信号強度依存ノイズに基づく人工筋電位信号生成モデルの提案と動作識別への応用
古居 彬,江藤 慎太郎,渡橋 史典,早志 英朗,栗田 雄一,辻 敏夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.80-85, 2015.
受賞日:平成27年12月16日

授与者:
第16回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会
実行委員長 新井 史人
プログラム委員長 長谷川 泰久
表彰委員長 佐野 明人

■以下の論文が掲載されました.

268. Electromyographic prosthetic hand using grasping-force-magnification
mechanism with five independently driven fingers
T. Takaki, K. Shima, N. Mukaidani, T. Tsuji, A. Otsuka and T. Chin
Advanced Robotics, Volume 29, Issue 24, pp. 1586-1598,
DOI:10.1080/01691864.2015.1079502, 2015.
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/01691864.2015.1079502

■広島大学疫学研究倫理審査委員会において,以下の研究課題が承認されました.

【許可番号・許可日】
第E-221 号・平成28年1月14日
【研究課題名】
タブレット用高次脳機能簡易検査アプリケーションの開発
【研究責任者】
辻 敏夫

2016年01月20日

■M2の大鶴佳秀君がICAM2015で発表した以下の講演が「日本機械学会若手優 秀講演フェロー賞」に選出されました.

http://www.jsme.or.jp/shou6.htm
表彰式は横浜で開催されるROBOMECH2016で行われる予定です.おめでとう!

Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
Yoshihide Otsuru, Yuichi Kurita, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Kazuyuki Nagata and Toshio Tsuji
International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), DIGESTBOOK,1A1-102015, 2015.

2016年01月14日

■D3の西川 一男さん,D2の早志 英朗君が平成27年度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」
成績優秀学生に選ばれ,平成28年1月8日に表彰状授与式が行われました.おめでとうございます!

西川 一男, 早志 英朗
広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ 平成27年度成績優秀学生(2016)

■以下の論文が掲載されました.

271. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援 法の提案
平野 博大,伊藤 雅史,遠藤 卓行,早志 英朗,平野 陽豊,栗田 雄一,佐古田 三郎, 辻 敏夫
医療機器学,Vol. 85,No. 6,pp. 569-576,2015.

■以下の論文が掲載決定になりました.

A simple accurate chest-compression depth gauge using magnetic coils during cardiopulmonary resuscitation
Akihiko Kandori, Yuko Sano, Yuhua Zhang, and Toshio Tsuji
Review of Scientific Instruments, Vol. 86, 124301; doi: 10.1063/1.4938158, 2015.
LINK

■以下の米国特許を取得しました.

33. U.S. Patent Application No. 12/878,374, Publication No. US-2011-0066048-A1. Patent No.9,161,695
Apparatus for Evaluating Vascular Endothelial Function
Toshio Tsuji, Masao Yoshizumi, Yukihito Higashi, Masashi Kawamoto, Hideo Ozawa, Teiji Ukawa, Tsuneo Takayanagi
Application Date: 09/09/2010, Publication Date: 03/17/2011, Issue Date: October 20, 2015

2015年12月22日

■以下の国際会議論文を発表しました.

267. Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
Yoshihide Otsuru, Yuichi Kurita, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Kazuyuki Nagata and Toshio Tsuji
International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), DIGESTBOOK,1A1-102015, 2015.

268. Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation
Takaaki Ishikawa, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015), DIGESTBOOK,1P2-072015, 2015.

■以下の国内学会発表を行いました.

乳幼児のハイハイ動作解析に基づく発育評価支援システムの開発
川嶋 克明,小川 詩乃,佐藤 鮎美,尾倉 侑也,中島 翔太, 早志 英朗,曽 智,栗田 雄一,森 裕紀,最上 晴太,志波 泰子,島谷 康司,小西 行郎,船曳 康子,辻 敏夫
第48回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集, pp.80-81, 2015.

筋骨格モデルと筋力推定に基づく手先スティフネスの算出
村田 拓也,辻 敏夫,栗田 雄一
第48回日本人間工学会中国四国支部大会講演論文集, pp.34-35, 2015.

対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく疼痛評価法の開発:
皮膚電気刺激に対する痛み感覚の刺激周波数依存性に関する検討
松原 裕樹,平野 博大,平野 陽豊,曽 智,吉野 敦雄,松本 知也,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,吉栖 正生,河本 昌志,栗田 雄一,辻 敏夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-15,pp.1157-1160, 2015.

指先力ならびに接触面変化が表面質感の感性評価へ与える影響
荒川 剛,中原 昭,鑓水 清隆,高橋 雅人,大倉 典子,辻 敏夫,栗田 雄一
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.940-941, 2015.

筋力推定に基づくステアリング操舵における力知覚量設計手法の提案
岸下 優介,小池 祐輝,竹村 和紘,山田 直樹,新部 忠幸,原 利宏,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,辻 敏夫,栗田 雄一
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.938-939, 2015.

電磁誘導を利用した触診可能非侵襲連続血圧センサの開発:連続血圧較正法の検討
三戸 景永,平野 陽豊,平野 博大,栗田 雄一,神鳥 明彦,佐野 佑子,張 裕華,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生,辻 敏夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-15,pp.1152-1154, 2015.

信号強度依存ノイズに基づく人工筋電位信号生成モデルの提案と動作識別への応用
古居 彬,江藤 慎太郎,渡橋 史典,早志 英朗,栗田 雄一,辻 敏夫
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2015),SY0011/15,2015-12-14,pp.80-85, 2015.

■以下の特許を出願しました.

日本国特許出願 2015-241474
筋電信号処理方法、装置およびプログラム
辻 敏夫, 栗田 雄一,早志 英朗,古居 彬
2015年12月10日出願

■以下の委員に就任しました.

辻 敏夫
計測自動制御学会中国支部平成27年度支部奨励賞・技術賞選考小委員会 副委員長 (2015.1-2016.1)
The 2016 IEEE International Conference on Real-time Computing and Robotics, Angkor Wat, Cambodia, June 6-9, 2016, Program Committee, member (2015.12-2016.6)
The International Conference on Social Science and Environmental Science [SSES2016], Guangzhou, China, October 15-16, 2016, Technical Program Committee, member (2015.12-2016.10)

曽 智
計測自動制御学会中国支部平成27年度支部奨励賞・技術賞選考小委員会 委員 (2015.1-2016.1)

2015年12月08日

■以下の国際会議論文を発表しました.

269. Human interface design method based on the estimation of muscle effort by a musculoskeletal model
Yuichi Kurita, Masaya Kondo, Yusuke Kishishita, and Toshio Tsuji
IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC2015), pp.480-485, DOI 10.1109/SMC.2015.95, HongKong, China, October 10-12, 2015.

2015年12月03日

■以下の論文が掲載されました.

270. 人間の上肢力学特性に基づく自動車ステアリングホイールの操作性解析
西川一男,古川浩二,河手 功,宮崎 透,農沢隆秀,辻 敏夫
日本機械学会論文集, No.15-00023[DOI:10.1299/transjsme. 15-00023], Vol. 81 (2015) No. 831 p. 15-00023, 2015.
LINK

2015年11月27日

■以下の論文が掲載されました.

264. A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis
Hideaki Hayashi, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, Vol. 26, No.12, pp. 3021-3033, DOI: 10.1109/TNNLS.2015.2400448, 2015.

■以下の国際会議論文を発表しました.

257. Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements
Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
SAI Intelligent Systems Conference 2015 (IntelliSys 2015), pp.651-656, London, United Kingdom, November 10th-11th, 2015.

258. A Neural Network Model of Caenorhabditis elegans and Simulation of Chemotaxis-related Information Processing in the Neural Network
Kazuma Sakamoto, Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
SAI Intelligent Systems Conference 2015 (IntelliSys 2015), pp.668-673, London, United Kingdom, November 10th-11th, 2015.

■以下の国内学会発表を行いました.

感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS −第三報:関節位置覚に対 する影響−
栗田 雄一,佐藤 純平,辻 敏夫,田中 孝之,篠原 稔
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015,p.961,2015.

2015年11月17日

■以下の論文が掲載決定になりました.

271. Head-up tilt試験を利用したパーキンソン病患者の自律神経機能診断支援法の提案
平野 博大,伊藤 雅史,遠藤 卓行,早志 英朗,平野 陽豊,栗田 雄一,佐古田 三郎, 辻 敏夫
医療機器学,vol. 85,no. 6,2015. (in press)

2015年11月10日

■卒業生で共同研究者の平野 旭先生(呉高専)が准教授に昇進されました.
おめでとうございます!

平野 旭
国立呉工業高等専門学校電気情報工学分野 准教授

■以下の論文が掲載決定になりました.

269. 対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電 気刺激に対する客観的疼痛評価への応用
松原 裕樹,平野 博大,平野 陽豊,松岡 玄樹, 栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇, 河本 昌志,吉栖 正生 ,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集, Vol. 51, No. 9, pp. 627-633, 2015.

■以下の国際会議発表を行いました.

266. A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System
Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications, pp. 115-120, Hiroshima, Japan, November 6-7, 2015.

■以下の国内学会発表を行いました.

電磁誘導型血圧脈波センサを用いた末梢血管力学特性の計測
平野陽豊,辻敏夫,栗田雄一, 神鳥明彦,佐野佑子,中村隆治,佐伯昇,河本 昌志,吉栖正生
脈管学,Vol. 55 Supplement,p. S191,2015.

2015年10月29日

■以下の論文が掲載決定になりました.

人間の上肢力学特性に基づく自動車ステアリングホイールの操作性解析
西川 一男,古川 浩二,河手 功,宮﨑 透,農沢 隆秀,辻 敏夫
日本機械学会論文集, No.15-00023[DOI:10.1299/transjsme. 15-00023](in press)

■以下の国際会議発表論文がアクセプトされました.

Palpation force display by enhancing the force response of a surgical training phantom
Yoshihide Otsuru, Yuichi Kurita, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori,
Hiroyuki Egi, Hideki Ohdan, Kazuyuki Nagata and Toshio Tsuji
ICAM2015(International Conference on Advanced Mechatronics), 2015 (in press)

Influence of visual and tactile feedback on haptic sensation by muscle electric stimulation
Takaaki Ishikawa, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
ICAM2015(International Conference on Advanced Mechatronics), 2015 (in press)

2015年10月19日

■広島大学広報誌HU-styleの「研究室ゼミ紹介」に研究室の写真が掲載されました.

工学研究科生体システム論研究室
HU-style, Vol.42(2015年7月号), 裏表紙

■共同研究者の島谷康司先生(県立広島大学)の研究紹介記事が掲載されました.本研究室の新学術領域研究「構成論的発達科学」の取り組みも紹介されています.

地域と大学「県立広島大学三原キャンパス10年④」
中国新聞 2015年 6月19日 23面

■共同研究者の農沢隆秀先生(COI-STREAM感性イノベーション研究推進推進機構長,㈱マツダ技術研究所技監)の紹介記事が掲載されました.
本研究室との共同研究の取り組みについても紹介されています.

車運転 わくわく感追求
中国新聞 2015年 8月31日 12面

■以下の委員に就任しました.

日本ロボット学会 第21回ロボティクス・シンポジアプログラム委員会委員
(平成27年-28年)

The 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2015), Zhuhai, China, December 6-9, 2015, Program Committee, member
(2015)

Workshop on Signal Processing for Wireless and Multimedia Communications (SPWMC’15), December 16-19, 2015, Trivandrum, India, Technical program committee, member
(2015)

2015年10月08日

■研究室ホームページの「スケジュール」をGoogleカレンダーに移行しました.
カレンダーへ

■以下の論文が掲載されました.

260. Hydrodynamic characteristics of a membrane oxygenator: modeling of pressure-flow characteristics and their influence on apparent viscosity
Shigeyuki Okahara, Toshio Tsuji, Shinji Ninomiya, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Zu Soh, and Taijirou Sueda
Perfusion, Vol. 30, pp.478-483, first published on December 2, 2014, doi:10.1177/0267659114562101, September 2015.

267. Model-based Evaluation of Reactive Hyperemia Using Strain-gauge Plethysmography and Log-linearized Viscoelastic Indices
Abdugheni KUTLUK, Toshio TSUJI, Murat HAMIT, Ryuji NAKAMURA, Noboru SAEKI, Yukihito HIGASHI, Masashi KAWAMOTO, Masao YOSHIZUMI
Journal of Biomaterials and Tissue Engineering, Volume 5, Number 4, pp. 334-341, April 2015.
LINK

■以下の国際会議論文を発表しました.

256. Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation
Go Nakamura, Akitoshi Sugie, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
Proceedings of 9th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015), p.2.2_110, Singapore, August 11-14, 2015.

260. Operation Assistance for the Bio-Remote Environmental Control System Using a Bayesian Network-based Prediction Model
Taro Shibanoki, Go Nakamura, Keisuke Shima, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), pp. 11160-1163, Milan, Italy, August 25th-29th, 2015.

261. A Neural Network Based Infant Monitoring System to Facilitate Diagnosis of Epileptic Seizures
Yuya Ogura, Hideaki Hayashi, Shota Nakashima, Zu Soh, Taro Shibanoki, Koji Shimatani, Akihito Takeuchi, Makoto Nakamura, Akihisa Okumura, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), pp. 5614-5617, Milano, Italy, August 25th-29th, 2015.

262. A blood viscosity estimation method based on pressure-flow characteristics of an oxygenator during cardiopulmonary bypass and its clinical application
Shigeyuki Okahara, Toshio Tsuji, Zu Soh, Shinya Takahashi, and Taijiro Sueda
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), pp. 5525-5528, Milano, Italy, August 25th-29th, 2015.

■以下のbook chapterが掲載されました.

Wearable Pseudo-Haptic Interaction by Using Electrical Muscle Stimulation
Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
Haptic Interaction: Perception, Devices and Applications (Edited by Hiroyuki Kajimoto, Hideyuki Ando, and Ki-Uk Kyung), pp.135-140, 10.1007/978-4-431-55690-9_25, Springer Japan, 2015.

Fingertip Force Estimation Based on the Deformation of the Fingertip
Akihito Kibita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
Haptic Interaction: Perception, Devices and Applications (Edited by Hiroyuki Kajimoto, Hideyuki Ando, and Ki-Uk Kyung), pp. 201-205, 10.1007/978-4-431-55690-9_39, Springer Japan, 2015.

■以下の国際会議発表論文がアクセプトされました.

A Non-Gaussian Approach for Biosignal Classification Based on the Johnson SU Translation System
Hideaki Hayashi, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE 8th International Workshop on Computational Intelligence and Applications, 2015. (in press)

■以下の国内学会発表を行いました.

CHLACに基づく新生児General Movementsの動画像識別
中島 翔太,森 裕紀,早志 英朗,曽 智,島谷 康司,栗田 雄一,浅田 稔,辻 敏夫
日本発達神経科学学会第4回学術集会,p.9,ポスター2,2015.

ASD者における重心動揺計測
槇 奈央,佐藤 鮎美,曽 智,小川 詩乃,中西 裕斗,島谷 康司,船曳 和雄,辻 敏夫, 船曳 康子
日本発達神経科学学会第4回学術集会,p.13,ポスター6,2015.

嗅覚の情報処理機構を基にした培養状態認識
滝口 昇, 田中 駿介, 曽 智, 辻 敏夫
化学工学会第47回秋季大会, 部会シンポジウム SY-1. , H121, 2015.

感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS −第二報:両腕の補助が可能なスーツの開発−
栗田 雄一,小池 祐輝,田中 孝之,辻 敏夫
第33回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2015AC2A2-04, 2015.9.4

2015年08月10日

■以下の論文が掲載されました.

265. 未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用
島圭介,今儀潤一,早志英朗,芝軒太郎,栗田雄一,辻敏夫
日本ロボット学会誌Vol. 33, No. 4, pp. 275-284, DOI: 10.7210/jrsj.33.275, 2015.

■以下の論文が掲載決定になりました.

対数線形化末梢血管粘弾性モデルに基づく交感神経活動の定量化と皮膚電気刺激に対する客観的疼痛評価への応用
松原 裕樹,平野 博大,平野 陽豊,松岡 玄樹, 栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇, 河本 昌志,吉栖 正生 ,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集, Vol.51, No.9, 2015.(印刷中)

2015年07月27日

■以下の委員に就任しました.

科学技術振興機構 マッチングプランナープログラム「探索試験」専門委員
(2015-2016)

2015年07月20日

■以下のbook chapterが出版されました.

EMG-based control of a multi-joint robot for operating a glovebox
Toshio Tsuji, Taro Shibanoki, and Keisuke Shima
Handbook of Research on Advancements in Robotics and Mechatronics (Maki K. Habib, Ed.), Chapter 3 (pp. 36-52), IGI Global, USA, December, 2014.
LINK

2015年07月13日

■以下の見学会を開催しました.

情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会第159回研究発表会 & 日本バーチャルリアリティ学会力触覚の提示と計算研究委員会 合同研究会
研究室見学
LINK
広島大学 2015年6月30日

■以下の国際会議で研究発表を行いました.

Effort Cube: a real-time muscle effort visualization system
Yusuke Kishishita, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
ADVANCES IN ROBOTICS (AIR2015),Paper-ID 64,Goa, India, July 2015.

Computer simulation of neuronal signals controlling the pharyngeal pumping motion in Caenorhabditis elegans
Yuya Hattori, Michiyo Suzuki, Toshio Tsuji, and Yasuhiko Kobayashi
20th International C. elegans Meeting Full Abstracts, 632A, Los Angeles, U.S.A., 24-28 June, 2015.

■以下の国内学会発表を行いました.

骨格筋電気刺激による仮想力覚提示 −押し込み量による刺激量の変化−
石川敬明,辻敏夫,栗田雄一
研究報告グラフィクスとCAD(CG), 2015-CG-159(3), 1-5(2015-06-23), 2188-8949, 2015.

力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム −心拍の再現−
大鶴佳秀,川口孝二,服部稔,惠木浩之,大段秀樹,永田和之,辻敏夫,栗田雄一
研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(2),1-3 (2015-06-23) , 2188-8949, 2015.

物体の表面特性の違いによる弾性体接触面の変化に関する考察
荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一
研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(9),1-3 (2015-06-23) , 2188-8949, 2015.

筋負担度可視化システムの構築
岸下優介,辻敏夫,栗田雄一
研究報告グラフィクスとCAD(CG),2015-CG-159(11),1-2 (2015-06-23), 2188-8949, 2015.

2015年07月01日

■以下の国際会議で研究発表を行いました.

Haptic force augmentation on a 3D printed surgical training phantom
Yuichi Kurita, Yoshihide Otsuru, Masahiro Kiyooka, Toshio Tsuji, Kazuyuki Nagata, Koji Kawaguchi, Minoru Hattori, Hiroyuki Egi, and Hideki Ohdan
50th Golden Anniversary Congress of the European Society for Surgical Research, OP-167, 10-13 June 2015.

2015年06月18日

■工学部第二類恒例の講座対抗駅伝が6月6日(土)に開催され,本研究室の「チーム生体」が8位という好成績を挙げました.
また,松野君,岸下君が個人賞を獲得しました.出場者のみなさん,駅伝幹事の川嶋君,おつかれまさでした!!

◇チーム順位
8位  チーム生体
◇個人賞(区間賞)
第3区の3位: 松野 一輝
第4区の3位: 岸下 優介

■以下の委員に就任しました.

財団法人ちゅうごく産業創造センター「ものづくり企業の生産現場における検査の自動化促進可能性調査」委員会 委員長
(平成27-28年)

■以下の記事(報告書)が公開されました.

製造業における省力・自動化(ロボット)技術導入 並びに 地域産業人材活用のための人財プラットフォーム構築に係る方策検討調査報告書(調査委員会委員長 辻 敏夫)
公益財団法人ちゅうごく産業創造センター, 2015年3月31日
PDF

2015年06月10日

■以下の国際会議発表論文がアクセプトされました.

The Bio-Remote Environmental Control System Using a Bayesian Network-based Prediction Model
Taro Shibanoki, Go Nakamura, Keisuke Shima, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), Milano, Italy, August 25th-29th, 2015. (accepted)

A Neural Network Based Infant Monitoring System to Facilitate Diagnosis of Epileptic Seizures
Yuya Ogura, Hideaki Hayashi, Shota Nakashima, Zu Soh, Taro Shibanoki, Koji Shimatani, Akihito Takeuchi, Makoto Nakamura, Akihisa Okumura, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), Milano, Italy, August 25th-29th, 2015. (accepted)

A blood viscosity estimation method based on pressure-flow characteristics of an oxygenator during cardiopulmonary bypass and its clinical application
Shigeyuki Okahara, Toshio Tsuji, Zu Soh, and Taijiro Sueda
Proceedings of 37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’15), Milano, Italy, August 25th-29th, 2015. (accepted)

2015年06月04日

■以下の国内学会で発表しました.

電磁誘導を利用した触診可能連続血圧計測センサの開発
平野陽豊,三戸景永,栗田雄一,神鳥明彦,佐野佑子,張裕華,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫
第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’15)講演論文集,345-6,2015.

体表脈波センサを利用した脈波間隔抽出法
平野博大,松岡玄樹,平野陽豊,栗田雄一,小島重行,小倉由美,藤田悦則,中村隆治,佐伯昇,河本昌志,吉栖正生,辻敏夫
第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’15)講演論文集,355-1,2015.

■以下の委員に就任しました.

辻 敏夫
第20回知能メカトロニクス・ワークショップ(IMEC2015)論文委員
(2015年)

辻 敏夫,曽 智
計測自動制御学会中国支部平成27年度学術講演会運営委員
(2015年)

2015年05月27日

■以下の国際会議で研究発表を行いました.

Change over time of infants’ movements based on motion analysis: Comparison with changes in General Movements and the body sway
Koji Shimatani, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Akira Otsuka, Maura Casadio, Psiche Giannoni, Paolo Moretti, Pietro Morasso, and Toshio Tsuji
World Confederation for Physical Therapy Congress 2015. PO-17-14, Singapore, May 1-4, 2015.

■以下の国内学会で発表しました.

骨格筋電気刺激による仮想力覚提示
石川敬明,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P1-W06(1)-(3),2015.

力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム−三次元補助物体への力覚重畳−
大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1A1-D02(1)-(2),2015.

物体の表面特性の違いによる弾性体接触面の変化に関する考察
荒川剛,中原昭,鑓水清隆,高橋雅人,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,2A1-B06(1)-(3),2015.

認知情報処理モデルに基づくタブレット用高次脳機能簡易検査アプリケーションの開発
有國文也,松原裕樹,平野博大,平野陽豊,栗田雄一,江崎佳奈子,佐野佑子, 殷颖,水口寛彦,近藤和泉,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,2P1-S07(1)-(4),2015.

バーチャルリアリティを利用した5指駆動型筋電義手のためのトレーニングシステム
江藤慎太郎,渡橋史典,早志英朗,中村豪,芝軒太郎,高木健,栗田雄一,本田雄一郎,陳隆明,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P2-K05(1)-(2),2015.

筋負担度可視化システムの構築
岸下優介,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集,1P1-W01(1)-(2),2015.

2015年05月22日

■以下の論文が掲載決定になりました.

Electromyographic Prosthetic Hand Using Grasping-Force-Magnification Mechanism With Five Independently Driven Fingers
T. Takaki, K. Shima, N. Mukaidani, T. Tsuji, A. Otsuka and T. Chin
Advanced Robotics (in press)

■以下の国際会議論文が採択されました.

Development of the Bio-Remote Adaptive Human Interface with Novel Glasses-based Operation
Go Nakamura, Akitoshi Sugie, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Takaaki Chin and Toshio Tsuji
9th international Convention on Rehabilitation Engineering & Assistive Technology (i-CREATe2015) (in press)

Computer Simulation of Chemotaxis in Caenorhabditis Elegans in Consideration of Whole-body Movements
Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
SAI Intelligent Systems Conference 2015, November 10-11, 2015 (in press)

A neural network model of Caenorhabditis Elegans and simulation of Chemotaxis-related Information Processing
Kazuma Sakamoto, Zu Soh, Michiyo Suzuki, Yuichi Kurita and Toshio Tsuji
SAI Intelligent Systems Conference 2015, November 10-11, 2015 (in press)

2015年05月01日

■以下の展示会に参加しました.
MEDTEC 2015 Japan
小型筋電センサ
(村田製作所,兵庫県リハビリテーションセンターとの共同出展)
東京ビッグサイト 2015年4月22日-24日

■以下の解説記事が掲載されました.

自動車ペダル操作フィーリングの向上を目指して
西川 一男, 農沢 隆秀, 辻 敏夫
人間生活工学, Vol.16, No.1, pp.27-30, 2015.

2015年04月22日

■共同研究者の大塚彰先生が3月31日付けで県立広島大学を退職されました.
新しい所属は以下の通りです.大塚先生,長い間,お疲れさまでした.

大塚 彰
広島都市学園大学
健康科学部リハビリテーション学科理学療法学専攻

■以下の論文が掲載決定になりました.

Model-based Evaluation of Reactive Hyperemia Using Strain-gauge Plethysmography and Log-linearized Viscoelastic Indices
Abdugheni KUTLUK, Toshio TSUJI, Murat HAMIT, Ryuji NAKAMURA, Noboru SAEKI, Yukihito HIGASHI, Masashi KAWAMOTO, Masao YOSHIZUMI
Journal of Biomaterials and Tissue Engineering (in press)

2015年04月16日

■筋電グループOBのアルハン・アクドガン先生がYildiz Technical University(トルコ共和国)のAssociate Professorに昇進されました.
おめでとうございます!

アルハン・アクドガン
Erhan AKDOGAN
Yildiz Technical University
Associate Professor

■以下の委員に就任しました.

辻 敏夫:
2015 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2015), Beijing, China, August 2-5, 2015, Program committee member
(2015)
International Conference on Biological Engineering and Gene Technology (BEGT 2015), Shanghai, China, July 18-19, 2015, Technical Program Committee (TPC) member
(2015)
計測自動制御学会 中国支部副支部長
(2015)

曽 智:
計測自動制御学会 中国支部会計幹事
(2015)

2015年04月13日

■以下の論文が掲載されました.

266. Analysis of Operational Comfort in Manual Tasks Using Human Force Manipulability Measure
Yoshiyuki TANAKA, Kazuo NISHIKAWA, Naoki YAMADA and Toshio TSUJI
IEEE Transactions on Haptics, Vol.8, No.1, pp.8-19, 2015.

■以下の学会発表を行いました.

筋負担度可視化システムの構築
岸下 優介,辻 敏夫,栗田 雄一
情報処理学会インタラクション2015論文集,pp.726-728,ポスターC02,2014.

■以下のbook chapterが出版されました.

頸動脈触診と脈波同時計測を可能にする電磁誘導型脈波センサ
平野 陽豊, 神鳥 明彦, 辻 敏夫
次世代ヘルスケア機器の新製品開発, pp.233-239, 技術情報協会, 2014.

2015年03月13日

■以下の論文が掲載されました.

262. 体幹生体信号簡易センシングシステムの開発
小島 重行,前田 慎一郎,内川 竜一,延廣 良香,青井 幸佑,小倉 由美,藤田 悦則,村田 幸治,亀井 勉,辻 敏夫,吉栖 正生,金子 成彦
設計工学,Vol.50,No.2,pp.78-88, 2015.

263. 主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用
竹村 和紘, 山田 直樹, 新部 忠幸, 岸 篤秀, 西川 一男, 農沢 隆秀, 栗田 雄一, 辻 敏夫
日本機械学会論文集,Vol.81,No.822,p.14-00463, 2015.
LINK

■以下の記事が掲載されました.

マツダ株式会社CSR・環境部, マツダサステナビリティレポート2014, p.41, 2014.
LINK
PDF
TOPICS
「産学連携で「快適関節リンク角」を追求、走行時に、違和感がなく疲れにくいクルマづくり」
マツダは安全で快適な運転環境を提供するために人間工学的なアプローチを重視しています。
「快適関節リンク角」の研究のため、実車を模した専用のドライビングポジションテスターを開発しました。
さまざまな体格のドライバーを想定し、運転中の動きや利用している筋力などを徹底的に調べ、広島大学生体システム論研究室との共同研究で得た基礎理論を用いて解析をしました。
こうして蓄積された実際の実験データが、2012年に発売されたCX-5以降の新型車に反映されています。

■以下の特許を出願しました.

50. 国際出願番号:PCT/JP2015/000721,基礎 出願番号:特願2014-033795
工業デザインシステム、方法、プログラム、およびコンピュータ読み取り可能記録媒体
栗田雄一,辻敏夫,近藤雅也,岸下優介
2015年2月17日出願

■以下の委員に就任しました.

The 2nd Conference on Advances in Robotics and Automation Technology (ARAT 2015), November 20-22, 2015 in Suzhou, China, Technical Program Committee, member
(2015)

2015年02月09日

■以下の論文が掲載決定になりました.
IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems(以前のIEEE Transactions on Neural Networksから雑誌名変更)はインパクトファクターIF=4.37で,
当該分野における世界最高レベルの論文誌です.
このような著名な論文誌に論文が掲載されるのは非常に名誉なことです.早志君,おめでとう!
インパクトファクターについてはこちら:
http://www.bsys.hiroshima-u.ac.jp/news/10743

A Recurrent Probabilistic Neural Network with Dimensionality Reduction Based on Time-series Discriminant Component Analysis
Hideaki Hayashi, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems (in press)

■以下の論文が掲載決定になりました.

未学習クラス推定ニューラルネットの提案と筋電義手制御への応用
島圭介,今儀潤一,早志英朗,芝軒太郎,栗田雄一,辻敏夫
日本ロボット学会誌Vol. 33, No. 4, 2015 (掲載決定)

■以下の委員に就任しました.

The 4th International Conference on Advances in Computing, Communications and Informatics (ICACCI2015), Technical program committee, member
(2015)

The 7th International Conference on Awareness Science and Technology (IEEE iCAST 2015), September 22-24, 2015, Qinhuangdao, China, Program committee, member
(2015)

2015年01月30日

■共同研究者の農沢 隆秀さん(マツダ株式会社)が技術研究所所長を退任され,技監に就任されました.
LINK

農沢 隆秀
マツダ株式会社 技術研究所 技監
工学博士

■以下の論文が掲載されました.

255. 動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム
右田 涼, 島谷 康司, 芝軒 太郎, 栗田 雄一, 島 圭介, 辻 敏夫
発育発達研究,Vol. 2014,No. 65,pp. 1-7,2014.

260. 電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示
石川 敬明,辻 敏夫,栗田 雄一
日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.19,No.4,pp.487-494, 2014.

2015年01月22日

■以下の論文が掲載決定になりました.

主観的力知覚空間におけるステアリングホイール操作特性の感性評価と設計への応用
竹村 和紘, 山田 直樹, 新部 忠幸, 岸 篤秀, 西川 一男, 農沢 隆秀, 栗田 雄一, 辻 敏夫
日本機械学会論文集(掲載決定)

2015年01月16日

■以下の論文が掲載されました.

Human muscular mobility ellipsoid: End-point acceleration manipulability measure in fast motion of human upper arm
Kohji OHTA, Yoshiyuki TANAKA, Isao KAWATE and Toshio TSUJI
Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.9, No.3, pp.1-12, Paper No.14-00207, DOI: 10.1299/jbse.14-00207, 2014.
PDF

■以下の委員に就任しました.

IEEE International Conference on Information and Automation (IEEE ICIA 2015), August 8 – 10, 2015, Lijiang, Yunnan, China, Program committee, member
(2015)

2014年12月26日

■共同研究者のアブドゲニ・クトゥルク先生が新疆医科大学の准教授に昇進されました.
おめでとうございます!

アブドゲニ・クトゥルク
Abdugheni Kutluk
新疆医科大学医学工程技術学院 准教授

■D2の西川 一男さん,平野 博大君,D1の早志 英朗君の3名が平成26年度「広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ」
成績優秀学生に選ばれ,平成26年12月19日に表彰状授与式が行われました.
おめでとう!

西川 一男, 平野 博大, 早志 英朗
広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップ 平成26年度成績優秀学生 (2014)

■以下の解説記事が掲載されました.

意のままに操る自動車を目指して
西川 一男, 農沢 隆秀,辻 敏夫
日本ロボット学会誌, Vo. 32, No. 10, pp. 851-854, 2014.

■以下の国際会議発表を行いました.

251. Design of Steering Wheel characteristics based on Human Arm Mechanical Properties
Kazuo Nishikawa, Kouji Furukawa, Isao Kawate, Tooru Miyazaki, Takahide Nouzawa and Toshio Tsuji
Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 508-513, 2014.

■以下の国内学会発表を行いました.

弾性体変形モデルに基づく指先からの多点・多軸印加力推定
栗田 雄一,氣比田 晃士,辻 敏夫
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集,p. 277,ポスターSS1-3,2014.

物体の表面特性の違いによる指先接触面の変化に関する考察
荒川 剛,中原 招,鑓水 清隆,高橋 雅人,辻 敏夫,栗田 雄一
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 116-117,2014.

てんかん発作診断支援のための乳幼児モニタリングシステム
尾倉 侑也,中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,曽 智,芝軒 太郎,島谷 康司,竹内 章人,中村 信,奥村 彰久,栗田 雄一,辻 敏夫
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 170-171,2014.

筋負担度のリアルタイム可視化システムの構築
岸下 優介,辻 敏夫,栗田 雄一
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 102-103,2014.

機能性アンダーウェアの補助効果が歩行運動に与える影響の考察
高橋 啓太,小川 和徳,門脇 章人,島谷 康司,長谷川 正哉,辻 敏夫,栗田 雄一
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 150-151,2014.

小型魚類の呼吸波を用いたオンラインカメラレス行動解析システムの開発
藤澤 昂征,曽 智,平野 旭,栗田 雄一,辻 敏夫
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 166-167,2014.

長時間着座のための姿勢支持法の提案
平本 裕太,延廣 良香,小倉 由美,藤田 悦則,辻 敏夫,金子 成彦,長町 三生
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 72-73,2014.

反力知覚特性に基づく自動車操作機器特性に関する考察
山田 直樹,竹村 和紘,新部 忠幸,岸 篤秀,西川 一男,農澤 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫
平成26年度日本人間工学会中国・四国支部,関西支部合同大会講演論文集,pp. 96-97,2014.

示指に対する内外転変位時の指先変形と内外転変位の関係
氣比田 晃士,辻 敏夫,栗田 雄一
第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp. 0817-0818,2014.

人間の力知覚空間を考慮したステアリングホイール操作感性評価法
竹村 和紘,山田 直樹,新部 忠幸,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫
第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp. 0844-0847,2014.

■以下の米国特許を取得しました.

26. U.S. Patent Application No.12/423,295, Publication No. US-2009-0259131-A1, Patent No.: US 8,827,911 B2
Apparatus and method of evaluating vascular endothelial function
Toshio Tsuji, Masao Yoshizumi, Yoshihito Higashi, Masashi Kawamoto, Teiji Ukawa
Application Date: 4/14/2009, Publication Date: 10/15/2009, Date of Patent: 9/9/2014

35. U.S. Patent Application No.12/953,743, Publication No. US-2011-0125034-A1, Patent No.: US 8,814,801 B2
VESSEL WALL MONITORING APPARATUS
Toshio Tsuji, Masao Yoshizumi, Masashi Kawamoto, Yukihito Higashi, Noboru Saeki, Ryuji Nakamura, Abdugheni Kutluk, Akinobu Kohno, Tetsuya Horiuchi, Teiji Ukawa
Application Date: 11/24/2010, Publication Date: 05/26/2011, Date of Patent: 08/26/2014

2014年12月12日

■A-lifeグループM1の西川愼也君が以下の賞を受賞しました.
オリジナルのアイデアに基づく受賞で素晴らしいと思います.おめでとう!

第一回NTT-WEST学生向けアプリ開発コンテスト優秀賞(2位)
受賞作品:「くるエット」
スマートフォンとPC用Webカメラを用いたシルエットカードめくりゲーム.
PC画面に複数のカードを表示させ,対象のカードに対してスマホの画面をかざしスマホを手前側にめくると,そのカード情報がスマホ側に遷移するといった双方向通信システムを応用した幼児向けゲーム.
受賞者:チームPAPPLE (西川 愼也,金尾貴守)
https://ja-jp.facebook.com/nttw.w.con

■以下の招待講演を行いました.

Development of a Virtual Training System for Myoelectric Prostheses
Go Nakamura, Taro Shibanoki, Keisuke Shima, Yuichi Kurita, Yuichiro Honda, Takaaki Chin, and Toshio Tsuji
Asian Prosthetic and Orthotic Scientific Meeting 2014 in conjunction with The Second Meeting of the International Society for Restorative Neurology (APOSM2014 & ISRN)
Taipei International Convention Center in Taipei, Taiwan, November 30, 2014.

2014年12月04日

■以下の委員に就任しました.

兵庫県立総合リハビリテーションセンター
社会福祉法人 兵庫県立社会福祉事業団
福祉のまちづくり研究所
企画運営委員
(2014-)

■以下の招待講演を行いました.

Brain Emotion Interfaceによる感性イノベーションの実現を目指して
辻 敏夫
第6回感性センシング応用ロードマップ技術分科会
2014年12月1日 電子情報技術産業協会

2014年11月28日

■以下の国際会議発表を行いました.

Fingertip force estimation based on the deformation of the fingertip
Akihito Kibita, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita
AsiaHaptics2014, A-11, Tsukuba, November 18-20, 2014.

Wearable pseudo-haptic interaction by using electrical muscle stimulation
Takaaki Ishikawa, Toshio Tsuji and Yuichi Kurita
AsiaHaptics2014, A-14, Tsukuba, November 18-20, 2014.

■以下の国内学会発表を行いました.

手先筋活性度コンプライアンスの提案
櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp.280-282,ポスターSS1-5,2014

機能性アンダーウェアのサポートパーツ取付位置変化が運動補助効果に与える影響の考察
高橋 啓太, 小川 和徳, 門脇 章人, 島谷 康司, 長谷川 正哉, 辻 敏夫, 栗田 雄一
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp.278-279,ポスターSS1-4,2014

2014年11月20日

■以下の論文が掲載決定になりました.

Hydrodynamic characteristics of a membrane oxygenator: modeling of pressure-flow characteristics and their influence on apparent viscosity
Shigeyuki Okahara, Toshio Tsuji, Shinji Ninomiya, Satoshi Miyamoto, Hidenobu Takahashi, Zu Soh and Taijirou Sueda
Perfusion (in press)

■以下の委員に就任しました.

The 2015 Canadian Conference on Electrical and Computer Engineering (CCECE 2015), May 3-6, 2015, Halifax, Canada, Program Committee, member
(2014-2015)

2014年11月07日

■以下の招待講演を行いました.

小型魚類の呼吸波を用いたカメラレス水質監視システムの開発
曽 智, 辻 敏夫
化学工学会第46回秋季大会
シンポジウム
2014年9月18日 九州大学伊都キャンパス

■以下の国内学会発表を行いました.

オシロメトリック式自動血圧計を用いた非侵襲血管内皮機能評価法
平野 陽豊,松本 遼,平野 博大,栗田 雄一,辻 敏夫,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生
脈管学,Vol. 54 Supplement,S211,2014.

2014年11月02日

■D1の早志英朗君が平成27年度日本学術振興会特別研究員(DC2)に内定しました!おめでとうございます!

■以下の論文が掲載されました.

257. 新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements診断支援システム
中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,芝軒 太郎,島 圭介,島谷 康司,中塚 幹也,竹内 章人,中村 信,栗田 雄一,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.9, pp. 684-692, 2014.

■以下の国際会議で発表を行いました.

Development of a Continuous Sphygmomanometer Using Electromagnetic Induction
Harutoyo Hirano, Tomohiro Fukuchi, Zu Soh, Yuichi Kurita, Akihiko Kandori, Yuko Sano, Ryuji Nakamura, Noboru Saeki, Masashi Kawamoto,Masao Yoshizumi, Toshio Tsuji
2014 IEEE Biomedical Circuit and System Conference Proceedings, P444-447, EPFL, Lausanne, Switzerland, Oct. 22-24, 2014.

2014年10月24日

■以下の国際会議論文がアクセプトされました.

Design of Steering Wheel Characteristics based on Human Arm Mechanical Properties
Kazuo Nishikawa, Kouji Furukawa, Isao Kawate, Tooru Miyazaki, Takahide Nouzawa and Toshio Tsuji
the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2014) (in press)

■以下の学会発表を行いました.

新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements診断支援システム
中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,曽 智,芝軒 太郎,島 圭介,島谷 康司,中塚 幹也,竹内 章人,中村 信,栗田 雄一,辻 敏夫
日本発達神経科学会第3回大会, p.15, 2014.

動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム
右田 涼,島谷 康司,曽 智,芝軒 太郎,栗田 雄一,島 圭介,辻 敏夫
日本発達神経科学会第3回大会, p.16, 2014.

マーカーレス運動解析システムに基づく新生児運動の経時的変化
芝軒 太郎,島谷 康司,島 圭介,辻 敏夫
日本発達神経科学会第3回大会, p.33, 2014.

2014年10月17日

■以下の記事が掲載されました.

心臓・血管系の音・振動情報を手軽にモニタリングし、可聴化するシステムを開発
広島大学ホームページ お知らせ
2014年9月9日
LINK

「車の座席で心拍数測定」
日経産業新聞 2014年9月9日8面

「座るだけで心音検出」
日刊工業新聞 2014年9月9日22面

「背中が語る心拍数」
中国新聞 2014年9月9日31面

「背中側から心拍測定」
東奥日報,四国新聞,信濃毎日新聞,宮崎日日新聞 2014年9月9日

「広島大など、座るだけで心音検出するセンサーシステム開発」
朝日新聞デジタル日刊工業新聞ニュース
LINK
日刊工業新聞ビジネスライン
LINK

「居眠りや突然死検知、車座席で心拍測定 広島大など新装置」
日本経済新聞Web刊
LINK

「ドライバーの居眠りや飲酒の検知につながる新センシング技術、広島大学などが開発心臓・血管系の音・振動をシートの背もたれに埋め込みのセンサーで検出」
日経テクノロジーonline / 日経デジタルヘルス
LINK

“Japanese researchers develop new sensor system to detect heart rate”
Shanghai Daily
LINK

“New sensor system developed to detect heart rate”
Ohio Standard
LINK
Business Standard
LINK
Daijiworld.com
LINK

■以下の特許を出願しました.

日本国特許出願 2014-181813
脈波測定装置、自律神経活動評価装置、コンピュータプログラム及び記録媒体
辻 敏夫, 吉栖 正生, 平野 陽豊, 平野 博大, 松岡 玄樹, 藤田 悦則, 小倉 由美, 小島 重行
2014年9月7日出願

2014年10月09日

■ 以下の国際会議論文が掲載されました.

Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity
Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji
International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, pp.1187-1189, Krakow, Poland, July 19-23, 2014.

■以下の国内学会発表を行いました.

感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツ:SEnS
栗田 雄一,佐藤 純平,田中 孝之,篠原 稔,辻 敏夫
第32回日本ロボット学会学術講演会,RSJ2014AC2Q2-04,2014.

感覚運動機能を向上させるウェアラブルスーツSEnSの評価
佐藤純平, 田中孝之, 篠原稔, 辻敏夫, 栗田雄一
第19回日本バーチャルリアリティー学会大会論文集,12D-3,2014.

骨格筋電気刺激による重量感呈示−視覚と振動刺激の影響−
石川敬明, 辻敏夫, 栗田雄一
第19回日本バーチャルリアリティー学会大会論文集,32A-2,2014.(技術展示:TOB6)

力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡下手術用トレーニングシステム−モックアップ臓器の利用−
大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一
第19回日本バーチャルリアリティ学会大会 講演論文集,33A-1,2014.(技術展示:TOB7)

■以下の記事が掲載されました.

広島大学における博士課程学生企業派遣プログラム
辻敏夫,平野陽豊,平野博大
平成26年度工業教育研究講演会第62回年次大会講演論文集,pp.192-193,2014.

■以下の委員に就任しました.

第20回ロボティクスシンポジアプログラム委員会委員
(平成26年-27年)

2014 Conference on Advances in Robotics and Automation Technology (ARAT2014),
September 12-14, 2014 in Wuhan, China, Organizing Committee, member (2014)

日本ロボット学会 2014年度学会誌論文賞選考小委員会委員
(平成26年)

2014年10月02日

■9月25日に学位記(博士)授与式ならびに授与伝達式が行われ,本研究室から小島 重行さん,竹村 和紘さんに博士(工学)の学位が授与されました.博士論文題目は以下の通りです.おめでとうございます!

体表脈波センシングシステムの開発と自動車シートへの応用
小島 重行
2014

人間の主観的力知覚モデルの提案と自動車操作系への応用
竹村 和紘
2014

■以下の解説記事が掲載されました.

力覚重畳呈示技術を利用した腹腔鏡下手術用トレーニングシミュレータ
栗田 雄一, 永田 和之, 惠木 浩之, 辻 敏夫
化学工業, Vol.65, No.8, pp.624-629, 2014.

■以下の論文が掲載されました.

253. 確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子
末田 大和, 服部 稔, 澤田 紘幸, 惠木 浩之, 大段 秀樹, 上田 淳,辻 敏夫,栗田 雄一
日本ロボット学会誌, Vol. 32, No. 6, pp.566-573, 2014.

258. 人間の上肢力学特性に基づく自動車のシフト特性の設計
西川 一男, 古川 浩二, 河手 功, 農沢 隆秀, 辻 敏夫
日本機械学会論文集, Vol.80, No.816, BMS0247, 2014.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/80/816/80_2014bms0247/_article/-char/ja/

Vehicle Active Steering Control System Based on Human Mechanical Impedance Properties of the Arms
Yoshiyuki Tanaka, Naoki Yamada, Toshio Tsuji, and Takamasa Suetomi
IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems, Vol.15, No.4, pp.1758 – 1769, DOI:10.1109/TITS.2014.2312458, Aug. 2014.

■以下の論文が掲載決定になりました.

電気刺激ならびに視覚・振動覚刺激による仮想重量感呈示
石川 敬明,辻 敏夫,栗田 雄一
日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol.19,No.4,2014(掲載決定)

2014年07月30日

■以下の国際会議発表を行いました.

Chemotaxis Simulation of Caenorhabditis Elegans Using an Active cord Mechanism in an Actual Environment
Shinya Nishikawa, Zu Soh, Yuichi Kurita, and Toshio Tsuji
C. elegans Development, Cell Biology and Gene Expression Meeting in association with The 6th Asia-Pasific C. elegans Meeting,No.198,2014.

Evaluation of endpoint compliance based on the estimation of the muscle activity
Yuichi Kurita, Kohei Sakurada, and Tosho Tsuji
International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics, pp.1187-1189, Krakow, Poland, July 19-23, 2014.

■以下の国内学会発表を行いました.

音・振動情報を捉える共鳴構造を利用した体表脈波センシングシステムの開発
小島 重行, 内川 竜一, 小倉 由美, 藤田 悦則, 村田 幸治, 亀井 勉, 辻 敏夫, 吉栖 正生, 金子 成彦
日本設計工学会中国支部講演論文集,No.31, pp.47-50, 2014.

■以下の委員に就任しました.

The 6th International Conference on Awareness Science and Technology (IEEE / iCAST 2014), Oct. 29-31, 2014, Lieusaint-Paris, France, Program committee, member (2014)

日本学術振興会 科学研究費委員会平成25年度審査委員(平成24-25年)

日本学術振興会 国際事業員会「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」審査・評価委員(総合系)(平成25-26年)

2014年07月22日

■以下の論文が掲載決定になりました.

人間の上肢力学特性に基づく自動車のシフト特性の設計
西川 一男, 古川 浩二, 河手 功, 農沢 隆秀, 辻 敏夫
日本機械学会論文集(掲載決定)

2014年07月16日

■以下の論文が2014年度計測自動制御学会論文賞に決定しました!
この論文は芝軒太郎先生(現 茨城大学)の博士学位論文の内容の一部です.
おめでとうございます!

偏KL情報量に基づくクラス選択法の提案とEMG識別のための動作選定問題への応用
芝軒 太郎,島 圭介,高木 健,栗田 雄一,大塚 彰,陳 隆明,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集,Vol.48,No.9,pp. 580-588,2012

■以下の論文が掲載決定になりました.

新生児の自発運動評価を目的としたGeneral Movements診断支援システム
中島 翔太,右田 涼,早志 英朗,芝軒 太郎,島 圭介,島谷 康司,中塚 幹也,竹内 章人,中村 信,栗田 雄一,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.9, 2014(印刷中)

2014年07月09日

■以下の国際会議発表を行いました.

Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method
Yoshihide Otsuru, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
EUROHAPTICS2014,No.68,2014

■以下の記事が掲載されました.

Basic studies on understanding chemical sensation and related engineering application
Zu Soh and Toshio Tsuji
Hiroshima University Quarterly Technology Newsletter, Vol. 15, June 2014.
http://www.hiroshima-u.ac.jp/en/sangaku/HUQTN/p_2htxq3.html#new1

■以下の招待講演を行いました.

サイボーグ技術ってなに?
‐電気電子・システム・情報工学の医療福祉応用‐
ノートルダム清心高等学校講演会
2014年6月26日 ノートルダム清心中・高等学校

2014年07月02日

■以下の論文が掲載されました.

252. 時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット
早志 英朗,島 圭介,芝軒 太郎,栗田 雄一,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.4, pp. 356-365, 2014

■以下の論文が掲載決定になりました.

体幹生体信号簡易センシングシステムの開発
小島 重行,前田 慎一郎,内川 竜一,延廣 良香,青井 幸佑,小倉 由美,藤田 悦則,村田 幸治,亀井 勉,辻 敏夫,吉栖 正生,金子 成彦
設計工学 (掲載決定)

■以下の国内学会発表をおこないました.

対数線形化末梢血管粘弾性を用いた電流パルス刺激に対する交感神経活動評価
松原 裕樹,松岡 玄樹,平野 博大,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生,辻 敏夫
第53回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,p.120,2014

オシロメトリック法に基づく血管内皮機能評価
松本 遼,高間 蓮成,伊藤 雅史,平野 博大,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,東 幸仁,吉栖 正生,辻 敏夫
第53回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,p. 180,2014

2014年06月25日

■以下の論文が掲載決定になりました.

動画像解析に基づく乳幼児行動マーカーレスモニタリングシステム
右田 涼, 島谷 康司, 芝軒 太郎, 栗田 雄一, 島 圭介, 辻 敏夫
発育発達研究,Vol. 2014, No. 65(掲載決定)

2014年06月11日

■以下の委員に就任しました(辻 敏夫).

日本人間工学会中国・四国支部理事 
(2014-2016)

財団法人ちゅうごく産業創造センター 「製造業における省力・自動化(ロボット)技術導入並びに地域産業人材活用のための人材プラットフォーム構築」調査委員会 委員長
(平成26-27年)

The 2014 IEEE International Conference on Information and Automation (ICIA 2014), Hailar, Hulun Buir, Inner Mongolia, China, on July 26 – 31, 2014, Program Committee, member
(2014)

The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2014), Hanoi, Vietnam, December 5-10, 2014, Program Committee, member
(2014)

2014年06月04日

■以下の報告書が公開されました.

中国地域企業の医療機器分野への部品・部材供給拡大に向けた方策検討調査報告書
公益財団法人ちゅうごく産業創造センター, 2014年3月31日
http://ciicz.jp/jigyo/pdf/nen/h25-1.pdf

■以下の論文が掲載されました.

254. 人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール操作系評価
竹村 和紘,山田 直樹,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫
自動車技術会論文集, Vol. 45, No. 3, pp. 579-584, 2014.

■以下の国際会議発表を行いました.

Fingertip force estimation based on the deformation of the fignertip
Akihito KIBITA, Toshio TSUJI and Yuichi KURITA
DHM2014 sysmposium program and paper abstracts, p. 16, Odaiba, Japan, May 20-22, 2014.

■以下の国内学会発表を行いました.

手先筋活性度コンプライアンスの提案
櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一
第58回システム制御情報学会講演論文集, 121-7, 2014.

OpenRTMを利用した環境制御装置「バイオリモート」のモジュール化
中村豪,本田雄一郎,芝軒太郎,陳隆明,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3A1-T05(1)-(2),2014年5月

赤外線分光法を用いた複数指の指先印加力の推定
氣比田晃士,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-A07(1)-(3),2014年5月

力知覚機能を向上させるウェアラブルスーツ
佐藤純平,田中孝之,篠原稔,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P1-H05(1)-(3),2014年5月

電気刺激による重量感に対する視覚および振動刺激の影響
石川敬明,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-B05(1)-(2),2014年5月

力覚重畳呈示技術を用いた腹腔鏡手術用トレーニングシステム
大鶴佳秀,辻敏夫,栗田雄一
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-B07(1)-(2),2014年5月

バーチャルリアリティを利用した相互学習型筋電義手トレーニングシステム
渡橋史典,芝軒太郎,栗田雄一,島谷康司,長谷川正哉,大塚彰,中村豪,本田雄一郎,陳隆明,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P2-G01(1)-(2),2014年5月

連結型ロボットを用いた線虫(Caenorhabditis elegans)の化学走性実環境シミュレーション
西川愼也,曽智,栗田雄一,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3A1-X08(1)-(4),2014年5月

筋負担度を考慮したインタフェースデザイン法の提案
栗田雄一,近藤雅也,辻敏夫
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集,3P1-H07(1)-(2),2014年5月

2014年04月23日

■以下の国際会議発表論文がacceptされました.

Haptic rendering of tissue stiffness by the haptic enhanced reality method
Yoshihide Otsuru, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
Eurohaptics 2014, Versailles, 2014. (in press)

2014年04月16日

■以下の委員に就任しました.

第19回知能メカトロニクス・ワークショップ(IMEC2014)論文委員
(平成26年)

2014年04月09日

■以下の賞を受賞しました.

広島市で開催された日本人間工学会第46回中国・四国支部大会においてM1の松本遼君(当時B4)が発表した以下の論文が優秀論文賞を受賞しました.
おめでとう!

日本人間工学会中国・四国支部優秀論文賞(2014)
オシロメトリック法に基づく血管粘弾性の推定
松本 遼,高間 蓮成,伊藤 雅史,平野 博大,平野 陽豊,栗田 雄一,鵜川 貞二,中村 隆治,佐伯 昇,河本 昌志,吉栖 正生,辻 敏夫
第46回日本人間工学会中国・四国支部大会講演論文集,pp. 76-77, 2013.
受賞日:2014年3月31日

■以下の論文が掲載されました.

A Comparison Between the Human Sense of Smell and Neural Activity in the Olfactory Bulb of Rats
Zu Soh, Maki Saito, Yuichi Kurita, Noboru Takiguchi, Hisao Ohtake, and Toshio Tsuji
Chemical Senses, Vol. 39, No. 2, pp. 91-105, 2014.

2014年04月02日

■以下の特許を出願しました.

日本国特許出願 2014-033795
工業製品デザインシステム、方法、およびプログラム
栗田 雄一,辻 敏夫,近藤 雅也
2014年2月25日出願

■以下の論文が掲載決定になりました.

人間の主観的反力知覚モデルに基づく自動車のステアリングホイール操作系評価
竹村 和紘,山田 直樹,岸 篤秀,西川 一男,農沢 隆秀,栗田 雄一,辻 敏夫
自動車技術会論文集, Vol. 45, No. 3, 2014. (掲載決定)

■共同研究者の陳 隆明先生が,社会福祉法人兵庫県立社会福祉事業団 福祉のまちづくり研究所長に就任されました.

2014年03月16日

■以下の特許を出願しました.

PCT/JP2013/068882
血圧計測システム
神鳥 明彦, 佐野 佑子, 辻 敏夫, 平野 陽豊
2013年7月10日出願

■以下の委員に就任しました.

The Fourth IEEE International Conference on Information Science and Technology, Shenzhen, Guangdong, China, April 26-28, 2014, Program committee member
(2014)

2014 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA 2014), Tianjin, China, August 3-6, 2014, Program committee member
(2014)

International Conference on Robotics and Automation (RA 2014), Suzhou, China, August 26-28, 2014, Technical Program Committee member
(2014)

IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, Besanc,on, France, July 8-11, 2014, Associate Editor
(2014)

2014年02月21日

■以下の論文が掲載されました.

筋力推定に基づくステアリング操作時の力知覚モデル
佐藤 純平, 竹村 和紘, 山田 直樹, 岸 篤秀, 西川 一男, 農沢 隆秀, 辻 敏夫, 栗田 雄一
日本機械学会論文集C編,Vol. 79, No. 808, pp. 4917-4925, 2013
HTML

人間の下肢の力学特性を利用したペダル特性の設計
西川 一男, 宮崎 透, 古川 浩二, 阿部 治彦, 農沢 隆秀, 辻 敏夫
日本機械学会論文集, Vol. 80, No. 809, BMS0019, 2014
HTML

■以下の論文が掲載決定になりました.

時系列判別成分分析に基づく次元圧縮型リカレント確率ニューラルネット
早志 英朗,島 圭介,芝軒 太郎,栗田 雄一,辻 敏夫
計測自動制御学会論文集,Vol.50, No.4, 2014 (in press)

確率共鳴を利用した触知覚感度向上効果を有する低侵襲手術用把持鉗子
末田 大和, 服部 稔, 澤田 紘幸, 惠木 浩之, 大段 秀樹, 上田 淳,辻 敏夫, 栗田 雄一
日本ロボット学会誌, Vol.32, No.6, 2014 (in press)

■以下の国際会議発表論文が掲載されました.

Investigation of the subjective force perception based on the estimation of the muscle activities during a steering operation
Jumpei Sato, Kazuhiro Takemura, Naoki Yamada, Atsuhide Kishi, KazuoNishikawa, Takahide Nouzawa, Toshio Tsuji, and Yuichi Kurita
Proceedings of the 2013 IEEE/SICE International Symposium on SystemIntegration, pp. 76-81, 2013.

■以下の学会発表を行いました.

力覚拡張呈示を用いたなぞり感呈示
清岡 雅弘,辻 敏夫,栗田 雄一
第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp. 684-685,2013.

筋骨格モデルを利用した手先筋活性度コンプライアンスの評価
櫻田 浩平,辻 敏夫,栗田 雄一
第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集,pp. 1602-1603,2013.

■以下の米国特許を取得しました.

31. U. S. Patent Application No. 12/854,357, U. S. Patent No. 8,574,173
Motor Function Estimating System, Motor Function Estimating Method And Program
Saburo Sakoda, Toshio Tsuji, Keisuke Shima, Masaru Yokoe, Yuko Sano, Akihiko Kandori, Tsuyoshi Miyashita
August 11, 2010, November 5, 2013.

■栗田先生とヒューマンモデリンググループが以下の見学会を開催しました.

ひろしま産業振興機構 シーズ発掘のための大学訪問
「人の触覚・力覚機能を考慮したインタフェースとユーザビリティ可視化」
広島大学 2014年2月12日

■以下の招待講演を行いました.

筋電インタフェースによる人間-機械共存システムの実現
‐生活支援技術からエンターテイメント応用まで‐
辻 敏夫
くれ産業振興センター 平成25年度 第3回大学等シーズ活用セミナー
2014年2月7日 広島県立総合技術研究所西部工業技術センター

■以下の委員に就任しました.

Editorial Board Member, The Scientific World Journal, Hindawi Publishing Corporation
(2013-)

1234